2004/07/15

 

プチ牛道イブ by 坪 

 

7月15日(木) 野暮用が終わったのが4時過ぎ。
「高速使って今から行ってもな〜」とは思ったが、アヒルのHPでは未だ知らぬ牛道川が話題になっているし、高速からも近い。意を決して飛び乗った。
現地着は6時少し前だった。太陽と山の位置によるのかなんだか薄暗い感じがする。
情報ももらってないしどこから入って良いのかさっぱり分からない。道路から橋が見えたので「あそこでいいや」と決めた。
神社の脇に車を止め、川に降りて釣り始めた。少し行くと良さそうな落ち込みがあった。巻き返しにフライを浮かべては打ち直し、3回ほど打ち直した時、黄色い腹が見え魚体が反転した。すかさず合わせたが、かすかに引っかかった感触を残し魚は消えた。少なくとも居ることは分かった。それもなかなか良いサイズだったようだ。
50メートルほど先、決して一級ポイントでもなさそうなたるみにキャストすると、フライがすっと消えた。今度はフッキングした。引きが強い。一つ下の落ち込みに走られたが、ロッドで支えながら移動してネットですくうことが出来た。あくまでも「アヒル的には」の話だが、思った以上に大きなイワナだった。計ってみると26pだ。笑われそうだが、ネットに収まった姿からはもっと大きいかと思っていたのだ。なんといっても尾びれが大きくて力強い。高速代を払ってここまで来た甲斐があったというものだ。
その後は15pほどのイワナを2匹釣り、7時を回ったあたりで暗くなってきて川から上がるしかなくなった。雲があったせいもあるが日没もすこし早くなってきたのだろうか。
うーん、牛道川、また来たくなってきたぞ。