石徹白で焼肉

 

9月22日() 新弟子の佐藤くんと、前回、小坂川でルアーをやった、コー君と事務局長の3人で、石徹白へ。午前6時に事務局集合。6時半に出発。晩秋の雰囲気の今日の天気。平野部でも長袖がいるほどの涼しさ。天気は快晴。

 途中、コンビニや、メダカ釣具で日釣券を買いながら、午前9時に石徹白到着。気温12度です。おー寒い。石徹白川は平水より若干低かった。シーズンも残り少ないです。鮎もそろそろ終わりで、またまた渓流釣師が増えちゃって、石徹白は大繁盛。県境あたりまで下り、釣師がいないエリアを捜して入渓する。コー君は、小坂川に引き続きルアー。今回はトレーラーも試してみるから、ニンフを下さい。と言うのでニンフボックスを渡す。佐藤くんは2回目のフライフィッシング。支度の遅いフライ組を残して、「では、お先〜」 とコー君が行ってしまう。続いて事務局長。なんとしてもルアーには負けられん。

 入渓してすぐに水温を測ると、8度だった。うーん。でも、気温がグングンあがれば、水温も10度以上にはなるでしょう。やっと佐藤くん登場。本日でフライ2回目だけど、今日は20匹釣るそうです。そんでもって、メタカ釣具店内に飾ってあった岩魚60p剥製。あれと同じのを釣るそうです。身の程知らずとはこの事。コー君は前回の小坂で、渓流ルアー初アマゴしたけど、サイズが納得できん。せめて25pクラスを釣って、Jフォンの待ち受け画面にしたい。と、これまた気合いが入っている。

 事務局長は、フライの面子にかけて渓流のルアーに負けまいとして、佐藤君は20匹釣って焼いて食べるとて、コー君は待ち受け画面作成の為にと頑張るのでありました。

 しかし、上流も、下流も釣師だらけ。身動きとれません。餌釣師が早朝から入渓しているようで、新しい足跡だらけです。ドライフライに出るようになるのは水温が上がる10時頃
だから、フライにとっては余り影響はないでしょう。最近の餌釣師は9bの竿使うから、立ち込まず場を荒らすことが少なくなったと思います。その点で言うと、フライのほうがタチが悪いね。フライの通ったあとは釣れないと、餌釣りは言うから。それは正論だね。こういったパプリックの釣り場では、やっぱりフライマンもなるべく立ち込まないようにしなくてはね。対岸のポイントがやりたいが為に、下流にいる釣り人が見ている前で、流れを渡り、リーダーだけ垂らすようなゲスな事は控えるべきではないでしょうかねぇ。釣るためなら何だってするというのは、どーもね。

 話がそれたが、やはり10時頃からドライフライに反応するようになりました。今回、佐藤君にも2回ほどライズがあった。「うぉー、出た出た出た」 と興奮している。今回はレクチャーありません。ほったらかしの師匠です。まー、そのうち釣れるじゃないですか?

興奮する佐藤君とは対照的に、ルアーのコー君は首を傾げています。「全然、反応無い」「おかしいなぁ」 事務局長は、ドライに出るのに、かからない病。うーん。マズイ。5匹も6匹も出ているのに、かからないぞ。病は重いかも?フライか、リーダーか?と色々チェンジしますが、どうにも、かからない。オレは、このまま一生かからない病になっちゃんうんじゃないかしら? アワセもそんなに悪くないと思うんだけど。

 各自、ブツブツ言いながらゆるゆると進む。午前11時を過ぎると、餌釣師が川から上がりだした。別荘地帯まで釣る。佐藤君は、あれ以来、出なくなった。出るような釣り方じゃないけどね。あれこれ教えて釣るよりも、偶然でも自分で1匹釣った方がいいのよ。その方が釣ったという感じがするからね。コー君は色々ルアーチェンジしているが、たまに追うだけで、すぐ帰るという。事務局長は相変わらず、かからない病。合併症として、ハズれる病も。グッドサイズのアマゴと岩魚を寄せてくる途中にさようなら。掛かりが悪い。

 サイレンが鳴って12時を知らせる。車に戻ると、コー君がいた。「くやしい、くやしい」を連発。大物ブラックパス釣師のプライドが許さんらしい。むふふ、コー君、ここは渓流ルアーマンもよく来るんだよ。ルアーにも慣れているんだよ、ここの魚チャンはね。と心の中で笑う事務局長。

 さて、メインイベントの焼肉だぁ。アヒル第1広場で、炭起こしてジュージュー。ニョロニョロうまいよ。ビールもうまい。秋だから松茸釜飯だよ。出前一丁もあるでよ。プシュー、ゴクゴク。パクパク。ツルツル。ジュージュー。の繰り返し。とうとう、佐藤くんが、「モーダメ」とダウン。コー君と事務局長は、かからない病を慰め合う。よーし、午後からがんぱるぞ。

 午後2時になってやっと入渓。午前中上がったところから再度入渓。前方に釣師発見。おーいコー君、ありゃルアーマンだよ。しばらく見ていたコー君。「うーん、流水用のミノーをジャーキングしてる。あれで釣れるのかなぁ」 「でも、お腰に付けた黒い生かしは膨らんでいるよ。きっと釣っているんだよ」 と事務局長。ガーン。ショック。事務局長が、そのルアークンとお話をするために近づくが、彼はそそくさと行ってしまったから、残念ながらルアーやら、釣果を聞くことが出来なかった。

 午後4時に、パックウォーター付近へ移動。途中、テント村が数カ所。釣師盛沢山。

大淵が続く下流域はルアーマンが多かった。午後5時頃に、コカゲロウがハッチしだして、チビアマゴがライズしだした。佐藤君にも出るが、かからない。事務局長は3匹のチビアマゴを釣って、かからない病は少し症状が軽くなったかな。コー君は、ここでトレーラーをする。知らない人のために解説すると、スプーンのフックを外して、そのうしろに20p程のリーダーを足しニンフをつける。ニジマス釣り場では絶大な威力発揮するんだけどな。

 しかし、1度アタリがあっただけ。異端の釣り方だと思っているコー君は最後の最後に使った。ルアーはルアーらしく釣りたいというのが、コー君の願い。だから彼はバス釣りでもワームはほとんど使わない。生粋のルアーフィッシャーなんだね。

 午後5時半に終了。名古屋の外れから来ている佐藤君が遅くなるから、本日は早めに終わりましょう。フライが見えなくなる頃が怪しいんだけどね。

 長かった一日が終わった。結果として、またまたチビアマゴのみかぁ。それにしてもあのアマゴと岩魚はつくづく惜しいことをしたなぁ。尺じゃないけど、最近まともなサイズ釣っていないから、25p以上あれば、泣いちゃうよ。きっと。なさけねー。