2002/04/06 

三日市大好き、ウッピー吉田大先生

  

4月6() どうやら三日市のアマゴがやっとこせライズしだしたらしい。今年は雪代が多くて、なかなかライズの話がなかったから、一番うれしいのはウッピー吉田大先生。なんてったって三日市じゃないとダメなんです。三日市よりイイ魚がいて、ライズも三日市よりあるのに、三日市から動こうとはしないくらいお気に入りなんです。

 当日、ダック鈴木に「三日市にお前も行くだろう? 乗せていってくれ」 なんていう図々しいメールを送りつる。本人いわく、「だってほとんど毎日午前様だから、乗せていってくれてもバチは当たらない、それが友というものではないか」と思っているらしいが、ダック鈴木が沈黙したから、「しかたないなー、自分で行くか」 と腰を上げる。と言っても、本来、ウシなんだから、動作もノロい。お昼ご飯食べてから出かける。途中、関で山火事の影響で三ツ池周りにされて、時間かかり、午後2時にウレシハズカシ三日市に御到着。満員御礼かと思われたが、2名のフライマンがいるだけでした。事務局長のお話では、青ビニールシート前のライズばかりという話だったけど、ヒラキのほうでもライズしている。距離もそんなに遠くない。例年と比べると、やっぱり水は増水気味で、その分、ヒラキでも流芯がはっきりしていて、そのスジでライズする。

ハッチはまばらで、そんなに出ていなかった。まー、午後2時では、集中ハッチも終わっていたかも知れないね。吉田先生。

 この先生、ウシだからノロい。30分かかってやっと、準備完了。キャスト開始。大先生は飛ばすから、ライズまでは十分射程距離。DSCの必殺技でナチュラルに流す?ホントかえ?

しかーし、何度も出るが、かかりません。バッチリだと思うが、かかりません。当日、オサム淵で燃えていた事務局長と同じだー。何故だろー。これはアヒル倶楽部だからしょーがないんです。アルコール入っているしね。特にウッピー吉田大先生は、三日市では飲む。飲んで、ライズが無くなると、大岩の上でお昼寝する。どーしてこんなところにホームレスがいるのだろー?と、皆、寄ってこないらしい。

 使用したフライは、大先生オリジナルのダストボムシリーズのデカミッジ#20−#24。9Xまで使ったらしい。なんでコカゲの釣りにミッジなの?と思うが、彼はマッチザハッチではなくて、マッチザ自己中なのよ。ダンでも流れていてパックリ食べられれば、ソラックスダンみたいなのを使うけど、何食べているか判らないときや、食べているモノが見えない時は、やっぱり、ミッシ゜かなぁ?って思うよね。まー、何でも釣れれば勝ちだよねー。去年も、なんか変なフライで25p釣ってきたよねぇ。ダックが「そんなフライで釣れた奴はバカだ」とか言ってたね。

 午後6時まで、飲みながらやってたけど、結局終わってみたら成果なかったです。本人のコメントでは、「毎日、牛馬のごとく、こき使われて(いいんじやない?ビーフだもん)フライ巻くヒマもない。出来の悪いフライしか残っておらず、在庫一掃処分セールだったから、釣れなかった」という事ですが、「あいつのフライはすべて出来が悪いから、善し悪は無い」と、ダック鈴木が、言ったのがおもしろかったですね。まー、そのうち釣って皆をあっと言わせてくださいね。

アヒル倶楽部事務局コメント

特にありません。携帯はちゃんと出ましょうね。それからフライおねだりするのはやめましょう。こっちも無いんですから。