5月12日(金)・山本鱒師、関市長良川へサツキマスの試し釣りへ行く

 

 サツキマスが、来ているかもしれないとの情報をうけた、山本氏は、有給を入れて、関市内の長良川本流へ行く事にした。午前5時出発。6時着。水位は平水より若干低め。保戸島の本流分岐、右の本流、テトラが入っている場所。愛竿、ガマカツ9メートルにて、開始。午前8時に、下のシラメがヒット。26pなれど大川で過ごしたシラメは、ミニサツキマスと呼ぶにふさわしい魚体。筋肉の張りが違う。本人いわく 「ミチイト0.25だったから、少し慎重に上げた」 との事。旅足川でのみ威張っている、どこぞの餌釣師さんにも、聞かせてあげたいような話と、魚であった。