2003/02/11

 

ダック鈴木、めでたくマイナス5ガーガー

 

2月11日() とうとう、悪の総統・ダック鈴木が、ボーズ。「やっていない」って言っているけど、竿持ったらたとえ5分でも、釣らなきゃボーズ。って自分で去年、坪様をいじめていたでしょう。

 事務局長は、新人のFF研修だったけど、雨の様子なんでで中止。で、一人で、前回コークンと見た上オサム淵のヒラキのライズを確かめに行きました。午前8時半に出発。同時刻、ダック鈴木のツガイも出発。ダック鈴木は、上河和へ行き、それから下ってくるらしい。

 午前9時過ぎに上オサムに到着した事務局長。するとすでにお一人様、ご入場。あれ?ライズしてるのか?と思ったけど、全然してなかった。土曜日はライズしてたけど、それがシラメかどうか知りたいのです。当然、シラメならやります。今日は双眼鏡持ってきました。絶対確認できるはず。でも、ライズない。水位も20pは増えてる。と、雨がポツポツ。そんなにまとまって降らないと思ったけど、傘が欲しいほど降ったり、そして止んだり。

 ここでの楽しみはライズもそうだけど、毎年、ヤマセミが見れる。今日もツガイなのか対岸の木の枝にとまっている。双眼鏡でマジマジと眺めてた。土曜日はダイビングするのも見れたけど、今日は天気が崩れてくるからか、ジッとしていました。コゲラとか、メジロ、シジュウカラ、なんかもいました。最近、バードウォッチングする機会も無くて、慣れていないので、なかなか野鳥を見つけれなくて、難儀しました。

 車に戻ると、多摩からきたという関東フライマン2名が支度していたので、ちょっとおしゃべり。ダック鈴木も言ってたけど、美濃橋で和歌山ナンバーやら、なにわナンバー見たらしい。なんか、先に入るのを遠慮しちゃう感じだよ。って・・・ 

 そうこうしていると、タルカスさん登場。タルさんも今日、放浪しているみたい。彼は、上河和へ行ってしまいました。入れ替わりにダック鈴木到着。「今日はダメ」と結論出して、缶ビールです。

 タルさんから連絡があり思案の結果、手堅い?美濃橋へ行くことになり移動。途中、串カツやら、煮物とか、缶ビールまた買って、もー、飲んじゃうぜって、毎回じゃないですか?そーだが文句あるか。

 美濃橋に到着すると、7名くらいやっていました。時々ですが、ライズありました。でも雨も本格的に降り出してしまい、ライズのラの字も消えました。皆、車に戻って体を温めて、小降りになるのを待っています。その間、我らは飲んでいました。タルさんが、カナディアン・クラブの12年を車から出しました。また、燃え尽きて白くなると困るから、アヒル倶楽部が預かりました。これは、タルさんが釣ったら、乾杯することにしましょう。

 ダック鈴木は、なんかやる気満々です。どうも胃が調子悪いので、飲んだくれができないぶん、やることがないから、釣りをするんだそうです。そんなヤツに釣れるわけないわなぁ。それでも、燃えて岸辺に立って、フライを着けようとするけど、冷たい雨で指がかじかんで、なかなか結べない。やっと結んだら、ティペットが濡れたロッドにへっついてしまい、もー、「がー、ガー」って、憤慨してました。で、新作の 『長良バリアント』 ではなくて、『アヒルバリにゃんこ』 というフライを投げてみたけど、どこにあるのか全然わからない。「それって、沈むフライ?」と聞く事務局長。「一応、ドライだけど・・・・」というダック鈴木。しばらくして、「あかん、こんなやつ・・・」 そうこうしているうちにまた、雨がひどくなってきました。みな、撤退です。事務局長はタルさんと車内で、四方山話でまた飲んで、ふと見るとダック号が無い。あいつ逃亡したのか・・・と思ったけど、橋のちょい下の川原へ移動していました。聞けば、そのあたりでライズがあるのを、マダムダックが見つけたようです。雨も小降りになってきたので、ダック鈴木が、そのライズを狙うことにしました。でも、シロハエの可能性もあります。ウダウダしてたら、助手席のウインドーが下りて、マダムダックが、「はやくやりなさい。沈めて引きなさい」って言いました。なんか、おかしくてタルさんと笑いました。でも、何も釣れず、それ以後ライズも無くて、ダック鈴木は、「おら、逃げる・・」と言い放ち、高速で、リールにラインを巻きました。また、雨がひどくなり、タルさんも撤収となり、各自、美濃橋をあとにしました。

 で、結局、フライも着けたし、一応、釣りらしいこともやったので、ダック鈴木総統閣下は、めでたくボーズ。ダービーでいうところの、マイナス5ガーガーとなりました。

今、思ったけど、ひょっとして、丸竹ロッドを手にするのは、マダムダックではなかろうか・・・なんか、そんな気がします。彼女の事、忘れてた・・・・・ それもいいかも。