2002/04/14 

ダック鈴木の三日市と、坪ピヨの春の遠足

  

4月14( 事務局長、風邪でダウン。ゲロゲロで・P−。しゃーないから、自分で行くか?というダック鈴木。おもむろに午前11時に出発。高速で美並。三日市はすぐそこ。いいねぇー。楽チン、だから、三日市は好きなんだよー。

 到着してみたら、人でいっぱいかと思われたが、FFMは一人いただけ。ライズの数は少ないが、そんでも、釣りにならないことはない。それじゃぁ、やったるかー。とロッド出して、ライン通して、ティペット付けて、フライ付けて、岸に立ったら、ライズは止まってしまった。まー、よくあることですな。特にアヒル倶楽部には。しばらく待ってみたが、たまーにライズするだけなので、大和の郡上ラボへ行くことにした。風邪でダウンしやぁがっている事務局長が4回も出した、訂正、4回も出たのに、1匹も釣れないなんてなんて情けねーヤツだ。あいつに4回出るなら、オラは3匹はゲッチューするぞ。と、前回の黒川で、あんたはシロハエ釣ったこと忘れている、ダック鈴木。しかーし、郡上ラボに到着したら、シーンと静まり返っていて、何もライズしない。なんだ?なんだ?ウソか?

ここにいてもしかたないから、アルツの長トロ見てまた三日市へ戻ることにする。アルツでも、全くライズは無かった。

 三日市には午後3時に再到着。今度はすぐに岸辺に立てる。ライズはウッピー吉田独演会場の大岩ステージの前にある。届かぬ距離ではない。最初の時はここに一人いたから、判らなかったが、結構な数のお魚が泳いでいる。でも、ライズは5分に一度。その殆どが水中で、左右に揺れながら、何か補食している。そしてたまに浮かんできてパクッとやっているんだ。

 で、ノーハックル・リボンチャン登場。こればっかり。何が良いのか知らないが、本人いわく、「簡単」らしい。マッチザハッチというか、こーいう釣りにつかうか?普通。今のところ、これしか無いらしい。おー、いきあたりばったり。人生そのもの。将来に備えるとかいう事は無いモンねー。

 でも、やっぱり現実世界はきびしい。そんなもん出るような時代じゃない。安くても良い品じゃないとウケないのよ。ちょっとやって、こりゃぁ、ダメだ。と知る。それで、それらしいウエットフライやら、ちっょとやってみる。すると見には来るが、やっぱりダメ。流れを横切るとダメらしい。もうワンサイズ大きいグループがそのもう少し下にいるが、こっちは振れていないから、食べていないみたいだ。午後5時までやって、もーいいや。あっさり帰りました。

 

 

坪ピヨ・レポート

14日()午前中はいつもながらのヤボ用があったが、午後から出かけた。目的は3つ。1つはタラの芽採り、もう1つは八王子峠のカタクリとニリンソウを見に行くこと、そして最後が釣り。
出かけたのが12時半を過ぎていたので、まずはタラの芽採りから。最初は採られた後ばかりで、やっと、あったとしても採るのが可哀想なほどの、ちび芽ばかりだったので、それは残して林道を奥へ奥へと入っていった。やっと一番目と思われる大きな芽を7、8個採って戻ってきたら既に4時になっていた。
八王子峠まで急いでいったが、行って良かった、ホント。カタクリの花が群生しているのだが、ニリンソウもずいぶん咲いていて緑のカーペットの上の小さな白と控えめな紫が一段と美しかったよ。しかも桜も満開と来ている。一番良い時期に行ったみたい。デジカメを忘れたので写真がなくてゴメン。オット釣り釣り。ところが三日市は沈黙、一人のFFMが黙々と投げていた。
これでは他もきっとダメだろう思って、渓流の釣り上がりでもしようかと思ったが、ウエーダーを持ってきていないことに気が付いてこの案もボツ。午後4時に、郡上ラボでやっと散発ライズを発見しチャレンジしたものの、2回出たが取れず、釣ったのはベストが1匹と帽子が1匹のお粗末でした。タダでさえ散発のライズも6時を過ぎたら無くなってしまい、諦めて帰路についた。
やっぱりボーズか。
坪ピヨピヨになりそうですわ。

アヒル倶楽部事務局コメント

坪ピヨピヨの為にピヨアイコン登場。ライズマン氏のBBSで活躍中。一躍人気者。うらやましー。