2004/03/25 

坪さんの プチ釣行記 

 

3月25日(木) 午後から野暮用一つを速攻でかたづけて高速に乗った。タルさんからの放流情報を頼りに栗巣川へ。平日なのに釣り人が多い。何とか入れそうな場所を見つけて竿を出してみた。魚が見えるとのことだったが、見えないしあたりもない。堰堤の上が空いたので移動する。散発的にライズがあるが、ドーモ外道くさい。時々アマゴらしいライズも混じるので、狙ってみた。ところが3連続ムーちゃん釣ってギブアップ。とりわけ出来の良かったノーハックルサイドワインダーをくわえた最後の奴なんか8センチもない。魚にさわらないようにはずしていたら、ウイングが壊れてスペントイマージャーになっちまった。釣り師が居なくなったので堰堤の下へ降りてみた。流れ出しの切れ目でバシャッと飛沫が上がった。これはアマゴでしょう。3度目くらいで出た。こいつは20センチほどのシラメだったが尻尾まん丸の放流君でした。まあ、放流情報を聞いてきたんだから、当然と言えば当然です。少し釣り上がってみたら、ちびアマゴが食いに来る。そのうち如何にもという場所でヒット。
これは見え見えの放流君ではなくて、銀色の取れかけたヒレのきれいな魚だった?稚魚放流君かも?時刻はもう4時をすぎた。今日は郡上でにごり酒を買うことも目的の一つなので、郡上へ。この「積翠」っていうにごり酒、掛け軸さんの「牛道の雫」のような発泡タイプでうまいんだよ。
売ってるところは威張った蕎麦屋の近く、肉桂玉屋の隣の造り酒屋です。偶然買って帰って飲んでオイラも嫁さんもおどろいた。季節物なので3本ほど追加で買いに来たわけです。
一本は伸チャに進呈したら、泣いて喜びましたよホント。

まだ時間はある。吉田川を覗きながらいつの間にか気良川へ。アマゴ釣り場の少し上、橋から釣り始めて、堰堤を2つ程乗り越えたところでヒット。これは天然でしょう。エラが大きくて、ヒレも立派。薄暗くなったところでフキノトウを10個ほど、天ぷら用に採り、フキミソ用に少し開いた奴も採って帰りました。

アヒル的でなくて申し訳ない。