2003/05/24

 

庄川へ行く

 

5月24(土) 本日はアヒル倶楽部HPをご覧になっていらっしゃるという名古屋のSさんとの釣行です。この時期、真夏と違って昼間でも、釣りになるから当然、遅出でいい。ということで午前8時に起きて、現地に午前10時でもいいか?となっていましたが、先週コー君と行ったサツキマスが、40pの1kgでボヨヨーンとメダカさんのHPに載っていたのを見て、「うーん・・、おいらの読みはいいんだけど・・釣れないや・・」と、ガッカリ・・。もう1回やってみっか?と、急遽午前5時を決定。しかし、起きたのが午前5時で、それから現地へ行って、トランク見たら、あれま、先週使っていた#7のシングルハンドはケースだけで、竿は忘れて来ちゃった。せっかくリーダー新しくしたのに・・・。でも#10のダブルも搭載されていたので、またリーダーくっけて、アルツの長トロへ降りていく。やっぱダブルはいいや。でも、おおげさだなぁ。うーん・・、今日はメチヤクチャ、ルアーマンが多いぞ。もう、ここはクリクリ、シャカシャカやったあとみたい。前日巻いた、バブルヘッドのよーなマドラーのような変なフライは、何も誘惑せず、スイスイと泳いでくる。で、結局、こーいうのは、夜明け前だよねー。来るのが遅いねー。という結論。Sさんとは、午前7時半に、大和インター入口で待ち合わせなんで、1時間程度やって川から上がる。対岸へ移動して、流芯でライズするのを確認しようとしたが、いざ行くとライズしないのは、なんでだろー?

 約束の時間になるので、インターへ向かう。ほどなくしてSさんと合流。大和町の道の駅にSさんの車を置いて出発。本日の目的地の庄川源流へと向かう。牧戸の半野田商店で釣券を購入。すでに時刻は8時半。どーせ人だらけだろう・・・。と言いながら158号を東へ進む。ところが事務局長、久しぶりの庄川で、源流へ行く林道の入り口がわからない。「あれ?」を3回ほどやって、ようやく突入。魚止めの滝とその次の橋には釣り人がいたけど、その上流には見あたらなかった。というか、すでに入渓して帰っていったような感じ。まーいいや、適当に場所を選んで入渓。ここのところ雨が降っていないので渇水気味である。いちばん渓流釣りに良い季節。および山菜採りに良い季節なので、平日でも多くの人が入っているであろう。そんでもって渇水気味なれば、反応も良くない。平素はウエットフライを使う事務局長だが、今回、メチャクチャ撥水効果があるというフロータントを手に入れたのでそれを試す。よってドライを使う。結果、撥水効果はとても優れていたが、それが釣果には結びつかない。あたりまえか。時々、小さいのが反応するので、ウエットフライに変更。またバクチ的釣りとなり、大岩魚の巣のみを攻撃対象とする。源流なんで、そーいった場所は少ない。必然的にヒマになるので、まわりを見渡しては、山菜採りも同時に行いながら行く。いかにも・・という場所で尺岩魚がドロッパーに浮上したが、アワセに失敗して、上部の木にグルグル巻になってしまった。ウエットはドロッパー付いていると、トラブルの時に痛いね。

 戦意喪失したし、反応が悪いので場所替え。寺河戸まわりで、もっと上流へ入ることにする。山菜採りのおばちゃんに、「ここに車があった・・」と言われた場所から、下って入渓。しかし、やはり出ない。事務局長、ふと見るとヤマウドが3本。なかなかの獲物。しかし倒木やらなんやらかんやらあって、なかなかヤマウドにたどり着けない。2度ほど落ちてすりむきながらやっとゲット。

 

 時刻はすでにお昼になろうとしていた。一色川へ移動。さすがは一色川。フライマンだらけ。ここも上流へ移動。最終ゲートに車を停めて、とりあえず、オニギリとロング缶。ちょっとロング1本では足りないが、買おうとした三島酒店は臨時休業で、岐阜の自販機は免許入れるヤツで、なおかつ1000円札は無かったから、涙を呑んで我慢した。立ち食いそしていざ、出発。林道から川を見ると、イワナが泳いる。2.3匹・・・。いい型のもいる。ちょっとやる気が出る。もっと上流で入渓するつもりだったけど、ここで入渓。しかし釣れるのは20pもないよーな、ニッコウイワナばかり。不満。またウエットに変更。しかし、ネマガリタケノコに目がくらんで、捜しながら釣ると、トラブル発生・・。またドロッパーごと回収不可能に・・・。涙。仕掛けを作り直して、ネマガリタケノコもゲットしてからSさんに追いつくと、ちょうど彼はネットインしたところで、見たらヤマトイワナ系のまー、本日、これなら許せるか・・・というサイズ。白点少なく、顔つきが、田舎モノで、ヌメヌメ・ヌルヌル、尾は大きい・というヤマトイワナの血がとても濃い。いいなぁ・・・と事務局長。しばらくいくと、その付近最大の淵が出てきた。水面を見たけど、浮いている魚はいない。水面に張り出した枝がうっとおしい。流れ込みへウエットをぶち込んで、ちょっと沈めてからリトリーブ・・。そしてロールを打ったら、水面の枝にひっかかった。なんという失態。と、淵を見ると、尺はあるというイワナが何やら捜している。我が情けないウエットに底から浮上したのであろう。ガーン・・・。大失敗・・・。Sさんを呼んで、ドライを投げてもらうが、やはり反応無し・・・。そのうちいなくなってしまった。

 

 萎えた・・・。時刻は午後4時。クリフさんとの待ち合わせがある。彼は果敢にも、超難関の吉田川へ行っていたらしい。イブは長良川本流に出てくるとのことで、合流の予定になっていたのだ。クリフさんが待つという白鳥の本流へ行く。風が出て寒い。クリフさんは川原に腰掛けて本命のライズを待っていた。しかし、どうも外道のライズばかりで、なんとなーく結末は見えてきた。腰掛けていてもなんだからと、暗くなる寸前にちょっと投げて終了。長良川の本流は外道といえども、釣るのは難しい・・・。誰も何も釣れなかった。

 本日の反省会は、白鳥の中華料理店 「しのわ」で行った。クリフさんも事務局長も海鮮塩ラーメンが好物。3人で話が弾み、気がついたら午後9時になろうとしていた。クリフさんは明日も出撃の予定らしい。

 

山菜は太いワラビもとれて、ちょうど家族分くらいで、満足満足・・・。ウドはキンピラと若芽は天麩羅に、タケノコも皮をむいて天麩羅と煮物に。ワラビも天麩羅と煮物にしました。うまかった。