坪先生の初物

 

3月19日(月)今年の初釣行記です。


神路川で釣り始めたのは10時半頃。水温は8度、昨日の事務局での話より、かなり高いので期待も高まり、ドライで釣り上がって行くと初ライズ。しかしこれは取れなくてその後は
さっぱり反応しない。12時になった頃、栗巣川支流の古道川へ移動、ところが河川工事の影響で茶褐色の泥水になっている。やむを得ず今度は栗巣川へ移動するもここも工事があり、影響のなさそうな上流のポイントには車がすでに止まっている。うろうろしたが、結局また神路川へ逆戻りする羽目になった。今度は浄水場の下に入る。残った雪にはまりながら河原へ降りて釣って行った。
もう少しで午前中に入った場所に着く所に出た。合わせると久しぶりの手応えがあって、上げると15センチのアマゴだった。うーん快感!!!

水温を計り直してみたら10度だった。
ちなみにフライは#16のCDCカディス、7X12ftのリーダー。
午後に用もあったので、1時半に撤収。心地よい感触を反芻しながら帰路についた。
ただ楽しみにしていたフキノトウを全く取れなかったのが残念だった。

 

事務局コメント

いいなぁ。今年の初物。うらやましい。