2002/05/13 

長良川最源流域のイワナは何イワナ?パート2

 

5月13日(月) 前日に続いて、今日も源流釣行。シニア隊のオヤジ君も同行。

今日は、長良川水系のとなりの川へ。ここの谷にもヤマトイワナらしいのがいた。「いた」とい過去形。それを確かめるために何年ぶりかで入渓する。長良川水系とは分水嶺を越えて異なるはずなのに、なぜ、同型がいるのか?分布地図からいえば、ニッコウのはずだ。流れ下る場所が違う。イワナが峠を越えて、行き来していたとでも言うのでしょうか?絶版になっている岩魚幻談のなかには、雨の中、林道をクネクネと登るイワナを見た。という、くだりがある。そーいう事か?確実に棲み分けをしている分水嶺もある。木曽川の源流である味噌川、そして鳥井峠の向こうの奈良井川。味噌川はヤマトイワナで、奈良井川はニッコウイワナ。木曽の味噌川の古老が、奈良井川のイワナの事を「オニイワナ」と呼んでいる事からしても、昔より別々であったと想像付く。

 話が逸れて行くから、釣行記に戻す。長良川最源流のイワナと、その隣の川の枝谷のイワナが同じイワナと思われる。過去の写真で見ると、枝谷で釣ったイワナと同日、本流で釣ったイワナは違う。本流のイワナはやはりニッコウか、アメマス系のような大きな白い斑点のイワナで、長良川のイワナの感じがしていないが、谷のイワナは長良川系のイワナのようだ。

 午前6時に出発。8時半に到着。一番奥の枝谷2本やることにして、林道を歩く。嫌になった頃に左の枝谷に到着。過去には何度も来たことはあるが、7年くらいは来ていない。あの記録的豪雨の影響が出ていて、土石流が流れたようだ。昔の面影はなかった。入り口はブッシュに覆われていて、ちょっと隠し谷の感じだったが、今では丸見え。とりあえず釣る。オヤジ君のテンカラにアタック有り。生息は確認できた。が、その後は続かない。傾斜がきつくなり、段々の落ち込みが多くなる。そのなかの1つで、やっと出た。それは思いもしない27pのイワナだった。ヤマト系。としか言えない。白点は有るが、頭と背中には無かった。朱斑は多少黄色いが側線の上にもあるし、腹部に並列に並んでいるのも確認できた。本谷には堰堤があるから下流のニッコウ系放流魚が来る心配はないから、まー、昔型と思って良いだろう。気をよくして、もっと進むが、全然反応無いし、傾斜は益々きつくなるから、ここで出る。帰りにワサビを少し採る。

 次は反対になる右の枝谷。右は分水嶺に続いている。過去、オヤジ君はオヤジ君の弟し一緒にこの谷に入ったことがあり、その時にイワナは釣っている。奥に2メートル強の滝があり、その滝上でも釣れたらしいから、期待が持てる。本谷より別れて、テンポよく釣って行くが、全然反応無し。そろそろ、嫌になりかける位、進んだ所で、やっと出る。23pのイワナ。事務局長のエルクを何度も流したのに反応無く、後ろから来たオヤジ君がテンカラ入れたら、1発だった。先程の27pと比べると、こちらのほうが、さらに昔型の長良源流イワナに近い。もっと釣り上がるが、その後は無し。メインは滝上なので、そこまでは行く事で合意。滝と思われた所は、左側が崩れていて、落差無くなり、1メートル程度の落ち込みになっていた。その上流も行くが、1度小さいのが出ただけ。

戻ることになった。戻りながら、芽吹いたコンテツを採る。

 2本やっただけだが、結構奥まで入ったし、山菜採りもやったので、すでに正午近い。また、林道を歩いて車へ。途中、ウド発見し採取。午後1時ちかくにやっと、弁当を広げた。

 昼食後、本谷の中程にある、3本の枝谷に入る。昼になってもドライフライは効果がない。やはりテンカラというか、沈んでいないとダメなのだ。とうとう根を上げた事務局長。ロイヤルコーチマンのウエット#10に変更。それでなんとか1匹21pを釣る。オヤジ君のテンカラがボロボロになり、お役ご免になったので、新しいのを付けようとしたが、予備のテンカラは車の中。事務局長のウエットの中から、オヤジ君は、ガバナー#10を選んで、それでまた2匹釣った。今日は、枝谷で釣っているのに、型がいい。一番小さいのは先程の事務局長の21p。しかし、15p未満が釣れないのが気になる。魚影は薄い。魚のいないポイントが多い。谷の末期的症状か?密度が低いと魚は大きくなる。

 釣りながらネマガリタケノコを採り、また釣り、を繰り返した。気がついたら午後4時半だった。本日終了となってしまった。予定していた枝谷の半分はやっていなかった。メインとしていた谷も残ってしまった。また、近いうちに行かないとねー。当分、ボサ通いになりそうだ。

 

お ま け

 

同日、これまたズル休みをした、ダック鈴木夫妻とウッピー吉田の3人組は、石徹白へ。アヒル第1広場に午前11時着。すぐに宴会。宴会は午後4時まで続く。ダック鈴木、山ウド、ゲット。ウドの大木、ウッピー吉田と山ウドを焼いて飲みっぱなし。ウドを焼いて食べる?初めて知った。

 釣りはというと、C&Rには目もくれず、本流を釣る。本流50p水高い。酔っぱらいのダック鈴木流される。パンツはグショク゜ショ。午後6時まで頑張るが、成果は無し。ドライはまだ早いのか?