2003/09/08

 

不完全燃焼

 

9月8日(月) 前日、オヤジ君と事務局長が釣りに行ったけど、お荷物しょっていので、まともに釣りもできず、超・不完全燃焼。事務局長は、嫌々、仕事へ向かったが、オヤジ君は、こっそりと行く。「オレは誘ってやったのに、どーいうこった?」って、ヘトヘトに疲れて仕事から帰ってきた事務局長は、オヤジ君の話を聞いて憤慨する。

 

前日の不完全燃焼で再度走ったオヤジ君は、高鷲村の実家へ到着。すると家を継いでいる、実弟が、なんでも仕事が休みとかで、在宅中。久しぶりの再会で、ビールを飲んで話し込み、知らぬ間に、昼になり、飲み過ぎて、昼寝になり、気がついて、「そうだ釣りに行こう・・」って午後3時。じゃぁ、出渓地点に迎えに来てもらう段取りをして、目の前の川に突入。こっそりと、事務区局長室から、デジカメも拝借し、いいのが釣れたら、パチリとしようとしていたらしい。

 実弟と話しながら、ウエーダーを履いていると、左足はウエーダーを履いて、シューズを履いたが、右足は、そのままシューズを履いたので、再度やり直しで、寄ってきた親類縁者に笑われてから出撃。アヒルX谷下段の部へ。事務局長が尺を釣ったのなら、オレは35pを釣る。

 滝の手前の新淵(忍者淵)で、オヤジ君の自作・高鷲伝統テンカラに35pは有に越す大物イワナがフラッと出てきたが・・・・。

 

 

すっぽぬけ

 

 

ジダンダ踏んだがもう遅い・・・。あれをしとめていれば、忘年会で大きい顔出来たのだが、残念。その後、20p程度のイワナを3匹釣りあげたが、全然うれしくないから、ポイポイとリリースして、デジカメもせず。唯一、サラシナショウマという野草が咲いていたので、パチリとやり、HPのネタとしたが、まぁ、どーでもいいや。

 

午後5時に上流に迎えに来た軽トラに乗って帰る。またしても不完全燃焼・・・・。