フライ隊出撃中 (アルツ石川が28p)

 4月30日() 

午前7時30分

(坪先生の欲張り釣行記より抜粋)

 やっとヤボ用が終わった。さーて出撃だ!7時半出発、関から郡上までは高速でシラメねらいの現地到着は8時半頃。自然園下を見るが濁りが入り増水している。ライズもなし。今日は欲張り釣行なので、朝の内はアヒルXを釣ってみる予定。途中郡上ラボ前や上万場をのぞいていくが、どこもライズは無い。アヒルXに着いて杉林を入っていくと新しい足跡が有るではないか。もう釣られているようだが、今更場所替えもめんどうだからとりあえずやってみることにした。釣り始めるがいかにもという場所では反応がない。竿抜けを探してテンカラ風に打っていくと小さな巻き返しから出た。強く合わせたわけでもないのにラインブレークしてしまった。この7Xもやっぱり経年変化でだめか?しばらく釣り上がっていくと小さなポイントでヒット。慎重に釣り上げてみるとイワナだった。今世紀の初イワナは17センチだったが、これでとりあえずはボーズ脱出。さらにもう1匹ヒットするもこれまた7Xが切れた。これで7Xは完全にあきらめることにした。堰堤まで釣り上がったが結局反応があったのは4回ほどだった。時刻は11時半になっていたので、買ってあったおにぎりとビールで昼食を取りまた長良川へ。

午前11時

 ダック鈴木出撃。今回は嫁さん、いわゆるツガイでの出撃。事務局長は行きたいけれど用事があって行けれないから、紛失した飛び出すネットの製作中。ウッピー吉田とアルツ石川は、まだ布団の中。

午前12時半

ウッピー吉田、やっとこせ出撃。アルツ石川起床し、事務局に状況をたずねる。

(坪先生の欲張り釣行記より抜粋)

 郡上ラボ前を見たがライズはポツポツ程度。アルツの長トロへ行こうと走っているとちょうど自然園前でダック鈴木夫妻と出会った。アルツではライズがあるとのことで向かう。ダック夫妻は郡上ラボ前へ。やはり自分の目で見ないと納得できない模様。2本目のビールを飲みながらライズを見ていると、ダック夫妻が帰ってきて、左岸から釣ろうということになり移動し、釣り始めた。ずいぶん下の方でやっているライズはどうせシロハエだろうと思いやや上のライズをねらいキャストしているとヒットしたが、またまた合わせ切れ。ラインを見てみると、リーダーとティペットのつなぎめで切れている。7Xをあきらめたために6Xのリーダーの下に直接8Xのティペットをつないだがそのせいだろうか。そうこうしている内に下で釣っていたダック嫁にヒット。

きれいなシラメだ。うらやましい限り。ダックの話によれば#20に変えたとたんらしい。持っているフライの中では#17が一番小さかったので、その中でも特に小さく見えるフライに変えた。白泡が流れるレーンにキャストして見ているとずいぶんとドラグが掛かっていることがよくわかる。流れが複雑でなかなかドラグフリーで流れない。うまく流れているなと思っていたときフライが消えた。反射的だったが小さく合わせることができた。掛かった!!手元に今までにない感覚が伝わったとたんバレてしまった。その脱力感と言ったら無かった。ダックが「はずれたねー」と言うのを、ボーゼンとして聞いていた。後一歩だったのになー。

午後2時

ウッピー吉田、三日市に到着後、車内で酒を飲み寝る。待ちぼうけの釣り。昔、寝て起きたら最終ライズがあり、それを釣ったのが始まり。童謡「まちぼうけ」の世界。

アルツ石川、郡上ラボ到着。増水と濁りを見て、びっくり。マダ早いと判断し、事務局に聞いていた上万場へ移動。曲淵にはエサ釣りがいたので、竜宮の淵で、流れの筋の単発ライズにロッドを出し、午後3時まで釣るが、ヒットなし。郡上ラボに移動。ライズはあるが、エサ釣師が陣取っていて、ブドウムシで攻撃中。残念。前回あそこで釣ったその場所はエサ釣りにとられちゃった。と、事務局に報告。局長が、「フライマンじゃないから問題ない。そのうちあきらめて帰るよ」とアドバイス。アルツはシモのヒラキで席が空くまでヒマつぶしのフライフィッシング。

午後5時 

アルツの長トロのダック鈴木と坪先生の現場ではライズは散漫になり、ダラダラと続く。午後5時近くになると、ライズの数も減ってきた。

(坪先生の欲張り釣行記より抜粋)

5時をすぎ、そのうちライズも無くなってきたので、今度は栗巣川へ。当然入られているだろうから過度の期待は持っていない。一時間釣ってちびアマゴをやっと一匹。

 

坪先生が栗巣川へ行っている同時刻、アルツ石川の郡上ラボの現場では、待ちに待ったエサ釣りが帰っていった。指定席に陣取る。ライズは多くなり、ヒラキの魚もあがってきた。1投目に、ヒット。前回、切れたのと同じ引き。下流に走られてラインが出る。レビューの8ft6の#5.#6がしなる。慎重に取り込むと、なんとまぁ、ヘラブナみたいなアマゴ。尺は越えていると思うアルツ。彼の決めごとの一つに尺を釣ったら、写真撮る。それ以外は即リリース。というのがあって、彼のウエストポーチにはコンパクトカメラが入っているが、何年経っても1枚も写らない。話がそれたが、尺あると思ったので、メジャーを出して計測すると、28pだった。魚体がいいので、大きく見えるし、尺なみのパワーで、待望の写真サイズと思ったらしい。が、興奮さめやらぬ彼は、事務局に報告する。

 

ウッピー吉田、三日市でお目覚め。単発ライズに手を出したがヒットなし。

午後6時

アルツ石川は、その後3匹追加。しかし、25p止まり。

ツガイのダック鈴木は、アルツの長トロから動かず。川原から単発を狙い続けていた。腰の具合が悪い、嫁ダックの為にその場を動かなかったらしい。トリのツガイは仲がいいね。ちなみに、嫁ダックは腰が悪くなる前は渓流も歩き、28pの記録もある。ダブルフォールもできないが、きれいなループを作る。釣りのセンスは抜群。

アルツ石川はピークが済んだ6時に撤収156号を南下。散発・単発ライズは狙わない。

(坪先生の欲張り釣行記より抜粋)

6時半にウエーダーを脱いで帰路についた。もう一度郡上ラボ前へ見に行くとほとんどライズなし。ルアーマンがグリグリやっていた。自然園の前でライズがあったが遠すぎて届きそうにない。自然園下ではダック夫妻がまだやっていた。対岸から聞いてみると手を横に振って全然だめの意思表示らしい。上の方でライズしているのになーと思っていると、どうやら帰り支度を始めたようなので、こちらも一足お先に帰ることにした。盛りだくさんで疲れたが楽しかった。

 

おしまい。

余談、午後8時に虎兎会釣り倶楽部の山田会長より、アヒル倶楽部事務局長に電話あり、もったいぶって話す内容は、どうやらデカイアマゴをかけたが切れてしまったと、グチの電話。事務局長は、人と会っていて、かまってられず10分で切る。その10分の内容は?こっちのページに書き込みましたのでドーゾ。