2002/07/21 

久々の総攻撃 in 石徹白・事務局長編

 

ほぼ、1ヶ月アヒル倶楽部の主力メンバーが、色々あってお休みしていました。アヒル倶楽部始まって以来の出来事。しかし、アヒル倶楽部がこれで終わるわけはない、で、何となく、打ち合わせしていないにも関わらず、石徹白に揃うところが、なんとなくおかしいね。第2弾は、事務局長編。第1弾はこちら。

 

7月21日() 前日、坪ピヨと伸チャの凸凹コンビに、殿様釣行させてくれるというお誘いを受けた事務局長でありましたが、このクソ暑いのに、会社のバカに、ドーニモ・コーニモお前らバカか?出てこいコノヤロー。というくらいヘトヘトにされて、見るも無惨なお姿になった事務局長には、午前5時出発は酷すぎる。そして体調おもわしくなければ、クーラーガンガンのお部屋で、お布団から出られないかもしれない。と真剣に思ったので辞退しました。

 しかし、当日午前9時に目覚めたら、やっぱりこのまま過ごすのも味気ない。これではバカ会社に負けたのも同然だぜ。もし、明日死んだら後悔するなんて大げさだが、いっそ釣りでアクシデントでもあって、長のお休みでも頂けたらありがたい。そーだ、仕事で体、壊すより、釣りで壊れたほうがいいいじゃないですかい。とまー、随分、ヤケクソで、出発進行。

 そーだ、どーせ釣れないから、一丁バクチでも打ったるかい。ここんところの大雨で鮎はお休みしているらしいから、こりゃぁ、長良川の本流アマゴか、ノボリアマゴの30p、大バクチでサツキマス?そーだそーだ。それがいい。8番のシューティングロッドと、ウエットロッドを載っけて出発。

 クリフさんに携帯メール入れたら、Tomさんが出撃しているとのこと。午前10時半に白鳥到着。Tomさんに携帯すると、谷に入っていたけどおもわしくないらしく、石徹白へ向かうとの事。事務局長は、白鳥でヤボ用(そのうちにUP予定)を済ませてから、石徹白へ。バクチ的フライフイッシングは、ガンガンの長良川本流と、モーレツな暑さに参って、あきらめました。

 丁度お昼に石徹白到着。すると、無惨な石徹白が。大洪水で、川は流れを変えていて、川原は土石流の残骸か?というほどの流木。第2アヒル広場は壊滅的被害。福井県側にはとうてい向かうことは出来ない。あな、おそろしや。南無阿弥陀仏。という感じ。

 なんとかTomさんを見つけて近寄れば、チビアマゴは健在であるとの報告。しかし、流れも太く、何だか釣れる感じがしないので、石徹白退去を宣言。じゃぁ、お供します。というTomさんを、

「ぐふふのふ。アヒル倶楽部 X 谷へ連れていってあげよう」 と、俺のあとをついてこい的、爆走で林道を走る事務局長。石徹白出口の神社のトイレ前で、坪ピヨ発見。クラクション鳴らすが、上の空。やっぱり、おめーらも石徹白かい。ちなみに、ダック鈴木と嫁ダック。テンカラかっちゃんと、おまけのおまけのウッピー吉田の4名が、アヒル1号車で高速使って石徹白へ向かっているらしい。話がそれだが、坪ピヨに、そーだ、坪ピヨは石徹白では、ピヨがとれて坪さんだったっけ?では改めて坪さんに、状況聞くと、開口一番、「伸チャには勝っているでね」 さもあらん。事務局長の弟子だからな。まー、このあたりのお話は坪さんのレポートで。

 アヒル X 谷に着いた事務局長とTomさん。「こっ、ここは」 というTomさん。聞けば、なんでも渓流釣りなる釣りを初めて教えてもらったのは、この場所だったという。あんたもマニアックな所知ってるねぇ。なんでも、知人の知人らに連れてきてもらったらしく、その後、一人で来ようとしても、道が複雑で来れなかった場所らしい。そりゃそうだ。こんな所へ来るのは地元がほとんどだからね。事務局長は、地元じゃないけど、この辺りの山や、田んぼの持ち主とは親類関係にあるのだよ。

 とりあえず、そんなことを祝して、郡上のケーチャンで乾杯。一人一袋を平らげて、「そんじゃぁ、詣りますか?」で、マニアックなルートで X谷へ。すぐに事務局長が20pくらいのイワナをヒットさせるが、手元でバラす。が、ニコニコ。うーん。うれしいよー。涙が出るよ。これって、しあわせなんだ。忘れていたよ。こーして、渓の中で瀬音と木漏れ日あびて、立ってるって、なんてしあわせなんだろー。その後、25p程のマルマル岩魚をヒット。グングンと引く力強さ。しかし、足元でバラす。あははー。あははー。と笑う事務局長。1ヶ月笑っていなかったよ。楽しいよー。楽しいよー。

ちょっと手にとって見たかったけど。バラしたイワナは、事務局長の足元に、ネコのようにまとわりついていて、しばらく上から見ていました。あぁ、しあわせだ。

 先の堰堤を越して、その次の堰堤はちょっと大きい。堰堤から落ちるシブキが、とても気持ちいい。大きく深呼吸を何度もしたよ。マイナスイオンとフェトンチッド。体の中から、バカ会社の毒が消えていく。よみがえる我が細胞。そんな感じだね。(よみがえった細胞は翌週には、ボロボロにされた)

 まだ、先は続くけど、今日はこれでおしまい。Tomさんと林道を歩いて、「そーいえば、僕は今日、ボーズだけど、釣った日より楽しんでる。」なんて事を言う事務局長。うん、まー、病気療養中のようなモンだから、最初から、バコバコ釣るようなハードな事すると、刺激が強すぎて社会復帰できなくなるからねぇ。バラすくらいが丁度良いのよ。なんて笑ってごまかしていました。

 また、毒抜きにいかないとなりませんねぇ。

 

余談ですが、ダック鈴木組の石徹白夕マズメ部隊は、誰も釣れず、ウッピー吉田が飲んだくれて

「はれほへほ、へれほへほ」と、ずーと笑っていたらしいです。何でも、この日ウッピーは、2000円でお殿様になっていたらしいとの事でした。