2005/04/10

 

アヒ丸9号入魂と、きのうの続き

 

4月10日() 昨日のライズをやっつけたい。と、フライを10個巻いて午前11時に出発。本日は曇天で、風もなくて、夕方から雨らしい。なんかイイ感じでないでしょーかねぇ。

今日の目的はもうひとつ、これまた昨夜リールシートを接着して、完成した、丸竹ロッドのアヒ丸9号。今回初の矢竹のバットを持ち、細身で肉厚の竹を使ったスローアクションの8Ft #3となるハズであったが、イマイチ・・・・ちょっと・・・・・。でも、リールシートは樺の木のコブから削りだして、ルーターでフィガーネイルも入れてと、リールシートだけはかっこいい。

とりあえず、出来てしまったからには、入魂しないと。ということで、近場の片知川へ。ここで前回、失敗たヤツのリベンジとしよう。

 

 前回と同じ場所から入る。実戦初のアヒ丸9号は16Ftのロングティペットもなんとか飛ばすし、実用距離は狙えるし、思ったほど、出来の悪い子ではなかった。ガイドを細ワイヤーに変更したのが効いたかな?矢竹は姿はいいんだけど、ちょっとパワーがないね。バットに使うにはもう少し太いのがよかったけど、今更遅い。

入ってすぐに携帯が鳴った。ウッピー吉田会長様だ。オサム淵に事務局長が陣取っていると思ってきてみたが、いないので泣いたらしい。ウッピーさんは事務局長にオデンの差し入れを持ってきたとのことだが、今入ったばかりなので、せっかくだが辞退した。

 

 1時間後、待望の1匹が釣れた。

 

23pくらいか?竿が柔らかいので、なかなか楽しめました。

いやー、アヒ丸9号はいい竿ですわー。ちよっとねー。とか言っていたのは、もうどこへやら。このアクションが何ともいえない味だねー。その後、20pくらいのやつを1匹釣って、オサム淵へ向かった。

 

オサム淵へ到着すると、ウッピーさんは流れ込みに陣取っていた。なんで、流れ込みなの?と思ったけど、腹が減っていたので、前日のライズポイントの前で弁当を食べた。今日はビールは無し。ウッピーさんはしばらくすると、上の淵を見回りに行き、そのまま車に戻って帰っていった。

ライズあったと聞いたけど、来てみたら無かった。甘いね。イカと違ってシラメは難しいのよ。行けば釣れるというワケではないのです。こっちだって、玉砕覚悟で来ているモンねー。

 ウッピーさんが帰ったら初のライズを見た。こっこれは、さい先イイかも。と思ったけど、それっきりだった。3時になっても、4時になっても、全く状況は変わらない。本日、ハッチ少ないというか、全くないに等しい。5時になれば、前日のヤマトコカゲがハッチして、ライズが始まるか?と待ったけど、サッパリ。

昨日より寒い。膝を立てながら、丸まって石の上。お目々から、涙を流し、鼻はズーズーさせながら、じっと、その時を待つ。

が、5時半になっても、何も起こらなかった。この先、起こりそうもないと思い、帰ることにした。

1回も竿は振らなかった。こーいう事もよくあることです。