2003/02/16

 

しんどい釣りもたまにはする

 

2月16日() 事務局長は吉田川へいこうと思いました。吉田川といっても、旧ハタヤ裏とか、メジャーなシラメポイントではなくて、早春の吉田川、餌釣りで天然が釣れました。というにはチト早いけど、天然のヒレピンが釣れれば、サイズそのまま点数となるんです。たとえば17pの天然を釣れば、17ガーガーなんです。これはおいしい。1匹で3匹分。でもライズなんかしてくれるワケもないから、ニンフです。開けた日当たりのいいポイントを、順次やっていく所存です。

 そんでもって、都合のいいことに雨じゃないですか。春の雨は魚を呼び覚ます?ってか。ウキウキ。餌釣りが使えないような、小さい小さいニンフを石回りにしつこく流そう。とか思いながら、午前9時に出発。雨はザーザーは降っていない。いいねー。と、思いながら走っていくと、相戸あたりで、何だか、ウインドガラスにツブツブが混じるじゃないの。ミゾレ????。そして、八幡町との境のトンネルを抜けると、雪国だった・・・。で、八幡町内は本格的な雪で、気温は2度。吉田川方面に回ったら、路面はシャーベット状態。うーん。うーん。とうなる事務局長。でも、ここまできて帰るのも嫌じゃ。とりあえず、目指したところへ行くことにしました。昔々、アルツ石川と Sorry, your browser doesn't support Java(tm). 吉田川へ来ていた頃の、通称バス停前へ。誰もいない。あたりまえか。誰もいないところに、好感が持てて、とりあえずやったるか。車の外へ出たら、寒かった。これも当たり前か。

 なんとか、シカケもできて、とりあえず入渓。水は7pくらい増えたみたいだ。水温を測ったら8度か9度ありました。雨から雪に変わったと思うんだけど。まっどーでもいいやな。今年初めての渓流はとても新鮮でした。雪の中の渓流釣りなんて、昔、オヤジ君と一緒に釣っていた頃を思い出すよ。今は年に1度くらいしか一緒に行かないけど・・・。当時、ニンフで釣るのは辛かったなぁ・・・。今日は久しぶりのニンフ釣りで、なんか結構、燃えちゃって、しつこく石回りをやってました。タプンとしたところでなんとなーく、アタリがあり、運良く釣れたのは、放流ものでした。お昼頃には雪は雨に変わりました。指先が冷えて感覚がないです。骨折した中指は、冷えてくると痛い。ズンズンという感じで重く痛みます。暖める物もないから、口の中で暖めまして、ちょっと痛みがひいたらまた釣りを再開しての繰り返し。でも、なんか楽しい。こんな天気なんで、誰も来ていないし、誰も来ない。これがいい。日当たりのいい、開けた場所は吉田川では事務局長の知る限り、そんなに無くて3カ所ほど巡りましたが、気分がHiなんで、気がついたらとっくにお昼は過ぎていました。なんとか3匹釣れましてありがたかったです。川岸のネコヤナギは膨らんで、もうすぐ春を感じます。今日は雪が乗っかって寒そうなネコヤナギでしたけど・・・・。

 お腹が空いたので時計を見たら午後2時でした。雨になってちょっと気温も上がったようです。その代わり、水温が下がったみたい。ここで終了。コンビニへ行き、カップラーメンを買って、旧ハタヤ裏へ行き、時々のライズを見ながら食べました。これで八幡は終わり。

 帰りながらメールを見るとウッピー吉田から。何か、訳の分からないメールであったので、無視してそのまま関観光へ。雨が上がった関観光にはクリフさんが来ていました。クリフさんのもとへ行くと、渋いライズと戦っておりました。事務局長も横で参戦。ライズは結構ありました。日が西に傾くと、真横から光が入りとても見にくい。それを過ぎた頃に群が上流へ移動していきました。隣にいた初心者?と思われるルアーの青年が1匹釣りました。彼はそのシラメを持ってきて、「なんという魚ですか?」と尋ねられました。きちんと説明してあげました。流れ込みが空いたので、ウエーダーを履いて、小さいウエットを1つ結んで、流れ込みに来たであろう集団に見せてあげました。暗くなってきて、立ち込んでいる底もおぼろげになった頃、1匹釣れました。きれいな魚でしたが、残念ながら放流クンでしが、尾はそんなにひどくはなかったです。もう、暗くて再度立ち込むのも危ないか?と思ったし、十分満足したし、また指が痛いので、終了としました。帰路の途中、ウッピー吉田からメールが届きました。こっちの釣果を尋ねるメールでしたが、最後の署名が、元牛ピヨ となっていましたが、気づかずにいたところ、翌日、ダック鈴木より 「ウッピーが2匹釣ったらしい」との知らせ。よく考えたら、元牛ピヨというのは、どうやら、釣ったからね。という事だったらしい。わかりづらいから、素直に書くように叱りました。

 

   

ウッピー吉田、ピヨ脱出

 

2月16日() 坪先生でも、三重のライちゃんでも釣れるという上河和。でも前日ダック鈴木とウッピー吉田が竿出したが、釣れなかった。ダック鈴木は、本日あきらめて、ふて寝。しかし、ウッピー吉田は、こっそりとまた上河和へ行く。また、例のごとく、午後4時頃までお昼寝。その後、目覚めてイブニングだけやろうという魂胆というか、ウッピーの定番のシラメ釣りです。こんないい加減な釣りなんだけど、暗くなるまでしつこくやるから、何か毎年だけど、釣れちゃう。ウッピーさんは、お話が得意ではない。当然、文章作成能力は限りなくゼロに近い。だから、事務局長が、あれこれ聞いて、やっとレポに仕上げるというのが常なの。今回も、ウッピーさんからの不完全メールの内容からすると、お昼に到着。その後、ビールやら、焼酎やらを飲んで、日経新聞を顔に乗せて、お昼寝・・・。午後4時半に目覚めるとライズがある。昨日と同じ。対岸のフライマン約5名が、頑張りすぎて、シラメをこっち側へ寄せてくれたので、ダウンで流すと、ちょうどライズリングの中に入る。本人いわく、デカ・ミッジ・シリーズのウシピューパ#24で2匹ゲット。との事。こいつはデジカメ持っていないから、カメラ付き携帯で写したのを送ってきた。それは、なんとなくシラメに見えるが、深海魚?と言っても通用する程度の画像でありました。

皆さんにお願い。ウッピー吉田を見かけたら、ご一報下さい。

まっ、とりあえずピヨ脱出は、おめでとう。と言っておきましょう。

 

アヒル倶楽部丸竹ロッド争奪ダービー

事務局長・本日 +20ガーガー   現在 +40ガーガー

ウッピー吉田・本日 +10ガーガー   現在 +5ガーガー