2002/04/27 

ヒマだからサツキマス?

  

4月27() 全然、計画もなかったが、午前中に、コー君と会うことになり、それでお互いヒマということがわかり、コー君は一人で大江川にBBやりにいこうかな?と言っているのを、事務局長が、

「長良川にサツキマスというのが来ているよ。行こうぜ」と、軽く言って、即、合意。

 午前11時に出発。コー君は専用ロッドは無いから(BBとSB派)シーバスロッドで対応。9p程度のアユカラーのミノーは持っているから、それでいい。事務局長は、このところご無沙汰の7番のシングルハンド・シューティングロッドと各タイプのヘッドを積み込む。ちっょと水が減っているから、フローティングか、タイプ1でいいでしょう。フライはローウォーターのフライかな?まー、なんでもいいや。目指す場所は、長良川の千疋あたり。餌釣りだが46pが上がったらしい。あと、尺程度のシラメも6匹との情報もある。ただ、こういった行き当たりバッタリのアヒル倶楽部に釣れるかどうかは釣果の情報とは別問題。

 行きの車内で、コー君にサツキマス講座を開設して、釣れたら、すんげーんだよ。BBでいえばランカーなのだ。と、あおっておく。そんでもって、それをフライで釣るのは、もっとスンゲーだよ。もし万に一つも、事務局長に釣れたら、これは、お祝いもので、ホールインワンの大騒ぎだ。

事務局長いわく、「もし、釣れたら、オレは自分に自分からプレゼントをするよ」と言う。コー君が「何を買うのですか?」とたずねるから、「それは、高性能ねずみとりレーダー探知機だ」と言ったら爆笑だった。何を隠そう、1ヶ月前に、つかまった。1万2千円がパーになった。今、レーダーは付いているが、どうも調子が悪い。役立たずなんだ。ちよっとと金欠なんで、レーダー買うぞ。という踏ん切りが付かない、それで、もしサツキが釣れたら、レーダー買うと言っているワケなのよ。

 そんなこと言いながら、千疋到着。正午。腹減った。とりあえずサークルKで買った弁当とビールを飲む。川はいいねぇ。ちょっと暑いが。

 食べ終わったら、支度の早いルアーが、テトラ周りにミノーを泳がせた。事務局長は、ヘッドの交換やら、リーダー接続やら、ヨリの掛かったランニングラインやらを、ゴチャゴチャやっていた。そしたら、「あー」という声がして、コー君が座り込んでいる。なななんと、本当に、サツキかどうかは判らないが、ウグイの引きとは全然違う感触の大物がかかったらしい。しかし、そいつがバビューンと走って、フックが外れて、終わり。残念でした。

 コー君は、ガゼン張り切りだして、一方、事務局長も、もしかしてフライにも、アタックがあるかも。と調子のいいこと思う。だって、気配はあるんだモン。

しかし、事務局長、釣りにならない。久しぶりのシューティングは飛ばない。下流からの風が邪魔するし、フライも顔に向かって飛んでくるから、ビビリまくり。言い訳するけど、5年くらい前は、本腰入れてやっていて、こんな風はへっちゃらだったし、今、手に持っているラインの倍は飛ばしてた。

 その後、他のポイントもやって、最後に美濃市まで入り、山崎橋と月見あたりをやっていた。コー君も最初の一発だけで、あとは全然。事務局長は、問題外だが、最後のほうは、なれてきて、やっとこせ釣りになるが、寒くて、地元のギャラリーにも、「今日の夕方はダメだな」と、言われたから、午後5時に、暇つぶしは終了。うーん。練習せねばなるまい。