2002/06/02 

帰ってからが、大変だ

 

 めんどくせーから、土曜日の分も入れます。6月1日()は、ダック鈴木一族、ご家族釣行で、お昼からイブニングやりに石徹白へ。テキトーに岩魚なんか2.3匹釣ったらしい。でも、すっごい人で、石徹白はキャンプだらけの釣り人だらけ。だったそーな。ダックの話なんてどーでもいいんだけど、一応、倶楽部の記録としてのHPの役割もあるから載っけました。

そして

 

6月2日() 前日のダックご家族釣行に、乗れなかったビーフ吉田、改め、ウッピー吉田さんは、石徹白へお昼から行くという事務局長のお車に同乗できることになりました。? ヤマトイワナを求めてボサ入りはどーなったんじゃ?との声もありますが、ちょっとお疲れで気力不足の事務局長、今度、がんばります。

 午後の1時にウッピー吉田を載っけて出発。車中では、今後の日本経済についてのお話と、うーん、ドイツは強い。というお話と、ラインカッターってすぐ切れなくなる。そんなのに1000円近いのはちっょと許せん。なおかつ、100円ショップなんかでは、爪切りなんて100円で売ってるぞ。当たり前だ100円ショップだからなー。100円ショップに200円で売っていたら、サギだぜ。なんてアホな事言いながら進む。と、事務局長が100円ショップで、小さい爪切り買って、ラインカッターにする。と言いだして(最近、ラインカッターを落とした) 大和町のリバーサイドモール・Pioに100円シッョプが有ったことを思い出し、寄り道。そんでもって、店内でタコヤキなんか買って、ウッピー吉田は淡麗グリーンラベル350ml 2本飲む。結局ビールは足りなくなって、白鳥のコンビニでまた追加とお菓子買って、午後3時半に石徹白到着。石徹白は渇水。釣り人多し。バックウオーターまで行ってウロウロして、また戻り、先週 Tomさんと入渓した所よりまた入る。だって、車から近いモン。

  すぐに事務局長に20pくらいの岩魚が出たが、ヒットしませんでした。その後は、全然ダメ。ウエット入れたりしたけど、追いかける魚もいないし、抜かれているか、石の間に頭を入れて隠れているか? ウッピー吉田が20pくらいのアマゴを1匹釣りました。でも、尾が丸い放流魚でした。

 午後6時近くになると、いっぱいハッチしていますが、プールでライズはありません。全然なし。事務局長は嫌になり、すでにあきらめ状態。カッコーが鳴いている、近くで鳴いている。よく見れば、枯れた木の枝先にカッコーが、カッコー・カッコー言っている。鳴くときに、カエルのように喉元が膨らむ。初めて見た。それくらい近くで見れました。感激。

 午後7時まで明るくて、ウッピー吉田はがんばったけど、ダメでした。ダストボムは不発。でも、事務局長よりは立派だね。局長は小さな岩魚が1匹だけだもん。

 まー、釣りの話は、大したこと無いからどーでもいいんだけど。ここからがアヒル倶楽部っていう感じなんだよ。自宅に到着するまでは、各自の会社の悪口を散々言い合って慰め合い、自民党の悪口を言って意気投合。スムーズに走って、午後9時20分自宅到着。

 まず、ウッピー吉田。自分の車のカギが無い。どー捜しても出でこない。石徹白では滑りやすく、何度も沈しかけたらしい。その時に胸ポケットから落ちたのか?はたまたウエーダーやら何やらかんやら出したり仕舞ったりしているうちに落ちたのか?リモコン・キーは作ると1万円。ウッピー。

 次は、事務局長。ちょっと過去に戻らなければならないが、5月30日に、プーを連れて、尾上に行ったが、その帰路、プーは、ウネウネとやるソフトクリーム300円を買って、食べていた。最後のコーンを食べたところ、アイスクリームがトロトロと落ちた。事務局長が、「なにするのー、ちゃんと始末してよ。アリが来るでしょう」 とグチった。そして、本当にアリが車の中の、ソフトクリームの臭いを嗅ぎ分けて来るなんて思ってもいなかったけど、それが、本当のお話になったのです。

 石徹白に行くときは、アリなんていなかった。帰ってきてから、ウッピーがキー捜すとて、ルームランプを点けてビックリ。アリの行列がテッテケテーと歩いていて、プーがソフトクリームを落とした場所に群がっている。その行列をたどると、アクセルペダルの上のボンネットに続く穴から出入りしている。推測であるが、石徹白で車を停めた場所はアリの巣の上で、草か何かが、ボンネットに入っていて、アリが登ってきた。そしてソフトクリームの味を知った第1発見アリが、仲間を呼んで、ペロペロしたとしか思えない。フロアーカーペットをめくると、アリ溜まりが。アリには罪はないが、全部、掃除機で吸い取り、殺虫剤巻いて、退治しました。約1時間の格闘。余計な仕事。プーはもう、のせないぞ。