2003/02/08

 

ルアーのコークン、初挑戦

 

2月8日() とうとう、トラウトロッドを買ってしまったコークン。対月見ニジマス用と思ったら、解禁したから、アマゴも行きたい。それならば、と優しい事務局長様が、連れていってやるよ。

でも、事務局長は指の怪我の治療のため、午前中は病院へ行くから、終わったら連絡する。たぶん病院は混んでいるから昼前くらいになるだろう。しかし、以外に早く治療は終わり、午前10時過ぎに、二人して、長良川中央管内へ。事務局長は、今年、丸竹ロッド争奪ダービーがあって、ボーズだとマイナス5点になる。よって、うかつに竿は出せない。これは、この指とおいらの技量でも釣れるんじゃない?という確信がないような釣りはできねーんだよ。なんて言いながら板取川に到着。メジャーなポイントにはフライマンが修行僧のごとく、寒修行していらっしゃる。そこへルアーをぶち込むと、ちょっと迷惑。修行の邪魔になるから、マイナーな所で、ルアーを投げていただきましょう。オサム淵へ行くと、ルアーマンが2名クリクリやっていた。あぁ、我が聖地が・・・。と思ったけどまーいいや。上オサム淵でやりましょう。さー、思い切りシマノのロッドをブン投げてちょー。と、言いながらすでにダイエット生・ブリン体50%カットを飲む事務局長。コークンが、「飲んでいいの?」と聞くが、「ケガの消毒。消毒」と、ゴックン。プハー。やっぱ、川で飲むとうまいぜ。と、あれ?ライズしてるぞ。えらいこっちゃ。川岸まで下りると、どうやらシロハエのライズか、カワムツのライズのようだ。今日は双眼鏡を持っていないから、確信は持てないが、手前の目視できるのは、明らかにそうだ。しかし、ちょっと向こうの、いかにもシラメがライズしそうな流れのスジのライズが怪しい。でも、確信は持てない・・・。うーんどうしよう。と思っていたら、コークンの準備ができたので、一丁、投げてみてちょー。その結果、シラメがあっとさりと釣れちっゃた。という事は無くて、何の反応もない。これが現実。2月のルアーは厳しいよ。しばらく投げていたけど、ウク゜イも来ないから止め。

 上流へ移動。美濃和紙会館の前あたりには、結構な数の餌釣師がいたけど、見ている間に釣れたと言うことはなかった。その先の橋のちょっと上。かつてのポイントでコークンにやってこい。といい、各方面へメール打ったりして事務局長は遊んでいた。車のエンジンは止めていなかったからか、無数のブユが車にたかっていた。こいつら、排気ガス好きなんだ。と思ったけど、もう、ブユなんだ。あーあ、ブユの釣りは嫌だなぁ・・・・とも思ったりした。コークンは全く何もアタリも無いから、20分くらいで上がってきた。で、また上流へ移動。そこに、ルアーマン発見。ルアーの事はルアーに聞け。ということて゜、彼に、「どーですか?」攻撃。すると、ダメダメ。活性低いよ。と言いつつ、1匹だけ釣れたよ。ときた。「どこでですか?ルアーは?」と質問責めにする局長。それによると、城山橋の下のプールで、5gのガンメタカラー。底をスローリトリーブで、当たったか?と思うようなアタリだそうだ。コークンが今までやってきたのとは、狙いが違った。

 さっそく城山橋へ。橋の上から、タレ流しをやっている餌釣りが3名。それでも彼らのウキ下は結構深かった。橋から見ても魚は見えなかった。水の色がブルーでなんかとても冷たそう。相当活性が低いんだ。魚は底で動かないんでしょうね。

 コークンしばらく5g、ガンメタやったけど、アタリなし。来たときは7名くらいいたお客さんも半分くらいになってしまった。お昼も過ぎたし、腹も減った。寒いし、車へ戻ろう。道路から見ていたオジイさんが、「昨日、入れたんだけど、エサでも全く釣れていない。美濃和紙会館前には、沢山いたれんだけど・・でも型は小さいよ」なんで事をブツブツ言ってた。それで美濃和紙会館前は繁盛していたんだ。

 双子のパパさんがいるという、ポイントへ移動し、彼の釣りでも眺めつつ、カップメンでもチュルチュルしようとして、行くと、そこは、ライズのパラダイスだった。事務局長としては、時々、単発ライズがあって、お客さん2.3名っていう小料理屋の雰囲気だと思ったけど、そこは回転寿司だった。ネタは新鮮、本日開店出血大サービス、しかし、満員御礼。「2名様ですね。申し訳有りません、あいにくお席があいておらず、随分待っていただくことになりますが・・・」っていう感じ。

当然お客はフライマン。くどいようだが、ここへルアーぶち込むのは、イラク攻撃よりたち悪い。それは国連も認められない。「どーだ、コークン、これがシラメだ。あーやって、選んで食べてる。これはルアーじゃ釣れないよ」と説明したけど、実際投げてみると、どーなんだろー?

 しばらくパパさんと喋って、カップメンをすするべく、上流へ移動。川を眺めつつ、チュルチュルと、ビールやって、じゃあ、武儀川でも行ってみるか?と、戻っていくと、タルカスさんが、満員御礼を見て、茫然としているところに遭遇。彼も本日ヤル気で朝から頑張っていて、お昼に放浪の旅に出ていたのだ。ちょっと言葉を交わして、それぞれ、放浪へ。

 武儀の宝見橋でグリグリしたけど、ダメだった。橋の下流で1匹2匹ライズしていたけど、距離も遠く、難しそう。他のフライマンもいたけど、待ちぼうけ状態。

 最後に、千疋のテトラへ行く。1日に山本鱒師が、今年の新本流竿の試し釣りに来たところ。でも、ウグイも当たらなかったそうです。ここは昨年5月、コークンを連れてきて、サツキらしき魚がヒットしたが、コークン痛恨のバラシのポイント。5gガンメタを沈めるが、ダメ。本日終了かと思ったら、ミノーにチェンジ。しばらくやるが、ルアー1個無くして、戦意喪失。

 今川も見たが、誰もいなかった。なんか、水が死んでいた。ここはいないかもしれない。

 あー、本日終了。コークン頑張ったけどね。活性低かったからしかたないよ。放流したてのポイントで餌釣りが苦戦するようでは、だめだね、こりぁ。モドリやノボリの頃に一緒にやろう。