鷲見川 by 坪先生

 

5月20日() 鷲見川へ出撃。出かけるのが少し遅くどこもすでに釣り人らしき車がある。仕方がないので谷口家の在所上から釣り始めたが、どうやら先行者があったようで真新しい足跡がある。秘密の谷との出会いあたりまで釣ってやっと17センチのイワナを1匹釣ることができた。さて写真をと思ったが、「オー、ノー」。あるはずのデジカメがない。なんとデジカメを忘れてきてしまったのだった。ということで本日写真は無しです。
 出会いから秘密の谷方面へ釣り上がろうと思ったが、水が少なくどう見ても魅力的に思えなかったので苦労して道路に戻り他を当たるがどこも入れない。仕方がないのでアヒルXへ。ところがここでも先行者らしき車が田んぼの縁に止めてある。今更他へは行けないのでかなり下ってから釣り始めた。どうやらこの辺りは釣られていない模様で反応もまずまず。結局20センチのイワナ2匹を釣った。
 時刻は午後1時、反応もこれからは期待できない。ふと思いついて湯の平温泉へ行った。ゆっくり温泉に入り、昼食を取ってビールも飲んで休憩して3時になったのでまた鷲見川に戻り、今度は集会所下に入ってみた。ところが釣れるは釣れるはちびアマゴ。どうやら連休後にアマゴの稚魚放流をしたらしい。5センチから10センチ以下のアマゴが放っておいても釣れてしまったりするものだから、10匹以上は釣ったはずだ。それでもここでやはりイワナを2匹、最後にいつもの上流部で渋いながらも20センチを1匹釣ることができた。
 帰りは時間がかかることは承知で渋滞用の裏道を確かめながら使い、午後8時20分にアヒル倶楽部事務局へ到着。
 まもなくダック鈴木到着。どうやら石徹白へ出撃したようだが、水も冷たく反応ゼロとのことだった。もしデジカメを持っていたら行ったかも知れなかったところだ。
 結局鷲見川でよかったのかもね。