2003/06/21

 

サツキマスはいずこ?

 

6月21日(土) ルアーのコー君より、サツキマスをやりにいきましょう。とのメールが入った。事務局長もサツキマスはご無沙汰しているから、早朝1発やってみよか?と思っていたところであった。しかし、コー君、最近忙しいので、夜明けと共に川原に立てない・・と泣く。根性無しが・・と叱ろうとしたがアヒル倶楽部にその権限はない。それよりも長良川が気になるのでネットで水位などを見れば、なんと+60センチ?最高で1メートル増水していたみたい。どうやら上流部にまとまって降ったようだ。と、すればサツキは動く・・。ルアーによるマス釣りのチャンスだと思うが、それでも+60は高すぎる。まー明日になればもっと引くから+40くらいかな? と、いうことはそんなに早く行かなくてもいい・・・かも・・・ 事務局長もできれば遅いほうがいい・・・。

 結局、午前6時に出発と決めた。梅雨の合間の晴天で、すがすがしい。コー君の自宅に迎えに行くと、愛犬りゅうが散歩しいてた。りゅうの特技は何もないとの事。お手、おかわり、待て。くらいできるそうだが、なかなか味のある犬顔をしていた。

 

 美濃市に出て長良川を見たら、少し濁っていた。やっぱり+40はなめてかかれない。美濃市の長良川ではルアーを引いている人も見かけたが、郡上に入ってからは、それは鮎釣師の姿に変わった。と、いっても、この増水、鮎カケが出来るところは、限られていて、またそこはサツキも休むであろう?と思うようなところで、早い話、ポイントは鮎釣師に入られていた。

 大和町、白鳥町、高鷲村と回ったが、鮎釣師は増えるばかりで、どこも出来ない。そーこーしいてるうちに、どんどん日は上がり午前10時になってしまった。もー、こうなったら岩魚釣りに変更だぁ・・。鷲見川の上流へ移動し部落のハズレから入渓。昨日まで水が高かったようで、砂地にもその跡が見られた。そして先行者の足跡はなかった。うしし、これはドライフライでいただきだ。コー君と釣りをするときは対決になる。この規模の渓流ならドライの勝ちだろう。が、出ない。フライの下まで来るが出ない。ルアーはガンメタのスプーンを使っているコー君。彼のルアーはよく追うらしい・・。まずい・・。釣られるか?と思いウエットフライに変更。しかし、ルアーと同じで、追うがイマイチ食わない。増水の影響がまだ残っているのか、岸際のゆるいところでよく出てくるがメインのスジでは追わなかった。

 

 昼までやったが、バラシが数回のみ。コー君もバラシが数回と、まだドロー。お昼は珍しくカレーを作ることにしてあったので、源流部に移動する。コンビニ弁当だと、すぐに終わってしまうので、時間がつぶせない。アヒル倶楽部が、宴会をやるのは、イブまでの時間つぶしを兼ねているが、飲み過ぎて結局パーになってしまうのだった・・・。

 長良川源流の水を汲み、コッヘルならぬ今頃珍しい飯盒でまずご飯。カレーはシーフードと、タマネギと人参。適当に各種スパイスでごまかす作戦。ビールを飲みながら作り始める。切って入れてルーを入れて終わり。気合い入っていないので超適当。マジメに作れば本格的なインドカレーも出来る事務局長だが手抜き。で、出来上がったカレーは・・・・・・。

ご飯かたい・・。タマネギかたい、人参かたい、そしてやけに、辛いという、まー、まずくはないが、もろ手抜きが出てしまった。今度はちゃんと作るから、コー君許して下さい。ご飯がかたかったのは、火力にガスのバーナーを使ったのがいけなかった。ガスの超弱火は消えやすいから最小火力にできなかったので、焦げてしまったのと、水加減が少な目だったね。人参・タマネギは、炒めず入れたのがいけなかったけど、元々、かたいタマネギと人参だったよーな気もする。

 食い終わって、コー君はダウンでお昼寝タイム。事務局長はそのまま、源流を釣り上がっていく。高校生の頃からオヤジ君と共によく入った谷だが変わってしまった。釣れるのもニッコウになってしまった。マタタビもサルナシもたくさんあったが、無くなってしまった。1時間半ほど釣り3匹。落としたのは10匹以上。すべて15pから大きくて20p。(タル規格で  ”Rサイズ” と言うらしい) コークンが待っているかも?と思い車に帰る。と車がない・・よく見ると、木陰に移動してそこでコー君が爆睡していた。

 

 午後4時。下って長良川本流を見る。水はずいぶんと減っていたが、その分、鮎釣師が増えていた。夕方までの時間つぶしに、内ヶ谷へ行く事にする。峠を越えて下って、2年ぶりに見た内ヶ谷本流は埋まっていた。ポイントも無く林道を水が流れているような感じになってしまった。底がジャリというのはいただけない。竿も出さず引き返す。

 また本流にもどり、さらに下って、アルツ石川の淵に来ると誰もいなかったので、ここでやることにする。この時点でコー君も事務局長もすでにダレダレ・・。事務局長はコークンにルアー投げまくってもらい、その間、寝ようとする。コークンもダレているので、ウェーダーもベストも着ずにロッドのみ持って川原へ。適当に投げて巻いていると、デカイサツキがあとを追った。それを見た、コークンに火がともり、急いで車に戻り本気モードに突入。それを聞いた事務局長も、ダブルハンド持ち出してヒラキへ。そのヒラキでは、鮎が水面を飛び跳ねる。鮎を追う何かが、確実にいるのだ。

しかし、その後30分。コークンにも事務局長にも何も起こらなかった。甘くはない。もう少し水が低いと流しやすいのだけど・・・と言い訳。

 

 帰りは、昼に食った、かたいカレーが消化不良でなかなかお腹も空かず、コークンが持ち帰りの500円袋を買うというので柳家に寄り、そのまま帰った。カレーのように、釣りも消化不良だった一日でした。