2004/08/22

 

チーム・アヒル・アユ結成?

 

8月22日() ずーと雨が降っていない。だから、渇水だ。暑いし・・・。どーせ山に入っても釣れないし。ウダウダしてたら昼だった。あっ・・・ヒルだ。、アヒル倶楽部。

 

アヒたま鈴木は、午後から、長良川中央にアユつりに行く。事務局長も同行するが、こっちは、焼肉とビール係。2人では寂しいので、タルカスさんに連絡して、同行してもらう。というか、本当にアヒたま鈴木が来るかどうかわからないからなぁ・・・。

 

午後3時にアヒたま鈴木、ウソつかず、事務局に現れて、缶ビールなと゜買って長良川中央管内の千疋へ行く。すでにタルカスさんは現地到着らしい。

遅れて、事務局長も出発。本日、アヒル倶楽部・会員番号3番のヒチノスケ(雑種犬・2歳4ヶ月)も同行。というか強制連行。アウトドア犬としての訓練の一環として、長良川での水泳訓練。ヒチノスケ、本日、初泳ぎナノダ。

 

遅れてきた事務局長が到着したときには、上のような状態だった。アヒたま鈴木はロング缶を手にしている。タルちゃんは、開始早々、1匹ゲットしていた。

タルちゃんがアユをやるという事を知ったのは、知り合ってからスグの事だった。そして、夏は白鳥辺りで、タルちゃんと、アヒたま鈴木が、連ちゃんモードに突入し、事務局長以下、飲んだくれの連中は、うしろの川原で、炭をおこして、飛んでくるアユを、塩焼きにして、ビール三昧という、とてつもなく壮大な計画があり、タルちゃん&アヒたま鈴木は、「ちーむ・あひる・あゆ」として、歴史に名を刻む、ハズであったが、またまた、計画倒れである。余談ではあるが、アヒル倶楽部には、計画倒れがたくさんある。

まぁ、今回は、その計画の初期の段階で、とりあえずの予行演習という事で、うしろで、炭をおこして待っていた事務局長であるが、アユが飛んでこないのは、確実なので、スーパーて゜見つけた、味噌ニョロなと゜焼いて、「ちーむ・あひる・あゆ」を見ているのであった。

なかなか、アユは飛んでこないが、しばらくすると、タルカスさんのオトリが、何故かオトリカンの中で昇天し、それが飛んできたので、焼いた。さすがにオトリは、よく脂がのっていた。

 

午後4時半にアヒたま鈴木がやっとこせ、1匹かけて、それをオトリにして連ちゃんモード突入か?と思われたが、次にかかったのは、煮干しサイズのアユ・・・・。オトリにもならん。

 

ヒマをもてあます事務局長は、クリフさんや、双子のパパさんに、メールして遊ぶ。

 

午後5時に、石徹白へ公然の内緒釣行に行った、ウッピー吉田に連絡取ると、帰路の途中で、美濃市らしい。こっちへ来るとのこと。ウインナーソーセージでも買って来い。というと、しぶしぶ「分かった」という返事。で、ウッピーが買ってきたのは、ニッスイの魚肉ソーセージが2本。さすが。

 

ウッピーが来たら、天気が悪くなって、雷鳴も聞こえる。とうとう、大粒の雨が降ってきた。炭の中に落ちると、「バシュー」っていうほどだ。炭が消えると困るので、傘を差して炭を守る。という大役は、「いつも、なーにもしないで、食べるばかりのウッピー吉田、おめーがやれ」と、アヒたま鈴木と事務局長に言われて、傘を差しながら、なおかつ、ロング缶を持ち、箸もはなさず、焼き肉の番をするウッピー吉田の鋭い眼光は、ニョロニョロに釘付けだぁ・・・。

その異様な雰囲気に、ビビってしまい、ヒチノスケも近寄らない・・・。

カミナリの時は、高圧電線の下が、よく釣れる。らしい。とは、アヒたま鈴木の言い分。過去に、こういった日には送電線の直下で連チャンしたとの事で、頑張っていたが、全然釣れない。しばらくして、焼き肉と缶ビールに合流。

 

まぁ、通り雨だったんで、すぐに止んだ。結構な混雑だった千疋も、この雨と、ここらが潮時ということで、帰っていく人が多くなった。

それでは、釣り人の迷惑にもならなくなったので、ヒチノスケの水泳訓練開始。まー、みごとに泳いだというよりは、おぼれているように見える。ここまで、水しぶきをあげる犬かきというのも、初めて見た。先代は、背中がすーと水面に出て、スイスイと音もなく泳いでいたが、それと比べると、立ち泳ぎ?・・・・である。情けない・・・。

 

最後にタルさんが型のいいアユを釣り上げて、本日終了。アヒたま鈴木2匹(うち1匹は煮干しサイズ) タルちゃん、良型2匹。の結果。ちーむ・あひる・あゆの白鳥での壮大な計画の予行演習としてこの結果では、前多難かも?