2005/05/05

 

ゴールデン・ウィーク その4

 

5月5日() 今日でGWも一応終わり。暦通りだもん。明日から仕事。次は日曜日。3連チャンですが、釣れてません。昨日のクリフさんと午前中に狙ったライズ・・・。あれを何とかして晴れ晴れとして仕事に行きたい。

 昨日は午前10頃にライズのピークがあった。ハッチしているのもわかっているし、食べているのもわかっている。と、シコシコとフライを巻いた。9時に到着すればいいと思うが、たった一日だけど、ライズの時間も変わってしまったり、ハッチも変わってしまったり、挙げ句の果てに、ライズ自体もなく、魚も消えてしまった・・・って事、過去にもあってずーと待ちぼうけをして一日棒に振った事もあった。フライマンだから棒は振るが・・・

 と、心配になり、気合いを入れて6時に現地到着。完全武装で、敵を待つ。ことにした。

今日も快晴。放射冷却で、午前6時は寒い。ウインドブレーカーを引っ張り出して着た。昨日と同じポイントに丸まってライズを待つ。クリフさんから7時に励ましのメールをもらう。ヒマなので、ウッピー吉田の動向でも探ろうと、メールを送ると、返信が・・・。

「昨夜2時までかかって今年のフライを巻き巻きしたので眠い、しばらく寝る」とのことであった。

午前7時半。ライズが始まったがそれはずーと下流でまとまってライズしている、近づいて双眼鏡で見たら背中が黒い12pくらいのヤツが、さかんにちっちゃいユスリカを食べていた。ありゃぁ、ウグイだろう。ひょっとするとアユかもしれない。余談だけど、現地到着したら川鵜が4羽やってきた。どうもやつら朝食らしい。いかんなぁ・・・と思っていたら、ロケット花火で応戦する地元のスワット部隊。アユを守るために必死なんだ。ガンバレー。

 8時になって、その外道のライズの中に、重いライズが混じる。来たな・・・。それが増えて来た。水面を見たら毎度のコカゲロウが流れ出した。さっそく昨夜作ったフライをキャスト。出た。

けど、かからなかった。やはりドラグか?フライは合っているな。と、8Xをもう少し足そうと・・・

 

60pくらい出したところで在庫切れ・・・・・

 

9Xはいつ買ったのか忘れてしまったくらいの古いヤツ。それを7Xに結ぶ。うしろはネコヤナギ。ちょっとかすっただけでも紛失。

 ライズの数も昨日と同じ。と思っていたが、どうもおかしい。日が射しこんできて淵の中がよく見えるようになった。多数のライズっていうのは、せわしなく動いて、あちこちでライズするお魚が2.3匹いただけだった。密度薄い・・・。だからクルージングのようにのぼってくるライズじゃないんだ。って事は次に何処へ行くかわからないから、やりにくい。よくライズするあたり2カ所に目を付けて、そこへ送り込んで待つという作戦へ。ドラグは嫌うからどうしても送り込みたい。立ち位置の制限もある。バックハンドキャストでやるしかない。

頑張って2回出すけど、合わせ切れ・・・。午前10時のお話・・・。

8時からライズが本格的に始まって9時まではマイブーム・コカゲロウでよかったけど、10時を過ぎたら、本物が流れても食べられなかったりと、ちょっと食性が変わってきた。双眼鏡で見たら、マイブームコカゲロウのスピナーが流れていく。そいつも食べている。ワンドを見たらダンに混じってスピナーも多数漂っている・・・。これか?と思う。画像はちょうど裏を向けて写した。魚からはこの色で見えているのかも?

 

 11時にはライズは無くなってしまった。残念ながら終了。ダック鈴木に連絡し、「お昼に皆を呼んで宴会しよう、ウッピー吉田も自宅にいるみたいだし」と言うと、「ツネキチもちょうど来るからええで」って事で、ちょっとスペイの練習をしてから帰宅しました。