2002/05/25 

トンだ事に…

 

5月25日() 今週も、やっぱり長良ヤマトイワナ探しの旅に出た事務局長。長良川水系をシラミツブシにやるとなると、これは3シーズンくらい必要か? とりあえず前回の続き。あの原種の谷は危機的状況だから、なんとかもう1本見つけて移植したい。週の間、カシミールと山旅倶楽部の地図をニラメッコ。谷らしき地形を見つけては、チェックを入れて、2.3本の候補をあげる。

 午前3時には出発し、一番乗りをするつもりだったが、起きたのは5時。アラームセットしてあるが、切った形跡がある。誰だ?オラか?それで午前6時に出発。午前8時前に目的地到着。しかし本谷には車が。本谷を釣りながら登り、途中に合流しているであろう沢を詰めるという計画がパー。先行者を追い抜いて行くのも何だし、その沢が伏流していれば、あるいは見るからにダメなら、本谷を釣り上がっていくつもりだったのに。いじわる。困った。

 予定変更で、分水嶺を越えて庄川源流の1つへ。このあたりにもヤマト系の岩魚が過去に釣れてるから、ひよっとすると残っているかもしれない。入ってすぐにアタックあり。これでイワナが生息していることは確認できた。先へ進む。割と出るのだが、かからない。5匹くらい失敗した後で、フック点検。なんと針先があっち向いている。掛からないはずだ。新しいフライに交換。交換したら、今度は出なくなった。まー、魚は平均して居るわけでないから、魚影の薄いエリアに入ったのか?と思いまだ、先へ進む。今日は、鈴も付けているが、ホイッスルも持っているモンネ。思い切り、鳴らすと、耳がキーンとするくらいだから、効果はある? そんなに気にしなくても良いけどね。山菜採りとかが、結構入っているから安心です。

 行けども、魚は出で来ない。とうとうチョロチョロになってしまった。嫌になって上がることにした。どうやら杣道があるようなので、それで戻る。途中、地元のおっさんに会う。ネマガリタケノコを採りに入ってきたらしい。挨拶をして、色々聞いた。悪いヤツが来て、電気で根こそぎ持っていく。とか。許せん。源流でやるな。バーロー。そんなに欲しけりゃ、養殖魚買えよ。

 午前11時になったから、当初の目的地へ戻る。しかし、まだ先行者の車は止まっていた。いつまでかかって釣ってるんじゃー。3時間以上経っているから、そのまま入る。すぐに17pくらいのイワナを釣る。うーんニッコウ君。稚魚放流の成長物。いわゆる何処にでもいるヤツ。本谷のイワナも年々ニッコウになっていく。ヤマトの血は感じられなくなった。 先行者ありの状況だったが、以外にも教科書どうりの所から出るのがおかしかった。

 目指す沢の入り口を発見。国土地理院の地図で見ると、入ってから少しは落差急だが、その後はなだらかになっている。そうなれば、本谷から差せないから原種が残っていそうだ。躊躇することなく突入。なんとすぐに岩盤の3段の滝。今週、雨が降っていないから渇水気味。チョロチョロと流れる水がちょっと寂しい。どうも乗り越えるのはちょっと危険と思う。両側が湿っていて尚かつ随分もろい。しかし、この上に長良ヤマトがいるかも知れないと思うと、やはり登ることにした。ルートを捜してロッドを口にくわえて、1段目は直登。2段目と3段目にはとても行けないから、左に逃げた。山肌もろく、足が滑る。落ちたらヤ・バ・イ。とにかく滝から離れて高巻することにし、左へ左へ逃げる。そのまま滝の高さまで直登。滝の落ち口にひとコブあって難儀し、やっとクリアー。しかし、これは帰りは降りられないというか、降りる方が、うんとやばいだろう。このまま進むと尾根に出て、そのあたりに林道が来ている事は知っている。先は長いが、脱出は出来る。とにかくこの上の沢を調査しなくては。

 しかし、その後、また滝。今度は回廊のようになっていた。ちょっと戻って右を高巻。痩せた尾根のヤブをこいで登る。しかし、眼下に見える沢は岩盤の滑り台状態。どうやらこの辺り、堅い岩盤が出ている。高度計で高度を知り、地図を出して、だいたいの位置の検討をつけると、まだ急勾配の半分みたいだ。沢には降りずに、そのまま痩せ尾根のヤブをこいで、なだらかになるところまで進むことにした。もう、誰もここには来ていないだろう。そしてこの先、誰も来ないだろう。今、我が身になにか重大なことが起こったら、最悪を覚悟しなくてはならない。このあたりに、こんな所があったとは夢にも思わなかった。高度はすでに1050bを越えていた。80b一気に登っている。

 岩盤がとぎれて、両側が開けてきて、やっとなだらかな地形になってきた。一応フライを落とすが、何も出ない。魚の反応は無い。魚がいるという感じがしない。走る魚も見ない。無駄だった。とにかく脱出しなくては。最後に現われた、まともなポイントで魚が走ったように見えた。しかし、今、思うと幻だったか。哀れに思った山の神が見せたのかも。

 そのうち沢は伏流し、流れはとぎれた。しばらくすると水が戻った。その水を飲んだ。うまかった。とてもうまかった。空が近くなって、高度は1140bに。林道が見えて、一安心。時計を見たら3時間過ぎていた。地図上の距離は740bだった。高度差200b。ヤブの中で、きつかった。

 林道は車を置いてある地点まで、すごく迂回している。車まで1時間ちょっとかかった。途中、ウドを2本採った。午前11時に入って、今は午後3時半。さすがに腹ぺこ。ラーメンはうまかった。

 元気出たので、次の沢へ。ここはGWに一度入ったが反応がなかった所。でも以前はイワナがいて、古い話だが、オヤジ君は尺を釣っている。そこへもう一度。3匹釣れた。しかし、3匹とも、ニッコウ系だった。がっかり。すぐに脱出。

 最後は朝やって5匹落とした、庄川源流の1つへ再度行く。どうしても釣り上げて見てみたい。

ちょっと下って入渓。しかし全然出ない。朝の入渓地点まで来ると釣れた。釣れたが、これは違う。白斑点はあるが、着色点がない。ニッコウイワナの着色抜きみたいな感じで、アメマスのように斑点が大きい。以前聞いた話を思い出す。尾上郷には2種類のイワナがいる。1つはよく見る富山イワナ(ニッコウのようなヤツ) もう1つはアメマスのようなヤツ。これもそれなのか?

 午後5時半になった。帰路に就く。白鳥の道の駅でお茶を買って飲む。そうだ、今日、石徹白へテンカラやりにツネキチが行ったはず。状況聞こうと、携帯すると、今から石徹白を出で来るとのことで、休憩がてら彼を待つ。待つ間にプールを見ると、ライズが。当然降りていく。しかし、赤い顔をしたウグイと、稚鮎がほとんど。2匹くらいアマゴらしいのが見えたが、釣れなかった。

しばらくするとツネキチ登場。彼の事情聴取して、帰りました。

 

石徹白のツネキチ

 

 午前6時に石徹白に到着。水はちっょと渇水気味だが、テンカラには丁度良いかも。

しかし、ルアー、フライ、餌釣りに、山菜採り、キャンプとあっと言う間に人だらけ。50メートル先には釣り人が。50メートル後ろにも釣り人が。そして目の前に入ってくるバカもいる。

嫌になり、車で寝る。お昼に、上流の堰堤群へ移動。空いているところでテンカラ振る。稚魚のアマゴばかり。また嫌になり、飲んで寝る。寝るのはとても気持ちいい。最高。

 午後5時頃に第3堰堤から入渓。あちこちでライズが始まって、10匹程釣るが、15pから18pのイワナだった。小さいので、すべてリリースしました。

 帰りは、白鳥により事務局長と今日の釣りについての座談会。反省会にも誘われたが、お金無いから断って、高速にもお金無いから乗らず、156号でチンタラ帰りました。