2005/05/22

 

ゆるせないぞ

 

5月22日() 今回も色々ありました。長くなりそうです。

勢いでスペイロッドを買ってしまった事務局長。これで本流でアマゴ釣れたら記念にリールを買うんだよ。という事で今日もも早朝から出撃。今日は雨も少し降っている。ちょっとは期待持てるか? 長良川、美濃市から八幡までは川も深く、シューティングシステムでもバックが取れないところが多い。その為に買ったスペイロッドだ。ずーと前、バックが取れなくて難儀したのっかり岩の下流へ行こう。と決めていた。4時半に入川予定だったが、起きたら5時半だった。でもまぁ、小雨も降っているからいいか?

 数年ぶりに入ったそこは、去年の大水で右岸の木々やブッシュが流されて、別にスペイでなくてもできるじゃん。っていうところになっていた。ちょっとがっかり。スペイ振る意味ないじゃん。右岸からになるからダブルスペイキヤストになります。でもダブルスペイキャストは遠投には向きません。それでシングルスネークロールキャストでやります。ちょっとトリッキーなんで、できるとかっこいいです。自己満足の世界。いままで出来なかったけど、今日はなんかすんなりと出来まして、なんとかフライもドリフトして釣りになっています。画像の奥の岩まで、やってさらにその奥のかつての橋のあとまでやりました。途中、雨が本降りになったり、なんかいつ、「ゴン」って来てもよさそうなんだけど全然、何も、さわらず、あたらず、かすりもせず・・・ただ時が流れていきます。って詩人か?

 午前8時にナエナエになって上がってきたら、地元のおじいさんがやってきて、「釣れたか?」と聞く。「全然」って答えた。「ここはサツキマスも釣れるところや、だが今年はサツキもノボリも全然やし、アユものぼってこんで・・・・。ウグイもシロハエもおらんし、来るのは川鵜ばっかりや」との事、さっきからロケット花火で応戦しているのは、オジイだったのね。「おまんが、長いこと竿ふっておるで、なんぞ、ええことでもあったんか?と思ってなぁ・・・」ってさ。郡上の人間は竿振ってる人を見ると、気になってしょうがないんだよ。

 

 今日もスペイの練習になってしまうようだ。今度は左岸からやりたい。ってんでずーと上がって名皿部の偕楽園下流へ。少しは釣れないかという期待もあって・・・。でも何事も起こらず。ここでも別にスペイでなくても普通の9Ftくらいのロッドで、いいんでないの?というところでスペイしてました。 しばらくするとクリフさんから連絡が・・・。昨日のイブ、撃沈だったので、リペンジに午前中だけの参戦らしい。「三日市、敵潜水艦浮上、今から攻撃」と打電うけて、三日市へ。

 

 三日市へ到着すると、そこには何故か、ウッピー吉田のステップ・カバコンが今まさに停車というところだった。ダック鈴木に電話すると、「ウッピーは「自宅でちゅ」とメールをもらったけど・・・またか」という話。降りてきたウッピーに声をかけると、ちょっとアタフタしていたけどねー。

 今日のライズは昨イブと違い、三日市全体では起こらず、船着き場あたりからオサムビーチまでの間、特に船着き場の大きなヒラキには10匹くらい、いるようだ。ウッピーも参戦か?と思ったら、青空市場へ行く。と言ってどこかへ消えた。たぶんダック鈴木に言い訳メールでも送るために、つじつま合わせに出かけたのだろう。

 事務局長とクリフさんは昨日のリベンジの為に昨夜作ったフライを試すが、相手にされず。時間ばかり過ぎていく、雨は時々降ったり止んだりして、本降りになることはないようだからありがたい。

 

しばらくした午前10時過ぎ、それは流れてきた・・・・

 

続く