2005/02/13

 

事務局長、吉田川に行く。

 

2月13日() 今日は午前中、吉田川をやってみます。昨日、仕事しながら決めました。

 吉田川の各橋には放流がありました。(餌釣りさん用でしょうね)けっこうマメに入っているようです。案内のパンプ見るとですけど・・・・。放流場所のすぐ下流とかにプールがあるところはねらい目ですね。あったり前だけど。ライズなければ、あとはニンフで探ります。はっきり言って吉田川は苦手です。ライズなんて期待してはいかんよ。ハタヤは別として。

 相戸は繁盛してました。ハタヤも繁盛してました。今年は関観光、相戸、ハタヤの3カ所しか、まともに出来るところが無いと思います。当然、そこに集中しますから、ライズ待ちの場所取りとかが釣果にひびくことになるかも。知人とか、ショップの仲間がいれば、割り込めますけど、孤高のフライマン?はちょっと引いてしまんじゃないですかねぇ。仲間内で固められるとどーしてもね。昔のようにたくさんライズポイントがあればいいんだけど・・・・・ 特に遠方から見えるお方には気の毒。

 その放流場所に到着したのは午前10時。餌釣りさんが1名いました。とりあえず上のプールを見に行きました。かつてここで釣ったことあります。でも浅くなっていました。魚っ気ありません。ユスリカが少しハッチしていました。雪の上にはストーンもありましたが、本日ハッチしたのではないと思います。しばらく待ってみましたが、何も起こらない。流れ込みにはもう一人餌釣りさんがいて、こっちに下ってきますが、釣れている様子はありませんでした。雪の上の足跡はそんなに多く付いていなかったので、解禁からこっち、このマイナーな放流場所は、そんなに人が入っていないように思いました。放流も少しなのかも知れないけど・・・。たぶんそうだろう。

 下の淵へ行こうと思い、ニンフを岸よりのゆるいところへ入れて探りながら、入渓地点に戻りました。入渓地点を通り過ぎて、ニンフを#18のフェザントに変えていると、目の前のタルミの中にアマゴがいるのが見えました。岸から1歩2歩ってところです。やはり放流魚は浅場に行くんだね。このあたりを丹念に探れば、うしし。となるか?と思ったけど、甘くはなかったです。

 下の淵にも餌釣りさんが来ていました。彼はもう上がるところでした。上のプールの方が好きなので、またニンフぶち込みながら戻りました。やはりしばらく待ったけど、シーンとしていました。

 しばらく待ったが続いて、時計を見たら12時でした。なんか気力が無くなって、吉田川をあとにしました。

 放流があったという亀尾島川や那比川へ行こうか?って思ったけど、やめて、本流の気になるところを2つほど見ていきますが、1つは壊滅していて瀬になっていました。

 

 ダック鈴木からメールで、関観光へ行くとのことですから、関観光へ向かうことにしました。彼も気合入っていると思ったけど、ウッピー吉田と宴会をするそうな。「事務局長も参加希望」とメールすると、「ピヨの会の宴会だから、あんたは入れないと顧問兼相談役のウッピー様がおっしゃる」という返信が来ました。「顧問や相談役っていうのはアヒル倶楽部には存在しない」と返すと、「ピヨの会の顧問兼相談役」という事で、「それなら、よろしい」と一件落着。よって今後はピヨの会の相談役さんということで、ウッピー会長、兼任お願いします。

 あっ、それと、名ピ会(名誉あるピヨの会)の名誉は剥がれてしまい、ただのピヨの会となっていました。プププー。

 関観光に到着すると、壁にアヒル1号車のリアウインドを押しつけて屋根を作り、隠れて、こっそりと、ピヨ鍋を突いているダック鈴木、嫁ダック、ウッピー吉田会長がいました。当然、事務局長はピヨの会の会員ではないので、食べさせてもらえませんでした。というのはウソで、帰りに買ったサークルKのビックのり弁当は本当にピックでお腹いっぱいだったのです。

 長良川の岸辺にはライズ待ちをするフライマンたちが5.6名いました。風も出て寒そうです。やることないようで、時々、キャストしてみたりしてましたね。事務局長、今日は前回のように日没まで気合、体力とも持ちませんから、ピヨ鍋をつついて焼酎を飲んでいるピヨの会の方々に挨拶をして、事務局に戻りました。余談ですがピヨ鍋は韓国風だったので、ジンロを飲んでいらっしゃいました。

 その後のピヨの会の方々ですが、思った通り、鍋が終わったら撤退したそうです。たぶん、「ライズしねーがや。どーなっとるんだ」とか、ウッピー吉田様がブツブツ言っていたことでしょう。

 

 解禁前に一時的に跳ね上がった、ダック社および、ウッピー・カンパニーの株は下落・・・。下げ止まりの気配はありませんね。このレポが市場に出回ればさらに下がる可能性がありますが、これに対して、エコノミストは「予想された結果」とのコメントを出していますし、市場の反応も冷ややかですね。