2004/08/14

 

オリンピックよりも釣り by 坪さん

 

8月14日() 一応お盆休みでもあるので夜更かしをしてオリンピックの開会式でも見ようかと思っていた。しかし「今から出かければ朝一で釣りが出来、渋滞する前に帰って来られるぞ。」と
いう気持ちがわいてきた。こうなると矢も楯もたまらず午前3時半に出発した。
 暗い中高速を飛ばして着いた先は庄川上流。前回、局長、掛け軸さんと入った時に出渓したポイントから上流の橋まで釣るつもりだった。幸い先行者の車はない。水たまりがきれいだったので、この先にも居ないはずだ。車を止めると虫が飛んでいるのが見えた。屋根の上に止まったのはメイフライのスピナーだ。時刻は5時半。
 早速支度をして川へ降り、メイフライのスピナーフライを結んだ。ロッドは先日掛け軸さんに無理を言って交換してもらった白鳥ロッド山翡翠だ。心細いので今日は剣鉈も腰に帯びた。
 釣りはじめてすぐにアタックがあった。すぐにバラしてしまったがこの前とはまるで違い、それらしいポイントで反応がある。開きに定位している魚もあるようで、走られる事も多い。最初に釣ったのはイワナだった。22センチは超えていて、ティップの繊細なロッドなので引きが楽しかった。
しばらく釣り上がっていくと瀬でライズを発見した。ただ厭らしい場所で、少し飛びすぎると木を釣ってしまいそうだ。新しいフライに替えて慎重にキャストした。おっと、いけない手前すぎる、もう一度。今度もまだ足りない。またライズした。良かったまだ気が付いていない。三回目。今度は良いところに落ち、うまく流れている。フライが消えた。軽く合わせると掛かった。意外に引きが強い。慎重に寄せてネットですくった。ヤマメだ。計ってみると23p強だった。よく引くわけだよ(ちょいとレベルが低いか)。
その後も23pのイワナが釣れたりして、結局15センチ以下を除外しても10尾以上を釣った。
自分としては快挙ですね〜。ホクホク。
途中気分良く釣っている時に突然山側の藪がガサガサと揺れた。驚いて咳払いをしたら猿だったようで、2、3カ所からキッキーと威嚇する声がした。目を合わさないように、知らぬ顔をして、しかも急いでその場を離れた。イヤー、怖かった。猿の群れに取り囲まれて怖い思いをしたという話は聞いたことがあったが、そりゃ怖いだろうと思う。

日差しが強くなり暑くなってきた頃出渓ポイントに着いた。9時半を過ぎていた。川から上がり、まずビールをプシューとやった。んっまーい。これが堪らないんだよね。途中で買ったにぎり寿司を少し食べた。車を運転して峠を下りていくとなんだか足が痙って痛くなってきた。インターのそばに桜花の湯があることを思いだし、入っていくことにした。
のんびり温泉につかったら、生ビールが飲みたくなってきた。生ビールを飲んでいたら、ざる蕎麦が食べたくなってきた。ざる蕎麦を食べていたら眠くなってきたので、休憩所で一寝入りした。
気持ちよく目覚めて高速に乗り、関で下りて各務原あたりを走っていると、前をどこかで見たような車が走っている。あれれ、アヒル倶楽部事務局長だ。同じく朝からどこかへ入った帰りだろうか。合図して言葉を交わし、事務局に寄ることにした。事務局でビールを飲みながらあれこれ報告していたが、また眠くなったので早々と帰宅した。