2004/07/19

 

ミミズ恐るべし・・・・ 

 

7月19日() 本来なら石徹白で焼肉大会のはずだけど、福井県に災害をもたらしたあの豪雨のおかげで、石徹白は180oの大水でパーになった。坪さんは木曽に逃げると言うが、事務局長は午前4時にはとても起きられないのでリタイヤしてしまった。

 

が、一日、何もしないというのも、つまらん・・・。

 

オヤジ君も、つまらないというので、「では、どこかへ行こうか?」ってとりあえず出かけた。水が出たので、ミミズだろう?ってオヤジ君は、白鳥のメダカ釣り具でミミズを購入。石徹白がどんなものか見に行く。石徹白は、まだ雨が降っていた。本流はゴーゴー流れていた。水の色も白くて、とても釣りになるような感じでしなかったので、「じゃぁ、鷲見の奥にでも行くか?」っんで、石徹白をあとにした。

 

自宅の熱さから逃れるためにやってきたので、まぁ、どこでもいい・・・・。部落の一番奥に入る。

ミミス゜には、稚魚アマゴが盛んに食いつくが、ドライフライはまったくダメ。うるさいくらいに出ると思っていたが以外だ。ウエットに変えて、17pくらいのイワナを3匹釣った。後ろから来ていると思ったオヤジ君を待てども、全然来ないので、これは、別の場所に移動したな?と思い、入渓点に戻ると、車がなかった。林道を歩いて上流に行くと、出渓予定場所に車がとまっていた。ここで、事務局長が出てくるだろうとの配慮であるが、「ちょっと下流を釣ってから、追いつく・・・」っと言っていたオヤジ君が来ないので、ワザワザ戻った事務局長。裏目に出て、林道を歩くハメになってしまった。

林道から下を見ると、オヤジ君の竿が見える。しばらくすると20pくらいのアマゴを釣った。笛を吹いて呼ぶと、上がってきた。「全部、アマゴだった・・」っという。

 

少し上流にある堰堤に車を停めて、おにぎりを食べて、ここから少し釣ってみる。あいかわらず、ドライフライには全然でない。というか、追っては来るが、食いつかない。ミミズは一発。ウエットのターンも追うが食わない。が、ミミズは一発。そんでもって、アマゴはばかり。

イヤになって、事務局長は早々に脱出。その後、オヤジ君は22pのアマゴを釣った。今年のアマゴはやけに、朱点が大きくて、けばけばしい。小さくて深みのある赤点っていうのが上品なんだけど、牛道で釣っても、なんかケバケバしいのが多い。

それにしてもミミズの効果はてきめんだ。ウエットは追うが、最後にどうしても、見られてしまい、帰られる。流し方が悪いのと、ソフトハックルのフライを使えば良かったかな?

 

今日は、アヒたま鈴木も出撃で、こっちに向かっているはずなんだけど、また例のごとく、音信不通になった。切立方面か?ってんで、アヒたま鈴木が言う、「切立から白鳥に向かう林道」っていうのを通ってみるが、これが大いに時間を無駄にして、牛道川でのイブもやらずに、なんとなーく、帰ってしまった。

 

あとからアヒたま鈴木にたずねると、「鷲見川の下流にいた」との事。あのあたりなら携帯は通じるはずだけどなぁ・・。それで鷲見川を釣ったが、イワナがたくさん釣れた。そーだ。で、アヒたま卒業らしいが、どこにも証拠がないので、もう少し、アヒたまをやって頂くことになりました。