2003/05/17

 

ヘトヘト

 

5月17日() 今日はルアーのコー君と長良川本流でサツキマスを狙う。コー君は元々、ブラックパスとシーバスのバスマンだが、事務局長と知り合ってからトラウトにも手を出した。アヒル倶楽部の正会員でもある。コー君は一時、不調であったが、盛り返し、GWに大江川で41.と44のブラックバスを釣ったと鼻高々。ふふふ、サツキマスは甘くないんだぜ。何たって150kmを遡上する強者なんだ。それに食わない魚なんだ。

まー、ルアーはフライよりは確率はかなりいい。フライは何したらいいかさっぱりわからない。美濃市までなら、ダブルハンドのストリーマーの釣りだけど、これも5年くらい前に一時期、通ったがほほえんではもらえなかった。このあたりの事を話すとまた長くなるので止めます。

 まー、毎年の行事のよーなもんだから、マスが来た・・マスが来た・・・っていう感じ。すでに八幡で釣果があるので、八幡から大和町にかけての淵を探っていこう・・という計画。

 マス釣りにしてもなんにしても夜明け前っていうのが確率高いが、アヒル倶楽部なもんで、午前6時出発。早く行っても釣れるっていうモンじゃないとか言っちゃって、ただ単に起きれないというだけの理由なんだけど。コンビニに寄ったりして、アルツの長トロに到着したのは午前8時少し前。思ったより水が低いし透明度が高い。シビアな釣りになる・・・と思うが、マスに関しては元々シビアだから、シビアになるどうこう以前の問題だ。ここで1つ訂正があります。ブラッキー石川が、アルツ石川に改名したのに伴い、ブラッキーの長トロもアルツの長トロに変更します。過去の釣行記の「ブラッキー」もすべて「アルツ」に変更しました。

ルアーは支度が早い。フライは遅い。7番ロッドにタイプ1のヘッドを付けて、マドラーミノーとマーチブラウンを付けてやっとこせ準備完了。その間にコー君はヒラキにフローティングのシュガーミノー赤金7gをキャストしていた。事務局長が、足場が悪いのでというか、SHといえどもバックが必要なんで対岸へ移動する。と言うとコー君は上がってきて、「サツキいますよ。真ん中あたりで、ユラユラと定位してましたけど、反応無しです」とのたまう。魚影が確認できただけでももうけものだ。ここにいる。このあたりにいる。というだけども、心の支えになる・・・・。

 対岸へ渡り、彼は岩場の長トロへ。事務局長は広大なヒラキへ・・・。今年のテーマは、ヒラキのヒラキ、テールアウトをマドラーミノーと決意。毎年、淵の落ち込みから流芯、そしてトロとやってきた。落ち込みから流芯というのは、餌釣りがそうだから・・。でも、白鳥のルアーマンと知り合って、ヒラキをフローティングでドカンという話を聞いて、上記でやってみる決意をしたのだ。

 いざ、立ち込むと水は冷たい。それにウエーダーは穴空いているみたいで、チューってよけいに冷たい。川幅の半分はカバーしたいと、ランニングラインを引き出すが、年1回の行事では、感覚も忘れていて、ワッカにしたランニングラインはすぐに絡まるし、釣りにならない。距離を稼ごうと、知らず知らずのうちに立ち込んで、腰まで入ってる始末。さすが本流、水少ないといえども押しが強い。滑る。岸からすぐに深い・・・。萎えてくる。が、なんとか感覚も思い出して、釣りらしき格好になってきた。テールアウトまで、結構な距離がある。1メートルづつ下がっていく、途中の沈み石は丹念に・・・。しかし、何も来ない。外道でもくれば楽しいのに・・。萎えた。

 コー君のもとへ行くと、コー君も上がってきた。彼はバスもそうだが、一撃必殺というか、あまりポイントで粘らないタイプだから事務局長とウマがあう。「真ん中の大きな岩のあたりに投げたら、こっちまで、追ってきましたよ。目と目があったら、帰っていった」と、またのたまう・・・。

 ゲッ、ヤベー。このままだと釣られてしまう。前回の対決では(月見ヶ原のニジマス対決を参照)かわいそーなんで、ドローにしてやったのに・・・。ここでサツキを釣られては、もうこれから何も言えない・・。

長いので続きはこっちで