2005/05/04

 

ゴールデン・ウィーク その3

 

5月4日() 午前8時に出発。前日、ウッピー吉田が釣っちゃって、なんか緊張の糸が切れた・・・・あーつまんねー。ということで、アヒル時間の出発。今日はクリフさんと御一緒の予定で、先に板取のポイントを見ているクリフさんから、「ライズしましたぁ〜」などというメールをもらって、「おっしゃー」と返信したのを覚えている。

 しかし、現地でクリフさんと落ち合うがライズは無くなって場所替え。ラッキーにも次のポイントに降り立ったら、ライズしていました。あまりにラッキーなんで、「ツバメのフンが落ちてライズリングに見えてるの?」なんて思ったりして・・・。でも、それは紛れもなくお魚で、シラメちゃん&アマゴちゃんだったのです。

 さっそく攻撃開始。双眼鏡で眺めると、コカゲロウ(何コカゲロウかわからんが、最近マイブームなやつ)が流れています。ダンが流れていくのを追っていると、「パクッ」って食べられました。

 で、これまた最近マイブームのそんなようなフライをキャストしようとしたら、タイミング悪く下流から風が吹き出して、そんでもってバックキャストはちょっと制約がありやりづらい。

 なんとか騙しながらキャストしていると、すーと近づいてきて、「おーし」と思ったら、「プイッ」と帰っていきました。そんなのが2.3回続いて、やっとのことで、食べたと思ったけど、かからなかったり。やっぱり見破られているんだね。

 その場所に着いた時がライズのピークで、その後は段々しぼみ、魚の多くが沈んでしまい、残った1.2匹があちこち動き回って補食している状態で、狙いづらい・・・。11時頃には単発ライズとなってしまいました。次のポイントへ移動も。と考えましたが、すでに国道156号は大渋滞のノロノロ。これでは次のポイントにいつ到着できるかわからないので、ここで過ごすことになりました。余談ですが、この間に、缶ビールが4本空になりました。

 昼食後、事務局長は今朝クリフさんと落ち合った淵を偵察しに行き、そのままその上の瀬でスペイキャストの練習に行くことにしました。朝の淵は餌釣りさんが流れ込みに陣取って糸を垂れていてライズもありませんでした。上の瀬は以前はなかなか良かったのですが、今はなんか淵から上がった魚が居着く感じではなくなってあんまり期待できなかったので、スペイでちょとやってフライを2つ無くして、ガッカリしてから、長良川へ戻り、マイナーな場所でスペイキャストの練習をしていました。

 しばらくすると、クリフさんから、ポイントを移動し、ライズを発見。というメールをもらいそこへ行くと、なかなかいいサイズの魚がいるけど、距離もあるし、難しそう・・・。

 ハッチは全然無いのだけど、ナニかにライズしています。最初の頃はクリフさんのフライに反応があったらしいけど、その後はさっぱり。遠投しているので、フライとライズは見えるが、魚の反応は見えないから対処がわからない。大方ドラグだろうけど、この距離ではメンディングも出来ず、キャストの出来不出来と流れ次第。1匹でも偶然釣れて、ストマックが見たかった・・・。

 午後5時過ぎてそろそろメイフライのハッチが始まって魚がうわずって気がゆるんで、フライをパクッってやらないかと思ったけど、期待したイブのハッチは無く、ちょっと魚の活性が上がったくらいで終わってしまいました。午後6時を過ぎたら、外道のライズに変わったようなので、クリフさん共々撤退。しかし、ひさしぶりにクリフさんと一緒に釣りが出来て楽しかったです。

 

釣れなかったので魚の画像の変わりに

−今日のお花−

4月から5月にかけて道ばたに咲きます。キンポウゲの仲間。長良川沿いでは八幡あたりまでで、それより上流ではあまり見かけないです。花ビラにとてもツヤがあり光っています。根っこの形が、馬の足形に似ているとかで、この名前ですが、似ているのか疑問です。