2004/03/28 

法事の日は、釣ってはならない? 

 

3月28日() 法事の為に高鷲まで北上の事務局長。しかし両親のみ出席で、早い話、運転手。で、法要と食事が終わるまで、白鳥あたりで、ライズでも狙おうという計画。先週、コー君と来たとき、天気悪かったけどライズあったし・・・。1週間経ってるし、いい天気だし・・。ウシシ・・

 

10時半にお寺に送りつけて、さっそく白鳥の二日町辺りに行くが、全然、ライズなんて無い。今日は、本流のライズ狙いだから、ヒチノスケも同行。そのあたりの川原で遊んでいる。

ライズ待ちの間は、缶ビール飲む。1時間経過したが、1回も無し。ハッチも無いようだ。

つまらないから、八幡にいる、双子のパパさんに、いたずらメールなどして暇を潰す。

「今、ACFC-Y師匠と、高原だよーん。コカゲのライズで、パコバコだよーん」

などと迷惑メールして遊ぶ。

一向にラチがあかないので、「しかたない・・・釣り上がってみるか・・」っとウエーダーを履く。

が、何も釣れず。ニンフなどもやってみるが、外道も来ない。まじめに極細ロングティペットのドライなんていうのもやってみるが、出ない。今日は、アヒ丸3号の初場所・初日なのに・・・。月見で、タルカスさんのフライを着けてもらって、やっとこせ最後に1匹釣ったという伝説の竿なんで、ひょっとすると釣果に恵まれない宿命の竿なんだろーか・・・。ひぇー。

釣れないのはおいらのせいじゃないワン。ちなみに石の上は冷たいのでシッポを座布団にしてます。

 

お昼になったので、先週ライズ見た場所に行き、ヒチノスケとお昼ご飯を食べながら、ぼんやりと過ごしていると、ハッチが・・・。コカゲも、マダラも、カガンボも流れてくるぞ・・・。セキレイも飛んできて、補食している・・・。でも、ライズは無い。外道もない。ない、ない、ない、ない、ない。

まー、しかたない。と、言いつつ、投げてみるが、一度も出なかった。

 

午後2時になったので、終了。送迎に行く。

親類縁者から、「釣れたか?」との問に、いちいち説明するのも面倒だ。だいたい、彼らは酔っている。皆、まとめて話すから、一人づつ、聞くな。めんどくせー。

 

帰りに白鳥の隅っこにやって来た、双子のパパさんに会いに行く。そこには、本日、初めて見るライズが・・・。散発だが、いいなぁ・・・。パパさんの続きは彼のHPで。

 

帰路は結構、混んでいた。裏道走り、三日市。ひょっとしてウッピーがお忍び?と思ったら、そこには坪さんがいた。何やら、1回ライズを見て、ロッドを取りに車に戻り、ロッドをセットしたら、ライズはしなくなったという、アヒル倶楽部的ストーリーらしい。ちなみに彼は今日も栗巣・・・。

もう少し、待ってみる。という坪さんを残して、「カラスのフンでも水面に落ちたんだろう・・・」と言いながら、家路を急ぐ事務局長であった。