2004/05/02

 

 

事務局長はたいへんだ

 

5月2日() アヒ丸4号・ダック鈴木バージョンの修理がようやく終わって、テストの為にアヒル谷へはいる事務局長。ダック鈴木は、馬瀬の松谷とか、馬瀬上流くらいの谷にしか入らねーだろうから、谷で使えないと困るんだ。今回はアヒル倶楽部工作教室の生徒の中で流行っている?100円ショップ・ダイソーに売っているへんな竹の先っちょを使うというタル丸ロッドのメソッドでやる。できあがりは、まーまんとか使えそうだわい。でも道路で振ってみても、いざ谷で・・となると、前回のように5分でポキリって事もあるから、しゃーねーなぁ・・・・行くか・・・って事になった。(アヒ丸4号の修理レポも涙なくしては語れないので工作教室にそのうちUP予定)

 と、まぁ、ダック鈴木絡みで仕事が増えたが、これとは別に、ライズマンっていう最近しょげているヤツから、「わて、タラ芽っていうのが食べてみたいドス」っていうメールが来て、翌3日はヤツの為に山菜・天ぶら宴会となってしまった。その食材さがしも兼ねている。

 

午前8時に、またまたアヒルX谷に到着。こんなマイナーな谷にも先行者の車がある。世の中に知られていないポイントは無いのだ。トーゼンだが。先行者の車のボンネットは冷たかったので、早朝の餌釣師と思い、そのまま入渓。どっちみち場所変えても、人だらけだし、テストだけだからいいの。

アヒ丸4号改良版のテストは順調で、石を、パコパコ釣り、枝をパコパコ釣りましたが、今回は折れずに納得。リーダーキャストもちゃんと出来るし、言うこと無し。モチッとした感じでいいです。

気を付けて使えば、折れないでっしゃろう。

肝心の釣りは、朝も寒いしドライでは全くの反応無し。GWに入ってから、ひっきりなしに入っているだろうし、本当は水温が上がるお昼が良いと思うが、お昼は、本流に出て、ライズがとりたい。

 

しばらく釣り上がるが、もうあきらめた。途中、タラメのいいやつを2本いただき、コンテツも・・と思ったけど、ちょっと今年は早いな。例年だと、いちばん良い頃だが、成長が遅い。

 

行程の半分くらいまできたら、新品の足跡を発見。もう先行者は近いのだろうか・・・。見上げたら林道がみえたので、急斜面を登って林道へ。途中、タラメを1本見つけていただく。ライズマンが食べるくらいは確保できてやれやれ。

 

車に戻って双子のパパさんにメール。彼はもう、25p級を2匹も釣っていた。パパさんのHPでどーぞ。

もう少しタラメとか、山菜が欲しいので、あちこちの山を巡って、なんとか明日の食材はゲット。それにしても人ばかり。ってオラもそのうちの一人だが。

 

昼に、本流に出て、双子のパパさんと合流。天気は1日が快晴で、当日2日は下り坂。昼から曇って肌寒い。昼飯を食べて、少し、ライズを待ってみたが、釣れるようなライズは起こらず。当てにしていた極秘ポイントも何もなくて、「おらは、明日のライズマン激励会?の準備があるので帰る」ってパパさんに告げて、そのまま帰宅と相成りました。