2004/03/20 

またしても・・・

 

3月20日() ルアーのコー君が、「サツキマス用のスピニングを買ったから竿おろしがしたい」って言うので、じゃぁ、初回から釣れない不運なロッドにしてあげよう・・・ってんで、プロデュース。まず、阿多岐ダムのバックウォーターなどに行って、ボーズとなり、次に、長良川本流で、これまたボーズという豪華なツアーに誘う。

 通常、世の基本としては、早朝に流れこみに魚がやってくるという事だけど、その時間に湖畔に立つということは、逆算して午前4時出立となるけど、それはアヒル倶楽部にはできないから、よくふんばって、午前7時とした。午前9時に現地到着。本日、どんより曇って、寒い。気温は7度と道路脇の温度計は示していた。餌釣りの先客が2名いて、1名は帰るところであった。餌釣りさんは、流れ込み出はなくて、旧道を下ったところの馬の背が湖面に落ち込む場所で竿を出していた。帰っていく人は美しいシラメを、1匹、釣っていた。

 最近、釣れるのは20p程度のシラメだ。以前は尺近いのも釣れたけど、それは過去の話だ。向こう岸のコンクリートの護岸あたりでは、イワナも釣れる、おらぁ、昔々40pを釣ったことがある。との話。まぁ、早い話、今は釣れないダム湖という事か?

 せっかく来たから竿を出す。事務局長は、7番のシューティングヘット。練習のつもり。でも、フロロリーダーも買ったモンネー。2.3投はウキウキするが・・・・・

 

 

 

30分後、に飽きた。

 

寒くてかなわん。コークンは昔々40pが上がったという対岸のコンクリートまで、行ったけど、これまた、何のアタリもなくて、早々に帰ってきた。撤退ということにした。

 

次に白鳥町の長良川本流へ行く。ここで、お昼まで時間を潰す作戦。シューティングロッドはやめて、普通の5番にして、どーせ、ライズもないだろうから、ニンフなどやりましょう。とするが、インジケーターがないのに気がつく。困った。靴下がウールだったし、ぼろかったので、チョキチョキして、インジケーター(インジ毛糸)を作ってそこらにぶち込んで、垂れ流していた。

コークンは流れこみに行ってしまった。午前11時半になったころに、薄日がさしてきて、キンパクの羽化が始まったのか、キンパクがヨタヨタと飛んでいたり、ユスリカがフニャーンと飛んでいるのを見るようになる。と、あっちがわのタルミでライズが・・・・。魚体をあらわにしてのライズは、まさにシラメであった。

で、せっかくのインジ毛糸を取り払い、8Xまでつないで、フローティングピューパなどを投げるけど、こっち側は本筋なんで、どーしてもラインがまたぐ。あっち側へ移動すればいいけど、めんどくせー。でも、ライズはそれっきり。まー、いることはわかったから、そのうち出るかも・・・・。

と、投げまくり。ストーンのアダルト#18でバックリ出たけど、かからなかった。でも、あれは、外道だと思うなぁ・・・。そのうち、また雲が厚くなって、時々、小雨も落ちてきたし、ハッチもなくなったから、お昼とする。

しのわという中華料理屋で、ラーメンとチャーハンを食べて、八幡から北上してきた、双子のパパさんと落ち合い、しばらく談義して彼と別れ、なんとなーく、戦意喪失した気分で各淵を見ながら、なんとなーく、帰路についたら、午後4時に自宅到着という結果になっちまった。