2016 >

    

 2018/03/30    郡上市・ふるさと納税で、石徹白漁協の年券

昨年末に、なにげに郡上市のふるさと納税を検索して見てたら、2万円の寄付で、お礼の品として、石徹白漁協の年券がゲットできるとあったので、やっちゃいました。

ふるさと納税すると、お住まいのところの市民税から控除されるそうで、てっとりばやい話、実質2000円の負担らしい。という事は石徹白漁協の年券は5000円なんで、それが2000円で手に入るということですかねぇ? これは個人の所得にもよるらしいんで、まぁ、検索すると、それらの計算も出来るサイトもあるようですが・・・

で、モノは試しに郡上市にふるさと納税2万円で、石徹白漁協の年券ゲットコースをやっちゃいましたら、↓が送られてきて、これに記入して、年券を取り扱うお店に持って行くと年券と交換できるんですって。

年券と交換できるクーポンという事で、発行日より1年間有効です。実質2000円なんでお得と言えばお得だけど、2回以上行かないとねぇ。なんとか2回以上い行こうとは思ってますげと・・・どうかなぁ〜。

で、税金の控除だけど、31年度の住民税に控除されるそうですわ。

    

 2018/01/13    老眼鏡の話

老眼だとフライを結ぶにもティペットを結ぶにも、困ったちゃんになります。偏光グラスを外して、老眼鏡をかけてフライを結んで、老眼鏡をベストにしまって、偏光グラスをかけ直すという事になります。で、今まで、あれこれと試してきたけど、コレってのが無かったんだわさ。(事務局長的にはの話)

ある日、ダイソーに行ったら、が売ってた。

これいいじゃん。って偏光グラスの上から使ってみたけど、跳ね上げると、帽子のツバに当たるんで垂直には上げれない。んじゃぁ、ツバに当たらないようにすると水平になって、これが釣っている最中に、落ちてきたりして

ってな感じになって、視界に入ってきて、うっとおしい・・・ こりゃダメだわ。フライを結ぶ時だけ取り出して偏光グラスに取り付けて、また外してベストにしまって・・・って面倒なのね。

 

しばらくしたある日に、ふと、小さくすればいいじゃん!って思いついたんで適当にカットしたのがコレ

跳ね上げても帽子のツバにほとんど当たらないし、水平にしてもあんまり視界に入ってこないので気にならない。使うときは偏光の上に降ろして、メガネを下へちょっとずらすか、上目遣いにして老眼鏡の部分が見えるようにしてやると、バッチリ。フライを結んだ後は、跳ね上げておけばいいんで、かなり手間が省けています。また牛道とか暗い渓流や、イブニングとかは、垂直に跳ね上げて、そのままメガネを鼻先までずらすと、偏光グラスを通さず見えるんで、暗いところでも使えたりしますけど、イブニングとかやらないんでこれは未だに現場では使ってましぇん。

なんといっても、108円とちょっとの手間っていうのがいいわ。坪さんにも1つ作って上げました。

 

    

 2017/05/07    ニュー柳屋のとんちゃん・レッドパック

アヒル倶楽部がこよなく愛していたニュー柳屋のとんちゃん。

超久しぶりに、買いに行ったら、赤いバージョンがあった。ノーマルのはグリーン色の袋だっけど、赤いのは、辛口らしい。いつのまにか、辛口が出現していた。

5月3日の釣行時、焼いて食べたが、辛かった。とてつもなく辛いというわけではないんで、まぁ、ちょっと辛いよね・・・っていう程度。

だふん、この先、買うなら、この赤い方を買うな。ちなみに、さがりも赤いバージョンがあるようだけど、ちょうど、品切れのようで買えなかった。