2002/04/07 

黒川のダック鈴木

  

4月7() 土曜日、仕事だったから、今日、行きたいダック鈴木。でも雨降って長良川はお陀仏。事務局長より、電話あって、白川・黒川がいいんじゃない?という話で、3月後半に忍者今枝が釣ったあたりに行こう。ということに決定。このまま自宅待機でいると、実家のドブ掃除が回ってきそうな雰囲気だから、逃げたいらしい。

 いそいそと釣り道具いじっていると、嫁ダックが、「私も行きたい」と言い出して、それから、嫁ダック実父のテンカラ大明神も、「ワシも連れていってくれ」とか、なんとか色々になってしまい、じゃぁ、お弁当持ってのご一同様ピクニック釣行になってしまった。

 そんなことは知らない事務局長は、「うーん、ダック鈴木の車に乗って殿様で行きたいが、まー、オラの車でもいいか。釣りが出来りゃぁ」 と思っていた。しかし、ダック鈴木から、ご家族釣行と聞き、そのあとをノコノコついていくのも、嫌だなぁ。と思ったから、事務局長は単独、石徹白になり、そして、さすらう事になってしまった。

 当のダック鈴木隊は、11時に黒川に到着。忍者今枝に携帯して、「オメーはどこで釣ったんだ」と聞き出す。今枝くんに教えてもらった場所は、今、川を見ている所だった。雨は長良川方面より降っていないといっても20oぐらいは降っていたから、20pアップ。黒川、赤川、は10年以上前に、ダック鈴木が営業の最中によく来ていて(お客があった)よくやった川だが、風景も変わってしまい知らない川のようだった。

 赤川との合流付近の今枝ポイントに行って、すぐ釣れると思ったが、全然出ない。ドライのダック鈴木と、沈むテンカラでも、一緒。ちょっとゆるいところを流すと、カワムツがやってきた。前回の今枝君の話では、アマゴは瀬に出ている。とのことだったから、増水して結構早い瀬を流すと、バシャっと出た。てっきりアマゴかと思ったら、15p以上ある、立派なシロハエ。がっかり。

 この流れでは絶対アマゴが出なきゃおかしい。この一等地にシロハエというのは、アマゴがいない証拠だ。とダック鈴木。アマゴがいるなら、シロハエは入らない。仮にアマゴがいたとしても、シロハエが図々しく出るなら、アマゴは寝ている。つまりは釣れない。という結論にいたる。

 今枝くんが釣った頃はこのあたりにアマゴがいたであろうが、その後、遡上していったんだろう。じゃぁ、もっと上流の鱒淵川に別れるあたりに行ったらいいかも?と思い、そのあたりに移動する。ちょっと渓流ぽくなっていて、落差もあり、嫁ダックや、シニアのテンカラ大明神さんでは、この増水はヤバイかも?と思ったから、午後2時前に終了。ピクニックして、帰りました。

 携帯見ると、しつこいくらい着信入れてる事務局長。またかかってきたから出てやり、黒川のシロハエの話をして、クダまいた。平日いつでもズル休みのダック鈴木であったが、ちったぁ、働け。と、会社で半年ぐらい忙しい身分にされてしまい、土曜日は殆ど潰れる。大切な日曜日だったのに、シロハエだったと、泣きのダック鈴木であった。

 

アヒル倶楽部事務局コメント

ちゃんと携帯は出てよ。