忍者今枝君、新作フライ発表会

 

 6月12日(月)、今年のアヒル倶楽部で、尺岩魚を釣っていらっしゃる。忍者今枝君。

何故、忍者というあだ名が付いているかというと、ある日突然、川に行き、知らぬ間にいなくなる。そして、「あの川のあんな所に渓流魚がいるの?」という所を探し出して、一人でニンマリしているのだ。メジャーな川には目もくれず、ただひたすら、世間から忘れ去られたような川、そこで息を潜めて釣る姿は、まさしく隠密忍者ナノダ。

 今回は、少しメジャーな川へ出かけた今枝君。それは、新作フライのテストをかねていた。雨は自宅を出るときにはヤバイか?と思われたが、前線から離れる山間部は、曇りで、まずまずの天気。こういう天気だし、イブニング狙いだから、午前11時出発。愛妻のデカおにぎり2個をリュックに入れて、到着したのは、吉田川支流の小駄良川。なんで小駄良川なの?というと、4月の頃に、中スポで小駄良川でアマゴ20匹なり。と載っていたからである。しかし、それから2ヶ月だっているけど、一度行ってみたいと思っていたかららしい。小駄良川といい吉田川といい、両岸が切り立っていて川が深いのだ。ずっと川を見ながら上流へ。やがて河鹿地区で川は二つに別れる。この合流地点ふきんに入った。入った感想は、「好きな川じゃない」との事。こう、両岸が切り立っていると、なんだか側溝の中で釣っている感じだし、水もあまりきれいじゃなみたいだし、川底が黒くって、滑りやすいし…。それでも我慢して合流点から右の谷へも入り、少しやってみたが相変わらず釣れない。寒水川の上流のようだ。あきらめて車に戻り、下流域もやってみたが、時々、稚魚サイズが出てくるだけで終わった。それじゃあ、どこへ行こうか? 久しぶりに気良川にでも行ってみよう。そういえば昼、食べてなかった。途中、車を止めてオニギリを食べて元気をつけて、気良川の中流域に入ってみる。時刻はすでに5時だった。本日のフライは、オリジナルのエルクヘアーカディス。フロントハックルにパートリッジがドレッシングしてあるヤツ。今枝君はパートリッジが大好きなのだ。前回、尺を釣ったのもパートリッジ&オレンジだったね。彼がどういう意図で、制作したかはわからないが、ウェットとドライの中間のようなフライだね。この忍者カディスで、わずか1時間でアマゴの22p、21p、20p x 2匹の計4匹の釣果。うーん。僕も作ってみようかな。

 

上記のレポートは、今枝氏本人より、電話による報告をもとに、事務局が作成しました。よって、事実と反する記述もあるかもしれませんが、ご了承ください。