2003/05/04

 

アヒル倶楽部丸竹ロッド授与式

 

 5月4日() 本日はアヒル倶楽部・丸竹ロッド授与式である。作者であるACFC-Y師匠こと、風来満三氏より直々に授与していただくのは、当然の結果、事務局長。授与式のあとは、これまた当然、宴会となる。宴会はお昼だから、それまでは別行動とした。

 事務局長は、3連チャンなんで、もう早起きはできない。どーせ、連休中なんでどの川も混んでいるだろうと、あきらめている。だから神路川にでも入ってチビアマゴと遊びながら山菜でもゲットできればよしとするとて、午前7時に出発。もっと遅くてもいいのだが、道が混むのがイヤだからねぇ。宴会参加は坪さん、彼は早朝より出発したらし。鈴ピヨやウッピー吉田は、例により、当日にならないとわからない。と、いうか、その時の気分次第だから、事務局長のなかでは、宴会の頭数に入っていない。だから、彼らのご馳走は用意していないんだ。過去、散々無駄にしたから、事務局長も賢くなったもんだわい。

 午前7時が効いたのか、以外に道は空いていた。すぐに神路川に到着。最下流から入ってみる。すぐヒットしたのはムツちゃん。釣っても釣ってもムツ。これはいかん。と、少し上流へ移動。ムツはいなくなったけど、今度は、稚魚だらけ。さらに上流へ。しかし稚魚。今度は、部落の外れまで移動。元々、ミニミニ渓流の神路川。ここまで来ると跨げるほどの春の小川。チョウチン釣りのような釣り方で、3.4匹のアマゴを釣る。みな15cmあるかないかというサイズながらも、パーマーク鮮やかな美しいアマゴだった。山菜探索しながら行くと、岸に山椒の小枝があったので、その若葉を少し頂く。これは宴会メニューの田楽のトッピングだ。よくみれば、タラメもあり、少し頂く。ワラビがあるかと思っていたが、以外にも見つけられなかった。

 午前11時になったので、切り上げて宴会場である釜淵へ向かう事にした。釜淵の右岸堤防が会場。午後6時に帰宅しなくてはならない坪さんの為に、山奥は避けたのと、もし、鈴ピヨや、ウッピー吉田が来ても、目の前のスーパーで買いだしが出来るという事務局長の心憎い配慮である。しかし、案の定、鈴ピヨ一行は、来なかった。午前10時に、彼らは行こうと思ったらしい。しかし愛岐大橋の渋滞を見て、スコスコと帰った。との事。アホ。

 宴会場に到着した事務局長。目の前のヒラキを眺めつつ、缶ビール。バシャッとライズ。ソレーってんでロッド持って飛んで行くが、それっきり。あとはたまにシロハエのライズ。

 午前11時半を過ぎたので、そろそろ支度に取りかかる。まずは炭起こし。手慣れてきてすぐに着火。ビールのツマミが欲しいとて、田楽を3本くらい焼いてみる。おぉー、グットだ。先程採ってきた山椒がウマイ。もう1本ビールを開ける。てな事やっていると、携帯が鳴った。Y師匠だった。どーいうわけだか、坪さんと一緒だ、現在ひるがのらしい。詳しいことは後ほどという事で、こっちへむかってもらう。あと30分ってとこだな。アヒル倶楽部は野外で宴会はよくやっているが、テンプラは初めてだ。毎回、候補に挙がるが、未だやったことがなく、今回が初めて・・・。これはそそうがあってはならないと、事務局長は、ガソリンバーナーに点火し、テンプラの用意。すぐに油は温度上昇。コンテツを投入。ジューっとあがる。それを塩で食べる。うんめー。ってヤギーになる。次はタラメ。これもカリッとあがって、うんめー。再度ヤギになる。

ほどなくして坪さんとY師匠が到着。すぐに缶ビール。用意は万全なんで、すぐに田楽もテンプラも出来上がり、しあわせだぁ。今回、Y師匠自作の韓国風ケーチャンも登場。これは高鷲ケイチャンに匹敵するうまさであった。さて、何故、坪さんとY師匠が一緒なのか?坪よ、私に内緒で、Y師匠にメールでもしてたんか?とグチると、白鳥インターで前を走る坪号を発見したY師匠。出口で検問をして、行き先をたずねたら、また鷲見川との事。哀れに思ったY師匠が、Y師匠軍団の虎の穴へ連れて行き、1日レッスンをしてくれることになった。ということらしい。で、Y道場での釣果はというと、坪さん的というかアヒル倶楽部的にいえば、大満足の豊年満作。つまり5.6匹は釣れたとの事。坪さんしばらく余韻に浸っていらした。まー、釣らせてもらったんだからその点はお忘れなく・・・・。

 ビールも進み、お腹も一応満たされたところで、本日のイベントである、Y師匠作・アヒル倶楽部・丸竹ロッド・授与式を始める。坪さんが写す、デジカメの画像に、色々とケチをつけてやっと写す。おやめでとう。これで晴れて、事務局長がオーナーです。5本のロング缶を空けた事務局長。ごきげん。

 坪さんは、午後6時には自宅に戻らなくてはならないので、午後3時半に、去っていった。残った、事務局長とY師匠は、ライズマンネタなどで、ヒマ潰し。ビールが無くなったので、イイチコのミニボトルを飲み、それも無くなったので、ウイスキーのポケットをチビチビやる事務局長。今日は、アルコールの分解も順調なのか、全然平気。と、いってもアヒル倶楽部じゃ、事務局長は弱い方なんだけどね。

 さて、午後5時になりました。目の前のヒラキでは何事も起こらない。渋滞覚悟だけど、とりあえず南下した方が自宅に近い。後かたづけをして、Y師匠は吉田川のイブへ。事務局長は三日市のイプへ向かうことに決定。それぞれ車に乗り込んで、お別れしました。

 午後6時に三日市に到着した事務局長。ライズを釣ったけど、全部シロハエだったのでがっかり。暗くなってからウエットをしたけど、当たってくるのは全部シロハエで、やっぱり、先の25pはまぐれの1発だったんだ・・・とガッカリ。国道に出たら、すんげー渋滞で、子宝温泉から山越えして、津保川まわりで帰るハメに。でも何とか1時間ちょっとで自宅到着。助かった。

 本日は、たのしかった。今度は石徹白でやろうぜ。