2002/02/28 

坪さん、ヒヨコ脱出を目指して…

 

 ヒヨコの称号とは。アヒル倶楽部では掟がきびしい。今年は2月中にシラメを釣らないと、アヒル倶楽部の正会員ではなて、アヒルの手前、つまりはヒヨコ隊と呼ばれてしまう。それも一年中。そして名前の後ろに、ピヨがつく。坪さんなら坪ピヨとなるわけでピヨはいやだ。という坪さんは最終日上河和で勝負をかけることになりました。これをふまえて下記の坪さんからのレポートをお読み下さい。

 

 2月28日(木) 午後からヒヨコ脱出を目指して出撃した。目的地は上河和、この間はチラリと見に来ただけで、あとは知らん顔をした、にっくきシラメが居るところだ 。とは言っても、満員御礼で入るところがない場合に備えて立花ものぞいてみたが、全くライズ無しだった。
 上河和に到着して橋の上から見てみると、ラッキー、今日は人が比較的少ないようだ。橋の下流、右岸にFFMが二人、左岸に一人、上流側は一人しかいない。肝心のライズは、下流はポツン・ポツンだったが、上流の岬から届きそうなところでそこそこ有るようだ。急いで降りていき、先行者に挨拶すると  「もうそろそろ帰るからやっていいよ」  とのことだ。状況を聞いてみると食いは浅いが、反応は有る。とのことで2匹釣ったらしい。ストマックの内容物を見せてくれたが、#24ぐらいのブユが多いようだった。#30のユスリカのつもりで来ていたので、とりあえずはもう少し大きいフライから試してみようとした。しかし、どうしたことかライズが止まってしまって、30分ほどは川を眺めているしかなかった。
 岬の方でライズが始まったようなので移動し、#24のフローティングピューパを結びキャストを開始した。そのうち突然フライが消えたので、反射的に強めに合わせてしまったようだ。一瞬抵抗を感じたが痛恨の合わせ切れだった。それにしても、いつもの大合わせはしなかったはずだが、鮎用の0.1号は、さすがに細いのかなー。もう一度#24のフローティングピューパをつけて投げていると、また消えたので今度は慎重に腕を持ち上げる程度にすると、 「かかった!!」水の中でシラメがキラキラしている。 「やったー、これでヒヨコ脱出か?」  と思うまもなくテンションが消えた。痛恨のバラシ。その後はフライの見本市のように手を替え品を替えて流してみるがいっこうに反応がない。ライズも減ってしまい、フライを見に上がってくる魚の姿も確認できなく
なってしまった。
 もう一度ティペットをつなぎ直して、少し休憩したら時刻はもう5時になっていた。たまに大きなライズが起こるので、今朝一本だけ巻いておいた#18のオナシアダルトパターンを投げてみた。飛んでいる大きめの虫を帽子で捕まえてみたら、オナシカワゲラ?のようだったから。

 しばらくすると突然、ボコッとライズが起きて、フライが消えたので合わせるとかかっているではないか。しかし竿がしなったか! と思った次の瞬間にはもうバレていた。んもー、ガッカリですわ。すっぽ抜けみたいなのも一回あったし、取れないなー。
5時半になってしまったので、野暮用のため帰らなくてはならない。時折起こるライズを横目で見ながら後ろ髪引かれる思いで川を後にした。この後バコバコだったりしてねー。しかし、思い起こしてみても全く酒を飲まないで釣りをしたのはこれが初めてじゃないかなー。

以上報告したとおりヒヨコ脱出はなりませんでした。甘んじてピヨの称号をお受けします。ときどきライズがあるだけの状態では僕の腕では取れません。かかった時はどれも一時的ではあれ集中的なライズがあったようでしたから。           by 坪ピヨ

 

アヒル倶楽部事務局コメント

ごくろーさまでした。残念でしたね。まー、FFを始めて今まで、本格的に2月のライズを狙ったことがなかったからね。元々2月3月は何かとお忙しい身の上だから、釣りに行けなかったモンネ。今年はよく頑張りました。キャスティングの練習もがんばったし、ミッジも上手に巻けるようになりました。前回では、シラメが反応してくれるようになり、だんだん腕前も上がり、釣れるんではないか?と思っていました。まー、いい経験でしたね。なんとか1匹釣るために頑張るというのは清々しいですな。上記レポートもそれが伝わってきて、いい出来です。 これぞ魚釣りですな。でも、川原で鍋もすてがたいですな。またやりましょ。デモ、アヒルノオキテハ、キビシイカラ、ピヨハ、カクゴダネ。