5月28日(日) 山本鱒師、相戸へむかう。

 

 先週より、本格的にサツキマスが遡上しはじめた。山本鱒師、気合いを入れて、全国サツキマス信者の総本山ともいわれる、美並村の相戸ポイントへ。しかし、起きたのが午前4時。これでは、初参りには間に合わない。他の信者さんは午前2時やそこらに来て、明るくなるのを川で待つ。というくらいじゃないと、入れない。しかたないので、下流域の千疋大橋へ行く。ここで、暇をつぶして、午後から相戸へ向かう。お昼に相戸に到着。週間釣り新聞や中スポでおなじみの、鷲見夏生氏が釣っていた。この相戸総本山は、全国の名だたる名手がやってくる。三重の野田雅美氏、関東の細山長治氏など。山本氏の話だと、彼らはやっぱり釣るらしい。

 すごい釣り人で入るところもなかったが、待っていると、前の釣り人が2匹目を釣ったところでポイントを譲ってくれた。その昔、郡上サツキマス釣りにはルールがあり、後ろで順番を待つ人がいれば、釣った人はその人と交代するというルールがあった。いまも残っているのか? 山本氏、午後3時まで頑張ったが、40pのニゴイを釣っただけで、終わってしまった。山本氏が竿を出しているあいだに釣れたサツキマスは3匹だった。無念。

 しかし、幸運に恵まれた釣り人は、ごくわずかで、残りの人は、ニゴイや、何も釣れずに、帰っていく。かかっても、3割しか取れない(鷲見氏談)ほど、タモに入れるのは難しい。朝から川の中のクイと化して、我慢に我慢を重ねて、やっとめぐった千載一遇のチャンスをのがし、くやしい思いをして帰った人も、多くいるはずである。それほどにしても、釣りたい魚なのであろう。まさに、長良川の女王様。高貴なお方にはなかなか、お目にかかれないのでしょう。