第2回・アヒル倶楽部・石徹白焼肉大会開催

 

7月28日() 第2回となるアヒル倶楽部石徹白ニョロニョロ焼肉大会が開催されました。ウッピー吉田くんもお誘いしたのに、くだらない用事でキャンセルとはなさけない。焼肉

に恋いこがれていらっしゃる坪先生もなんかゴチャゴチャしていらっしゃって、ちょうどティペットがモジャモジャになっているような状態らしいんで欠席。虎兎釣り倶楽部会長の山田伸チャも、最近しょげているらしいんでお誘いしたけど、こちらもなんか無理そうでキャンセル。ニョロニョロの命名者のアルツ石川は、仕事で欠席。しかたないので、前回テンカラデビューを果たしたツネキチ君と毎度のダック鈴木夫妻。秋には月ヶ原ニジマス釣り場のスゴ腕テンカラ師と化していらっしゃるアヒル倶楽部シニア部員のマダムダックの御尊父様。そして事務局長というさみしい宴会になってしまった。

 午前8時に事務局集合。途中、焼肉を追加するためにお店に寄ったり、めだか釣り具で日釣券購入したりして石徹白到着は午前11時。アヒル広場に向かう。そんじぁあ、午後1時半集合ね。ということで、それぞれ釣りに行く。

 真夏は、釣れないので焼肉と缶ビールがメインになる。しかし、ツネキチ君は最近始めたテンカラに燃えている。ダックも事務局長も、ダラダラ状態。はやくビールにありつきたい。そんなヤツラには釣れるはずもなく、午前の部では、ツネキチ君だけが、塩焼きサイズのアマゴゲット。やっぱり森下釣り具のテンカラはよく効きますなぁ。ダック鈴木に頂いたアリンコスペシャルは・・・・ですねぇ。

 午後1時半にみな集合。第2アヒル広場に移動して、そこで焼肉となる。午後3時半まで食べ続け、そして飲み続けて、ツネキチ君はダウン。後かたづけをして、午後4時に上流部の堰堤群に移動。31匹伝説堰堤から、マダムダック、御尊父様、そしてツネキチ君が入渓。事務局長とダック鈴木は局長の車で第10堰堤に行きそこから釣ることになった。

 第10堰堤から入ったダック鈴木と事務局長。堰堤の上の中場所で、局長が失敗し、外れたのが、ちょっといい型だったから、ダック鈴木に叱咤されて、「そんなことではヒヨコ倶楽部に格下げするぞ」 と脅かされ、しまいには、土下座して自分のミスを恥じるハメに追いやられる。「しかたないオレ様が釣る」 と豪語するダック鈴木だが、事務局長と同じ所にフライが落ちないのは、なんで?地蔵釣りばかりしていると、飛ばなくなるという話です。その後、事務局長は18pの岩魚をドライで釣り、ダック鈴木も1匹釣る。局長はウエットに変更。ロイヤルコーチマンは水中でもよく見える。岩陰から岩魚が近づいて、食べたのがみえたが、これまた失敗。それを見て思ったが、水中で食べるときは、魚はおとなしい。ドライだと派手に出るが、そんなゲスなことはしていないようだ。食ったのがみえたからアワセたが、その時はアタリはロッドに伝わっていなかった。魚がフライを補食してからロッドにアタリが伝わるまでにタイムラグがあるんだ。いつもウエットでのアタリを感知するときは実際にはもっと前に魚はフライをくわえているということか?だからどうだということだけど。何かのヒントになるやもしれぬ。

 午後6時に終了。皆さんの所に帰ると、まだ誰も来ていなかった。ダック鈴木と事務局長は、ウェーダーを脱いで片づけモード。しばらくすると3人が帰ってきた。マダムダックが1匹。テンカラ大明神が1匹。ツネキチは0匹で、本日の釣果は各1匹づつという貧果で終わりました。