アヒル倶楽部シーズン送りの会 in 石徹白

 

9月29日() 今年の終わりが土日になったので、皆でシーズン送りの焼肉でビールゴクゴクをしようか?ということになって、んじゃぁ石徹白でいいんでないかい?景色もいいし場もいいし。魚は見込み無いけど、まー飲んで食って親睦を深めようではないか。(これ以上深めてもしょーがねーけどね)

 なに?魚は見込みないから、午前7時に出発だ?ふざけんな。という燃えているヤツが約2名。そういうツネキチくんと伸チャのエサ釣り&テンカラ隊は、午前3時に出発してしまった。事務局長は単独、食材の用意やら、各種食器類の用意も。毎回、これだもんね。

 ダック鈴木と嫁父様、そしておまけのウッピー吉田は、午前7時出発。遅れて、事務局長が8時ちょっと前に出発。行きたいけれど、行けれない坪さんに、ウシシのメールを送ってやる。リアルタイムで宴会の様子も送りつけて、「いーだろう? でへへ」 と喜びに浸る算段だ。苦悩しながら仕事するヤツを、サカナに飲むのは楽しいからねぇ。

 

ここからは、事務局長のお話。

 事務局長も、どーせ今頃行っても、石徹白なんか入るところなんてないだろうしウロウロするのがオチだから、白鳥から高鷲にかけての長良川をやってみよう。毎年、鮎が終わって一雨降った頃に行くと、けっこうアマゴが釣れるんだよ。人もいないし、大淵で投げまくっていると、突然26pクラスがドバーンと出たりしたことが過去にありました。事務局長がよく行くのは、白鳥の赤瀬周辺と、二日町あたり、高鷲村の神道地区、丸八生コン前などなど。でも、水温が極端に下がる前じゃないとドライに出ないのよ。前置きが長くなったけど、とりあえず神道へ行く。えっ?餌釣師が3名。うーん君たち知っているな。手前の餌釣師に声をかけると「釣れたよ、小さいけどね」と言って生かしビクを見せてくれた。なかには20p程度のアマゴが4匹。オヌシやるな。ヒラキのゆるい流れの石の前にいるよ。との事。それは知ってる。ルンルン気分。今日はキャスティングできるよ。やっぱり20ヤードくらい出して釣るのが一番気持ちがいいねぇ。が、全然出ない。うーん。よく見ると、フライには反応して寄ってきているが、立ち泳ぎして見ている。見られちゃうとやっぱり毛針は難しいねぇ。長良川のサカナは立派だよ。ゆるい流れではムツが。あんたのヒキは弱いからつまらんよ。1匹15pないようなアマゴを釣って終わり。

アヒル倶楽部奥美濃支部のヒロクンが言っていた大洞谷へ行く。よく釣れたという話だけど、どーもパッとしなかった。

小さい谷のくせに岩盤が堅いらしくちょっと渓谷のような谷だった。彼が釣るのはもっと奥かもね。次に一ノ谷へ。ここは例の豪雨の爪痕が痛々しい。どうやら壊滅しているようで、サカナの姿は全然なかった。

 さて、時間も過ぎたから、石徹白へ向かおう。携帯を見ると着信メールが。なんと坪さんが、昼からサボって石徹白に飛んでくるらしい。あなたの人生も終わったねぇ。その事をダック鈴木隊と早朝ツネキチ隊へメール。あとから来る坪さんの為に宴会開始を1時間遅らせて午後1時からとするとの指令を出すが、ツネキチより、「はら減ったー」と文句のメールが帰ってきたから、いそいそと石徹白に向かう。

 

アヒル第1広場到着は正午だった。1時に集合のメールを出したので、誰もいない。1時には食べれるようにと、松茸釜飯を作る事務局長。焼肉用の囲炉裏の製作にもとりかかる。おっと、ラーメンもつくらなくっちゃ。そうこうしているうちに、ツネキチ隊、ダック鈴木隊も到着。炭をおこして、とりあえず焼肉。燃えていた早朝隊に釣果をたずねると、

「渇水していたので大場所ねらいにして、バックウォーター周辺の大淵へ行ったけど、小さいのばかりだった。なんとかキープサイズを3匹釣った」との事。渓流歴30年の山田伸チャが1匹。渓流歴2年のツネキチが2匹。ツネキチの勝ち。とまー、貧果はアヒル倶楽部だからしょーがねーよ。今日の良き日は缶ビールだ〜。乾杯もしないであっというまに各自2本目へ突入。ニョロニョロもあるでよー。ハラ減りくんには松茸ご飯もあるよ。出前一丁も出来ました。黙々と食べる。はら減っていたもんねぇ。

 ところで、ダック鈴木隊は何していたの? ダック隊は、釣りはしないで、山ブドウ、マタタビ、サルナシなどをゲットしに山へ入っていたとの事。ウッピー吉田オリジナルの山ブドウ収穫機。ダックの話では「全然、役に立たなかった。本人と一緒」 との事でした。

「ウッピー、食べてばかりいないで、肉をひっくり返せ、焦げるぞ。バカ」 と、焚き火を見ると仕切るダック鈴木・焼肉奉行の罵声が飛ぶ。「あーすまん、すまん」とウッピー吉田。と、何を思ったのかウッピーが、肉をパクパク食べる。「おめーなにやっとるんじゃ」 「焦げるから食べなくっちゃ」 「アホか? 肉を食えじゃなくて、肉をひっくり返せだわ ボケ」 と毎度の漫才。林道を砂煙あげて何かが、こっちへやってくる。おー、坪さんの老−レルだぁ。なぜか宴会場を通り抜けて急停車。そして猛バックで、ご到着。なんでも東海北陸道を1*0qで爆走してきたらしい。「はらへったー」と坪さん。「おー、ライバル山田君ではないか?どうだった。まー、聞くまでもないか?」 「そんなことはないぞ坪サ。オレの獲物を食べるか?」

「なに?」 「この栗はおいしいぞ」 「なんでそんなものを採っていた?」 「実は、最近、女房に言われる。『あんた、全然サカナ持ってこないけど、ほんとうに渓流釣りに行っているの?本当はどこかで、悪いことしているんじゃないの?』 だから、こうして証拠として、山の幸を持って帰るんだ」 一同、爆笑。いいねぇー。山田伸チャ。虎兎釣り倶楽部会長。

 

午後3時半。アヒル第1広場の宴会も、お開きになりました。爆走フライマン坪さんは、「よーし、せっかく来たからには釣るぞ。でも夜、往診があるからなぁ」 ツネキチくんは、「今度はテンカラやってみよう、山田さんは?」 「オレはエサが残っているからエサで行く」 ダック鈴木とウッピー吉田は、「モーメロメロ。山ブドウ採りで疲れた」 ダック嫁父様は、「テンカラでやってみる」 と各自それぞれの場所へ分散。事務局長は、ツネキチくんと山田伸チャを引き連れて、一番近いプールへ。午後4時に小さいカゲロウのハッチが始まった。それに伴ってライズも活発に。ほとんどが稚魚サイズのアマゴだけど、なかには20pクラスのアマゴや、イワナも混じる。プールでは25p程度のイワナも2匹。しかし、これがなかなか手強い。チビスケはいいけど、イワナが手強い。山田伸チャの餌釣りには全然こない。来ないどころか、目印にデカイアマゴが飛び出す始末。山田伸チャはとうとう竿をたたんでしまった。ツネキチくんは楽しそう。テンカラが若干沈んで流れた方がドライよりよくヒットしていた。

日が落ちると、急に寒くなり、暗くなってきた。午後5時半に川から上がり、各自、それぞれ解散。事務局に寄って精算とする。

午後7時半に事務局到着。事務局では、オヤジくんと山本鱒師が釣り談義していた。そこへ山田伸チャ到着。大物餌釣師の山本鱒師に、色々説教されて、シュンとなる。山本鱒師は最終日30日に神谷堰堤に行くはずであったが、用事ができていけれなくなったとのこと。残念。坪さんが往診を終えて到着。山田伸チャの本日の秘密もばれて、またまた説教者4人に色々言われて、再度シュン。

まー、なにはともあれ、「釣りはたのしいなぁ」で締めて解散になりました。