2003/0/13

 

アヒル倶楽部的 Bバス釣行 顛末記 by コークン

 

8月13日() 今年初のフローターということで気合入れて矢作ダムへ兄貴ともう一人連れと朝6時に出発。(アヒル倶楽部なので気合入れても6時?!) 

台風の後で濁りや増水などの心配しながら8時前に第二矢作ダムへ到着。なんとそこはコーヒー牛乳状態!これはダメと思い上流へ移動。

 第一矢作ダムも同じ状態でインレットのきれいなところを探してさらに上流へ。するとコーヒー牛乳の発生源を発見!!なんと工事をしてるではありませんか。それならばそれよりもさらに上流へと向かうが今度は流れがあり断念。せっかくここまできたのにと思いながら次の場所を探すことに。

 

 気合を入れ直し阿木川ダムへ向かう。今度こそとダムを覗き込むとなんとアオコが大発生!!ここもダメか?と思いながらやれそうな場所を探してダムをまわる。ここは何とか行けるかな?という場所に到着し様子をうかがう事に。するとそこには1台の覆面パトカーが停まっていてなんかあったのかなと思い見てみると車1台の前に4人くらいの警官が現場検証しているではありませんか。しかも1人は名前付きの札をぶら下げて記念撮影を。そしてダムを見ると1機ヘリが飛び交っているし・・・なんか不気味で阿木川ダムも断念。

 

 今日は無理なのか?と思いながらフローターをやれそうな場所を探し、阿木川ダムの近くの野池に到着。そこはかなりよさげの場所でなんか釣れそうな感じも。アプローチできそうな場所を探して溜池を周る。ちょっと車で行くにはきついかな?という場所になり兄貴ともう一人の連れが歩いて様子を見てくる。とのことで車から降りて行ってしまった。自分は車の中で待機。しばらくするともの凄い形相で2人が走って帰ってくるではないですか。なんかとってもいい場所を見つけたか、見えバスでも発見したのかなと思いながら、2人が車の中に飛び込んでくる。「どうした?なんかいい場所でも見つけた?」と問い掛けると「野犬の群れを発見した!」とのこと慌ててそこの場所から撤退しました。

 そしてようやく出来る多治見の野池に到着したのが11時半。ちょっと早めではあるが移動疲れの休息を兼ねての昼食タイムとする。前日に事務局長から高鷲ケーちゃんを購入していてケーちゃんパーティーを始める。軽くビールを飲みながらうまうまのケーちゃんを食べて体力回復。お腹一杯になったところで入水準備を始めフローターに空気入る。ようやく準備も終わり水の上に浮いたのが13時。とりあえず対岸まで行くことに3人は向かい始めたが、兄貴が大きく出遅れている。どうしたのかと後で聞いたら足ヒレが外れたらしくもがいていた模様。

 なかなか思うように釣りが出来ない3人。なんとか対岸まで着いてようやくフィッシングスタート。がしかしなんかあまり釣れる気がしない感じ。それでもブッシュの奥やオーバーハングを狙うが当たりはなし。ようやくあった当たりがギルの当たり。そうこうしているうちに雨がポツポツと降ったり止んだりで木の陰に隠れながら雨宿りを繰り返すこと数回。しばらくすると雲行きが怪しくなってきて分厚い雲が接近してきたので戻る決断を強いられる。急いで戻って半分くらいまで来たら予想通り大粒の雨が降りだしたのである.。肌を突き刺す雨で半袖の腕が痛い。ようやく岸に着いたら小降り状態になるがしばし休憩をとる。その後片付けや、フローターの乾かしなどを考えてそのまま撤収となる。時間は15時半頃で実質水に浮いてたのが2時間半くらいだった。なんか不本意なフローターで終わってしまってちょっとショック。

 

 すべて片付けが終わったのが17時くらいで日没まで少し時間があるため久しぶりの入鹿池に向かう。これまた雰囲気は釣れそうなのだが当然のことながら3人ともボウズ。辺りも薄暗くなってきたのでそのまま納竿となった。なんとも波乱な釣行でした。今度は新たな場所でフローターリベンジを誓うのであった・・・

 

アヒル倶楽部事務局コメント

おつかれさまでした。こういうレポは読者に元気を与えますね。これぞアヒルのレポです。まー、そのうち管釣にウサはらしに行きましょう。