2003/08/02

 

やるときゃぁ・・やる?

 

8月2日() 昨年から事務局長の門下生になった?ダイユー君。フライは初心者。一人前のフライマンに育てるつもりはないし、アヒル倶楽部の事務局長に教えてもらうからイッチョマエには育たないが、あのアルツ石川よりはマシにはしたい。ダイユー君を誘ってアヒルX谷・下段の部へ行くことにした。

アヒルXは春先はよいが夏場はあまり釣れない。本来なら午前5時前に突入なんだけど、連日の酷労の為、起きられない・・。で、結局午前8時にアヒルX付近で待ち合わせ。ダイユー君の車を出渓地点に置いて、入渓地点に戻り支度をしていざ行かん・・。

 

アヒルX谷・下段の部は半日コース。今日は夏期集中講座なんで、2人での渓流の釣り方や、釣り上がっていくポイントやルートの選択とかを講義。ダイユー君のリーダーを見て驚いた・・4Ftくらいしかない・・。どうも馬瀬の谷でチョウチン釣りをしているようだ。「それはフライフイッシングとは言わない・・」と手厳しい事務局長。その場で交換させる。せめて竿の長さくらいは欲しいし、小さな谷でもそれくらいのリーダーはコントロールできなくてはFFの道具を選んだ意味もない。

 

アヒルX下段の部の前半はゴルジュ帯。滝が連続する。3つ目の滝の脇で事務局長の#10番アダムスがフッと消えた。釣ったのは純粋なヤマトイワナではないだろうが、ヤマトイワナの血がとても濃いと思われる尺岩魚。でかい尾びれが印象的。

入渓地点から釣り上がってきたが、やはり夏は渋い。魚の気配はするが、出てこないという感じ。ダイユー君には先行してもらいポイントへのアプローチの講義。何カ所か出そうなポイントもあったし、出たポイントもあったけど彼はノーヒットに終わった。

 時刻は午後1時を過ぎていた。そそくさと川から上がり入渓地点に戻り、コンビニ弁当。ダイユー君は夕刻には自宅に戻るとのことで、すぐに第2ラウンドへ・・と思っていたが、バカ会社の悪口を言い合いながら過ぎてしまう。会社の悪口っていうのは時を忘れる。

 

 ダイユー君とはここで別れて、今日の目的のひとつであった高鷲のケイチャンを仕入れて事務局長も帰宅することにした。