石徹白レポートです

 

8月24日(木)  最近は源流指向の釣りばかりで、秘密の谷や秘密の沢へ入り浸っていたが、この渇水ではさすがに源流は釣りにならないと思い、石徹白へ行った。
 午前中の仕事を終えて、石徹白について川を見ると驚いた。こんなに水の少ない石徹
白は初めてだ。釣り人の姿も他には2,3人見ただけだった。
最初は、少し上の堰堤上流を釣ってみたが、ほとんど反応がない。あったとしてもまともにフライをくわえていないように思われたので、少しでも水量の多い下で竿を出してみた。やはり反応はイマイチで、やっと掛かったイワナもナチュラルリリースになってしまい、後ろ姿を拝んだだけだった。フライは最近ECにも少し飽きが来ているので、ブラックアントのパラシュート、#15である。梱包用のスチロールをボディに少し巻いて浮力の足しにしている。
 午後5時くらいになって、一度車に戻り買っておいたビールで栄養を補給してから、更に下流を釣ることにした。時間はもう6時になっていて、ボーズを覚悟し始めたときに、やっと16センチのイワナを釣ることができた。婚姻色なのか腹が黄色い。背中には白斑があり、日光イワナの系統なのだろうか先日の鷲見のイワナとも全く違う装いをしている。これだからイワナ釣りは楽しい。何はともあれボーズ脱出でやれやれという気分だ。
 あたりが薄暗くなり始めた6時40分以後に、立て続けに2回アタックがあったが、
フッキングしなかったので、潔くあきらめて帰路についた。(坪内記す)