2002/06/15 

ヤマトイワナ探しと、万馬券的岩魚

 

6月15日() 事務局長の本日の予定は、栗巣川源流へヤマトイワナ探しです。前日、ツネキチより、石徹白へのお誘いがありましたが、ライフワークと化している、長良川のヤマトイワナ探しをするために別になりました。ところで、何故、栗巣川なのかというと、郡上漁協に問い合わせたら、栗巣川には岩魚は放流していない。との事なので、栗巣川の源流に近いところへ行けば、長良のヤマトイワナに会える可能性があると思ったからです。

 午前6時に出発。最近貧乏になりつつあるので、低燃費走行でチンタラ走り、栗巣川に到着。栗巣川の上流は2本に別れていて、左が栗巣川。右が古道川といいます。とりあえず古道川を上ると、また二つに別れます。左谷が主流です。小さな養魚場を過ぎると、民家はなくなり、林道だけ。適当に入渓しました。しばらくは全く反応無くて、魚が生息しているのかどうか、不安になりました。300メートル程行ったら、何か判らないけど反応有り。次のボイントで、してやったりの源流岩魚の18pは、どこから見てもニッコウ君。なんで? どーして? ヤマトイワナの血も受け継いでい

  

ないようなニッコウ君。さらに進んであと4匹釣ったけど、全部同じ。林道の橋の下の淵で20pを釣りましたが、こいつもニッコウ。漁協は入れていない。と言っていたのにねー。ここまでヤマトイワナの血が感じられないというのは、随分前に入れられているのか、最近入れられたのか?がっかりです。もっと奥まで行きましたが、もうこの時期ボサになって、クモの巣も難儀なのでやめました。次は古道川の右谷へ移動。水田が終わった所から入りました。こっちは狭くて、渓魚の生息自体を疑います。全く反応有りません。100メートル程で、完全にボサったので強引に出ました。林道を歩いて車まで戻る途中、1本だけササユリが咲いていました。昔はそこらに群生していて、強い香りでむせる程でした。子供の頃の話です。

 戻って栗巣川へ移動。母袋スキー場の横の林道へ入り、取水の小さな堰堤から入りました。すぐに岩魚が釣れました。21pありましたが、古道川で釣ったのと同じく、ニッコウ君でした。そのあと500メートルほど釣り上がりまして、10匹前後釣りましたが、すべてニッコウでした。もっとボサの源流にでも行けば、違うかも知れないですが、今までの経験からして、魚の行き来が出来ない堰堤とかが無いと、種類が変わらないです。だから、たぶんニッコウ化しているんじやないでしょうか?

 車に戻ると午後1時でした。お腹が空いたので、貧乏でコンビニ弁当が買えない事務局長は、お手製のサンドイッチと売れ残りのラーメンで昼食。スキー場に向かって吹き上げてくる風が気持ちいいです。食べ終えてツネキチに携帯すると、どうやらダック鈴木夫妻とテンカラ義父、そしてツネキチとウッピー吉田の大部隊が石徹白へ向かうらしいです。事務局長も、石徹白へ移動し、彼らが来る前に、根こそぎ釣ってしまおう。と企みました。しかし、その前にせっかく栗巣川に来たから、スキー場より下流の栗巣川を釣ろうと思い、入渓しましたが、何となく水か汚れている感じがしたし、稚魚のアマゴがいっぱいなので、すぐにやめて、石徹白へ向かいました。

 

 石徹白には午後3時に到着し、アヒル部隊が行くであろうこの時期のイブの場所へ行くと、誰もいない。彼らは出発が遅れて、まだ高速の美濃あたりだそうで、彼らと合流するまでの時間つぶしに、これまた石徹白に生息するというヤマトイワナ探しの旅へ。保谷に入りましたが、林道と川との高低差がきつく、なおかつ保谷の奥は林道が谷から離れてしまうし、保谷は結構奥が深そうです。源流にヤマトは居るんでしょうね。入渓しやすい、牧谷との合流点の下にある橋から入りました。足跡まるけでした。ここでもアマゴの稚魚がうるさいくらいでした。牧谷の出会いの淵まで行きましたが、岩魚は釣れませんでした。残念です。

 再度、アヒル大部隊と合流するために、戻ってみると、まだ来ていない。時間的にはすでに到着しているはず。じゃぁ、アヒル第2広場かな?と思って林道爆走して第2広場に行くと、青いビニールシートを敷いて、ケーチャン焼いて、宴会やってました。なんでも1時間前に来ていて、ずーと飲みっぱなし。もう、ウッピー吉田は出来上がっていました。午後5時頃に片づけが始まり、おもむろに釣りの準備に入る面々。ウッピー吉田が、

「オレは仕事が忙しくて、午前様で、フライ巻く時間がない。だからダック鈴木よ、君のフライ1本100円で売ってくれ」 と言うんです。これはアヒル倶楽部的に言うと、ウッピー吉田は仕事がノロイから、彼だけサービス残業になり、なおかつ、フライ巻くのも下手だから、ストックがない。という事です。で、ダック鈴木は、フライの行商人となり、ウッピー吉田がお客になりました。スペントタイプを選んだら、「それは150円」とダック鈴木が言う。「え?どれでも100円でしょ?」 「これは100円だが、これは150円。そしてこれは200円だ。気に入らないなら、他の店へ行ってくれ」 と強気の行商人。ウッピー吉田は、100円のフライを3つと、150円のフライを1つ購入しました。支払いは缶ビールだそうです。

 そのやりとりを聞きながら、事務局長は、ウエットの仕掛けにチェンジです。ロッドもウエット用の9Ft#5にして、リーダーも新品に。丁寧にドロッパーをつけて、フライは#10のピーコッククイーンにしました。石徹白川はちっょと渇水してます。福井県との県境の下流、小谷堂あたりへ行くつもりです。ダック鈴木に、「一発、大物狙いで、下流へ行くぞ。」 と言うと、「万馬券ねらいか?」 まー、そんなようなもんですわ。残った彼らは、適当に本流に分散していきました。

 

 小谷堂に到着した事務局長。丁寧にウエットで釣り上がります。淵のヒラキで、リードフライの後ろに、いい型が付いてきているが見えてしまいました。そのままにしておけば良かったのに、ちょっと引いてしまい、逃げられてしまいました。あれは、尺ぐらいあったかもしれない。失敗です。川の中程にある大石の裏の巻き返しに入れて、ナチュラルに沈めて、底の反転流に乗って回してから、流れだしたのを、ダウンクロスで縦ターン。浮き上がったリードフライに、22pの岩魚がヒット。今日はハッチも無いし、淵でのライズも見えないけど、ウエットへの反応はいいみたいです。アップストリームで、ドライ的に釣ったのは、18pの岩魚。やはり、ニッコウイワナです。ダウンクロスで強いアタリがあったけど、たぶんサイズが小さいヤツでしょう。その先へ進むと、いかにもというポイントがあります。大きな落ち込みと白泡の広さが、ポイントの深さを教えます。日中はこういった場所の底石に隠れているヤツの気配がします。何となくだけど、緊張します。もし、この場所でヒットしたら、こっちでは取れないから、1つ瀬を下るかも?ランデイングは、あのあたりかな?と釣ってもいないのに、本当に思いました。

 2回目のドリフトで、コツンという小さいアタリながらも、確実な信号が。ポイントの深さからして、根ががりはあり得ないから、結構強く合わせました。ゆっくりと、リーダーが下流へ動いて、まだ魚は自分の立場を理解していないような感じです。ロッドをさらに起こすと、やはり下の小瀬へ向かいます。ダンダンの小瀬を降りると、なんと魚が水面でローリング。「でかい。岩魚だ」 こいつは取りたいが、手前に流木があるから、それを避けたい。川原を下って、ランディング場所へ誘導しようとすると、暴れる。魚の動きが何だか変だ?と思ったら、ドロッパーが胸鰭の根元にガッチリとかかってしまたのです。それで横向いて、なんとか強引にキャッチできたのは、35pの岩魚でした。

 

 

これで、大満足した事務局長は、アヒル第2広場へ戻りました。

午後7時になると、各自戻ってきました。ツネキチのテンカラはボーズ。テンカラ大明神もボーズとテンカラは不調です。ノーハックルリボンチャンのダック鈴木は22pの岩魚が2匹と、放流アマゴが3匹。ウッピー吉田が放流アマゴを4匹。そして、マダム・タックが、25pの岩魚を3匹。なんで? 毎回、竿頭になるのは、嫁ダックです。昨年もそーだったような?

 

 それぞれ帰宅になりました。翌の日曜も坪さんと石徹白の予定の事務局長。クリフさんとTomさんも合流することになりましたから、ニョロニョロ宴会の準備ということで、美濃市の柳家でニョロニヨロ購入して帰りました。