語るも涙の釣行記 by 坪サン

 

前夜、坪サンが、事務局にやってきた。どこへいこうかな? と言っていたら、月曜日に亀尾島へ林道トレッキングに行ったオヤジくんが、「亀尾島川は、いい川だ。大物がいるよ」と吹き込んだので、坪さんは本当に亀尾島川へ行ってしまったのでした。以下は坪サンのレポートです。

 

9月20日(木) もう禁漁も近い。せき立てられるように午後、釣りに出かけた。行き先は噂に聞いた亀尾島川だ。
オヤジさんが良い川だと言っていた。歴戦の強者の目に狂いはあるまい。
 まず川をずっと見て回り、入渓地点を確認したがそれほど多くあるわけではないようだ。美しい川が崖下に見える。林道の終点まで行こうと思ったが、少し手前に車が止まっていた。こんな所まで良い空気を吸いに来るやつもいないだろう、釣りに決まっている。しかたがないので戻って目を付けておいたところから入渓した。水量はやや多い。渓相は抜群だ。だがいやな予感がする。最近多いパターンだよ。渓相抜群、魚出ずってやつだ。予感的中してチビが見に来るがかからず、たまに見かける15センチクラスも見に来るだけ。本当に良い川なのにねー。
 出渓場所も少ないので、上がれるところを見つけて上がり、もう少し下の入渓点から入ってみた。時刻は午後5時になろうとしていた。反応が少し見られたので集中していこうと思った。大きな淵の流れ出しでアタックがあったがフッキングせず。少し上流に良さそうなポイントを見つけたので、フライにフロータントを施してからそっと落とした。フライがすっと消えたので軽く合わせると、

「なんだこの引きは!!、重い!!、見えた魚がこれまたデカイッ!!

未だかつて経験したことのない大きさと重さに頭は一瞬のうちにパニックに陥ってしまった。「どうやって上げよう?ここは大石の上で一段下に降りないととても取り込めそうにないし、足場もない。いっそ引き抜いてみようか」という考えがひらめいたがあまりの重さに瞬時にあきらめた。とりあえずネットを準備しなくては、と思ったその瞬間ロッドが急に軽くなってしまった。オーマイガッ、なんと言うことか魚がバレてしまったではないか。逃げる瞬間激しくローリングする魚体が見えたが、やはり見たことがないほどデカかった。ほら吹き伸悟の40センチとは言わないが、尺はあったんではないだろうか?すくなくても26や27ではないことは間違いない。
しばらくの間放心状態だったが、心臓がドキドキし、突然指がふるえだして、膝が笑い出してしまった。
アーなんてことだろう。恥ずかしい話だが、もう少しで泣き出しそうだった。
今思うとフックのポイントが甘かった。前に使ったフライを研ぎもせずに再度使ってしまった自分に腹が立つ。確かに規模の大きな川であれば何が起こっても不思議はないんだよなー。これからは気をつけることにしよう。また次があればいいんだが。それにしてもくやしいーっ。
帰った今でもフラッシュバックするんです。あの魚体、あのきらめき、あの重量感、あの引き、アーーッ!

 

アヒル倶楽部事務局コメント

いやいや、残念でしたね。一生、頭の中で泳ぎますよ。そういう魚は。釣った魚より、逃がした魚の方が、記憶に残りますねぇ。お気持ち、お察しいたします。