2002/08/17 

殿様になった事務局長 

 

 

8月17日() Tomさんより釣りのお誘いメールが届きました。そして助手席釣行、アヒル倶楽部でいうところの、殿様釣行させてくれるんだって。し・あ・わ・せ。

で、午前5時半にTomさんに自宅まで迎えに来てもらい、アヒルX谷の上流部へ突入という段取り。

お盆休みもラスト。ここ1週間は渓流魚にとっては、寝るヒマもないくらいであったでしょう。まー、何処へ行っても釣れないのは目に見えています。とりあえず、アヒルX谷の中〜上をやって、手頃なイワナの2.3匹でも釣って、「いやいや、これで (ボ) はないな」 と、心にゆとりを持たせてから、メジャーな渓流へ足を伸ばそうか?という段取は、ちょっとズルいかな。

 コンピニに寄ったりして、午前8時前にアヒルXの中に到着。奥飛騨や、木曽方面は渇水だというのに、なぜか長良川水系には雷雨が多くて、アヒルXもちょっと増水してるかな?まー、谷のイワナなんか、すぐに釣れるでしょう。渇水よりはいいや。と思って降りていきます。しかし、当然、待ち受けているはずのクモの巣はみごとに取り除かれていて、昨日、人が入った形跡有り。しかし、朝に入られている感じは受けなかったから、今日の初に違いない。まー、釣れないことはないでしょう。と高をくくっていたんですが、見事に出ない。こんな谷で出ない。出たのは10pにも満たないチビイワナか?それも驚くほど早い。根こそぎ、馬鹿な盗人にやられたか?と思いたくなるような感じ。事務局長は水中勝負に切り替えて、ウエットなんかするけど、いっしょ。見事に期待は裏切られてしまいました。

またこの区間は堰堤が多く、夏草繁る斜面を登ったり降りたりの高巻で疲れます。結局、事務局長が15pにも満たないのを、電光石火であわせて、バックキャスト de リリースの大技披露しただけで終了。アヒルX谷脱出宣言。2人で林道をトボトボ歩いて、「うーん」 と、暗い雰囲気。

 さて次は?ということで、荘川水系に変更となりました。移動の途中、、村の雑貨屋風の酒屋で、たまらずビールを買い込む事務局長。もう、これに頼るのか?そして、殿様釣行の醍醐味と言えば助手席ビールでしょう。「うーん、うんめー、うんメー、ウンめー」 とあんたは、ヤギか?挙げ句の果てに運転手のTomさんに、「これ、三太夫、ワシは西洋麦酒を飲んでおるゆえ、ちいと、ゆるりと、駕籠を進めよ」なんて言う始末。やっぱ、これ、だね。

 到着したのは一色川の下流部。谷からの開放感からか、「ちょっとやってみようか?」 そしたら10pのニジマスで、そんでもってなぜか尾が丸いのが釣れたので、がっかり。こうなったら、何が何でもイワナ釣るぞ。と殿様が、「ボサじゃ、ボサ。ボサでイワナじゃ」と言いだして、一色川の数ある枝沢の1つに突入。そこはもうFFとは呼べない釣りで、いわゆる垂らすという方法がピッタリのボサでした。ケモノの気配も濃厚で、曲がり角では、笛の吹きっぱなし。こんなところでバッタリは嫌だねー。しばらくはアタックしてくるイワナも見えず、7月出水の爪痕も見えるから、「魚はいなくなったのか?」と思っていたら、Tomさんが、20p程のイワナを釣り上げて、「これ三太夫、あっぱれじゃ、誉めてつかわすぞ」 「ははー、ありがたきしあわせ、さっそくデジカメいたしまする」 とTomさんがデジカメしている間に、今度はオラの番じゃ。とブラック東洋パーキンを垂らすと、殿様にもヒット。しかーし、それは15pのイワナで、殿様がっかり。先は続くが、沢も細くなっり、出るイワナも小さくなってきた。何より腹減ったので退却。

      

 

 スキー場を越えてゲートの橋の中間にある、長いプールを見ながら昼食。岸のヤナギの下で小さいのがライズしているのを見ながらビック海苔弁と缶ビール。しあわせだ。そこへ、ヤマセミが上流へ飛んでいった。あぁ、ヤマセミだ。あれ見ると、もう釣れないんだ。そーいうジンクスなんだよー。

と話していると、とどめを刺すように、今度は上流から下流へ飛んでいったのでした。

 流れ込み付近で、まともなサイズがライズしたのを見たので、先行者の足跡があったけど、どこでやっても一緒だー。とそのまま入渓しました。毎度の事ながら一色川は渋い。お盆の17日、午後1時の晴天、先行者あり。では渋いのは当たり前か?アヒル倶楽部では、「一色川の1匹は石徹白の5匹に相当する」との変な格言があると、Tomさんに説明。殿様がしつこくやってやっと1匹まともなのをかけたが、ナチュラルリリースとなってしまい、がっかり。しばらく行くと餌釣りの先行者見えたので、ネマガリタケの薮を強引に突破して林道へ。ゲートまで車を進めて、ちょっと下って再度入渓。雲行きが怪しい。遠くで雷鳴も聞こえた。時々、パラリと来る。気にしながら、小型のウエットをぶち込んでいくと、10pのイワナが2匹。これがオレンジ色の斑点が無くて、変な感じのイワナだった。ゲートの橋まで来ると、ドドーンとカミナリが鳴り、雨が落ちてきたので退却。

 さて、どうしよう?時刻は午後4時になろうとしていました。石徹白のイブニングにでも行こうか?と、国道に出たら、ドバーと前が見えないほどの雷雨。どのあたりがふっているのかな?と、i モードのレーダーアメダス見たら、ご覧の通り、降っていないのは美並村あたりと、富山県境のみ。ヘナヘナとなえちゃって、何となく、本日終了となってしまいました。

 帰りは、高速も国道も混んでいたので、立花より、アヒル裏道を通って帰りました。初めて通るTomさんいわく、「これは覚えられない」との事で、アヒル裏道はむずかしいです。

今度はTomさん殿様釣行させてあげるね。