2002/02/21 

またまたラッキーな事務局長

 

2月21日(木) 平日だが、公然と釣りに行くと言って休んだ事務局長。白鳥地区へはじめに行き、その後、下流へ移動する計画。天気は上々。しかし、寝坊して午前9時に出発。いいもんねー、半日ズルじゃないから、暗くなるまでいいもんねー。と、鼻歌まじりで、ハンドル握る。でへへ。さっそくダック鈴木にメールしてやると、「オレも行く」なんて言う。おまえは昨日もズルしたではないか?

 

 高速は早い。あれよあれよという間に白鳥到着。うーん。雪がまぶしいぞ。最近降った様子だ。手始めに中津屋へ行く。前回のズルして偵察の時に、お魚が結構泳いでいたもんね。しかし、淵の中、浮いた魚は見あたらない。ルアーの兄ちゃんと地元らしき餌釣りのおじいさんが3名ほどいらっしゃる。どうも調子は悪いようだ。ヒラキの浅いところを見たら、5匹のシラメかアマゴが泳いでいる。さかんに餌を探しているが、水面には出てこない。しばらく見てたら、餌釣りさんがブドウムシを入れた。たぶんおじいさんからは見えていないが、こっちからは丸見え。スーとブドウムシに寄って行くが帰る。「こりゃ、#18程度のピンチョロ・ニンフ入れたら釣れるんではないか?」と思っていると、餌釣りさんは淵の方へ行ったので、さっそく降りていく。

 上記のニンフを入れて流してみるが、一度当たっただけで、あとは無し。ミッジなんかも流してみるが、水面に出てこないか無駄だった。あまりしつこくやるのもなんだし。と思ったので、他のポイントの偵察に行く。その下流にある淵に行くが、全然、魚気なし。ちょっと石をひっくり返して、本物ニンフの偵察。ウエノヒラタか何か、けっこうデカイのがいます。黒川も思ったより大きかった。ただ、みんな元気がなかった。ヒラタなんて全く動かなかった。死んでいるのではないか?と、思ったくらいだ。キンパク(カワゲラ)は元気だった。やっぱりオナシかな?

 こんな事をしていたらすぐにお昼になってしまった。ダック鈴木に連絡取ると、本当に八幡まで来ているらしい。どこもライズはないとの報告。彼はその後、下って行った。

 

 朝、コンビニで買ったオニギリを食べて、午前中、ニンフ流した場所に戻ると、なんとフライマンが。やっぱり同じ様なことしていらっしゃる。まー、誰でも見ればやるわなー。さて、困った。大和町内のポイントはユンボが水浴びしているから、濁ってしまい吉田川の出会い付近まで行かないと濁りが取れていない。まー、越佐の堰堤でも行くか?と、軽い気持ちで行ってみたら、珍しく誰もいない。餌釣りさんもいない。それで、ライズもあるよ。はじめはポツーン、ポツーンのライズだったが、あれよあれよという間に、ライズは増えていった。こりゃぁ、やるしかないね。貸し切りダー。今期初めてウエッーダーにも足を通します。あぁ、めんどくせー。今日は、新作の黒粒1号デビューである。

 簡潔にいえば、朝から誰もやっていないポイントで、ライズが始まって、それそれと投げたら、パクッと出ちっゃた。おー、ラッキーだ。その後バラし、すぐに2匹目をゲット。クイは浅いよ。それからフライマンが来た!! とお魚に知れ渡り、バラシの連続。ライズのピークは1時間程度で、段々無くなった。いつ来たのか餌釣りさんが橋の下。ライズしていたときは、釣れなかったが、ライズが無くなっていったら、釣れだした。魚が潜ったのか?

 同日、クリフさんとTHE-Oさん、本流さんも八幡町あたりに来て見えて情報交換。ライズ独り占めの幸運を報告。しかし、それなら、もっと釣れてもいいよなぁ。もうミッジの釣りなんてここ数年ほとんどやっていない。昨夜なんて#26をバイスに挟むのに一苦労。今もティペットをアイに入れるのに一苦労、9Xはもはや、結べません。昔はブラッドノットで結べたのに。もう限界は#24で8Xまでです。見えないよ。

 またまた脱線したが、八幡町のクリフ隊はボイント状況が芳しくなくて、下流の超有名ポイントでイブニングにかける作戦との事。気分がいい事務局長は、大和町でケーチャンと缶ビールを調達。クリフ隊のポイントに到着してすぐに1本あけた。3人とも立ち込んでいるではないか。よく見りゃ、はじけるようなライズが。うーん、いい魚のようだ。でも、もーいいもんね。缶ビールがうめーぜ。ケーチャンも焼いて、鬼気迫るフライマンを眺めつつもう1本。おっとー、THE-Oさんがヒット。美しい天然物だぁ。いいなぁ。THE-Oさんに乾杯だー。そうだ、ダック鈴木はどーなった?と携帯すれば、午前中にクリフ隊が陣取った下流のポイントにいたが、シロハエのライズばかりで釣れたのもシロハエとの事。「オレはカクカク・シカジカで、川原でケーチャンでビールだ」と報告してやると、悶絶していた。そして缶ビールは3本目に。おっと、本流さんにヒット。本流さんに乾杯だー。

 時は流れて、すでにフライも見えず。それぞれ川から上がって帰る。いやいや、今日は楽しかった。なんか最近、釣っている時間を匹数で割ると、成績いいなぁ。いつまでも、こういうラッキーが続くといいなぁ。と思いつつ事務局に到着すると、ダック鈴木が、ビール飲みながら、フライ巻かずに、クダ巻いていたのだった。こいつは釣ったには違いないが、シロハエなので、アヒル倶楽部からすれば、正真正銘のボーズだね。