2004/06/13

 

パカ会社の毒抜きと、アヒ丸7号入魂 

 

6月13日()  サツキマスをやらねばならない。午前3時に出発し、夜明けと共に攻撃開始。という段取りでアラームをかけた。しかし、起きるには起きたが、前日の台風崩れの温帯低気圧が100o近い雨を降らせたのと、その後、大陸からの高気圧が張り出してきて、温帯低気圧に吹き込むから、冬型のような感じで、ひどく風が吹いている。高揚していた気持ちはヘナヘナとなっていて、「そんじゃぁ、寝るか・・・」とまた熟睡してしまった。

 午前7時。天気快晴なれど、上記の風は収まる気配なし。だが、せっかくのお休み、一週間の毒抜きをしないと、毒が体内に蓄積されてしまう。その気持ちの方が釣りをしたい・・・という気持ちよりか、はるかに強いのが情けない。

 まぁ、健康の為に行くか。と、ボチボチ支度。弁当をこしらえて、午前10時前に白鳥に向かって出発した。

 

 美濃市で長良川にご対面。だいぶ水位も落ちたが、それでもプラス40pくらいか?少し水に色が付いている。白鳥までいけば、もっと減るだろう。それにしてもいい天気。雲一つ無い。そりゃそうだ、強風だもん。フライにとって何がイヤだといったら、やっぱり風だろう。特に、本流なら、なおいっそうだ。そんでもって、デカイフライをSHで投げると、やっぱりこわい。

 大和町あたりで本流を見ながら適当に入る。時刻は11時少し前。そんなもん、釣れるわけないです。立ち込んでも押しも強いし、風は巻いて吹いて来るし、帽子は飛ぶし。なんかこう、独特のかもし出される気配っていうのが無い。時々ライズするのは、鮎のようだし。群馬のバカ鮎?

 でも、事務局長としてはめずらしく、12時半までアチコチ探って頑張りました。

 

 まぁ今日は、これくらいにしておいてやるぜ。って捨てぜりふを残して、一般渓流へ移動。本日、丸竹ロッドのアヒ丸7号の入魂の予定なのだ。アヒ丸7号、これもいろいろあったけど、何とか実用範囲内の竿になった。事務局長にしては、めずらしく、ゆっくり作ったので、曲がり直しも満足。予定より幾分スローだけど、申し分なし。

 石徹白へ行こうか?と思ったけど、午後から券買うのも何だし・・・水も多いから、また鷲見川の上流へ行くことにした。いつもの入渓地点には、地元の軽トラックが止まっていた。どうもヒロのようだ。あいつが入ったならこのあと見込み無いから、もっと上流というか源流に近いところまで移動。最後の堰堤のプールで、遅いお昼ご飯。はっきり言おう。日清の麺の達人はうまい。缶ビールは今日はやめようと思ったが、やっぱり2本買った。しあわせだ。バカ会社の毒が抜けるようだ。

 午後2時少し前に、おもむろに谷に入る。平素は水も少なくて、あまり来ないが、今日は魅力的な谷である。19pのアマゴをドライで釣る。ちょっと小さいけど、初物だからデジカメしよう。が、電池切れ。まぁいいや。その後、同サイズをもう1匹釣り、今度はウエットに変更。ウエットも無難にこなして、20pの岩魚を3匹追加。アヒ丸7号は、事務局長のメインロッドとなるであろう。この谷のアベレージサイズかな?

 3時半まで釣って、谷を抜ける。帰ろうか?と思ったけど、もう少し毒を抜いて、なおかつ、明日からの毒入りの毎日の為に、免疫を高めなくてはならないというか、ワクチンの為に、もう少し釣りをしようと思う。多少釣れて、気分もいいし・・・・。

 また、長良川本流へ移動。SHロッドを出して、再度、挑戦。が、何も起こらず。鮎が跳ねているだけ。今年の解禁も間近だ。解禁直後は群馬のバカ鮎で、フィーバーするだろう。

 さて、午後5時。吉田川へ移動と決めた。せせらぎ街道に入り、坂本料金所手前の大堰堤直下に降り立つ。が、吉田川、水多い。ほとんど白泡。対岸近くをやりたいが、流される恐れアリ。とビビるほど。水も冷たい。シューズを通して、足が冷える。多少のハッチがあるが、ライズを誘発するほどではなかった。それもすぐに終わった。

 午後6時半。さて、帰るとするか。あちこちやって楽しかった。