2002/07/29 

TomさんのアヒルX谷レポ

 

前回(7月21日)のレポを見てもらえばわかりますが、Tomさんの初渓流釣りは、なんとアヒルX

谷であったと判明。同じ谷を聖地に持つ者としてアヒルX谷のパスをもらったTomさん。しかし、事務局長の「アヒル倶楽部HP用のレポ提出」の宿題を課せられて、下記のレポート提出とあいなりました。

 

7月29日 午前7時頃、AC局長御漁場の駐車場に車を止め準備が終わり、さぁ行くぞ、と思ったら30m上流側の川に下りるところに軽トラが!田んぼを探したが人影はない!うーん、素早い!平日だというのに・・・。
 しかたなく前回局長さんに教えてもらったルートで川に降り、さらにちょっと下流に移動し、ゆっくり釣り上がることにしてスタート。
 下流はクモの巣があり、入渓者がいない証拠でありがたいのだが、フライやティペットに絡んでうっとーしいが、今日はゆっくり行くことにしているので、焦りはないが、魚に走られるとちょっと焦る。しばらくしてドライに魚が出たが素早い出方で乗らなかった。
 ウェットに交換したが当たりがないので、またドライに変更してやっと出た。いい型だ、しっかりフッキング・・・したはずだったのになぜか外れた!ショック!

 


 だんだん苛立ってきた頃やっとネットに収めることが出来たのはコンディション抜群の白っぽいイワナでした(全体を写したのはマトモなのがありませんでした)。恥ずかしながら当たりフライはアヒル倶楽部オリジナル・東洋パーキン、たまたまですが昨日巻いたやつ、郷に入れば郷に従えってことになってしまいました。
 その後、気分良く釣り始めたんだけど、15,6cmのも釣れたんだけど、またバラシ、すっぽ抜け。だんだん焦ってきてゆっくり出たやつに早合わせまで。
 先行者が入ったと思われる場所まで来た。やはり出が悪い。上の方で工事でもやりだしたのか、だんだん茶色に濁ってきて、気が付けば1時過ぎ、で今日は早く帰ることになってたので納竿にした。
うまく流れれば素直にゆっくり出てくるいい川っていう感じでした。でも、休憩してフライ替えても2度めは無しよ、でした。

一応こんなとこです。ではまたです。

 

アヒル倶楽部事務局コメント

ご苦労様でした。アヒルX谷は、上・中・下とありまして、Tomさんが入渓したのは中です。下に入ったことがあるのは、事務局長とオヤジ君のみです。また一緒に行きませうね。あの時間に軽トラックというと、誰だろう?たぶん事務局長とは親類関係の者でしょうね。白樺から降りたんでしょうね。