坪内先生のしあわせ

 

9月3日()、午後に用事があったので、3時半出発で鷲見川を釣ってきました。

以下はその報告です。

 

 現地到着は5時半少し前。まず最初に入ったことのない秘密の谷の下に当たるところを、谷口オヤジさんの情報に従って入ってみた。結構探し回ってやっと川に下り、見るとなかなかいい感じ、おそらく大出水以前だったら木が覆い被さって大変だったろうと思われる。釣り初めてすぐにアタックがあって上げてみると20センチをわずかに越えるイワナだった。見た感じでは純粋なヤマトではなさそうだが、少しヤマトがかかっているように見える。期待して釣り上がるがその後は散発的に反応するものの、フッキングまでは行かず上がる予定の堰堤まで来てしまった。またまた苦労して上がり、前回より上流の鷲見川を釣ることにした。

 ここは入渓の目星もたててあったので、早速釣り始めた。時刻は8時を少し回ったくらい。最初反応はイマイチだったが、9時をすぎた頃突然入れがかり状態になった。最初は10センチにも満たないアマゴだったが、20センチのイワナや、サイズは16センチだったが体高のあるアマゴなど、ここぞというポイントでは本当によく出た。結局10匹以上を釣ったと思う。思うなどと言うのは、最初こそ冷静だったが、次々にかかるのでハイになってしまい数えられなくなってしまったからだ。もちろんチビアマゴも含んではいるが、あの至福の松谷の時でさえここまで連続して釣れはしなかった。おかげで、強く合わせすぎる癖の修正をはかれたほどだった。何が違うのだろうか?考えてみると、雨が少し降って水量が増し、水温が多少下がったことと、朝は肌寒いほどのさわやかさで、秋の風が吹いていて、魚のやる気が高まっていたのだろうか。合わせ急がずに結構じっくり合わせた方がより釣れたような気がする。 川を上がる地点まで来てしまったが、こうなると欲が出て前回の場所でも釣ってみた。時刻は11時をややすぎて日差しも強く、暑くなっていた。ところがやっと一匹のアマゴを釣ったが、それからは何の反応もなくなってしまった。

 コスモスの咲く道を車まで戻り、上機嫌で帰路についた。

 


しかしこの話、気の毒で伸悟には話せないなー